back to TOP

admin |  RSS

2017-08

先日、オッグクラフト社の掲示板で、おんちゃんがタミヤの新製品、ミニモーターギヤボックスシリーズを紹介してくださってから気になってました。
そんな関係で、先日も東急ハンズに探しに行ったのですが手に入りませんでした。

そこで通販で購入することにして、やっと手元に来ました。

sP1030423.jpg
今回求めたのは、ミニモーター低速ギヤボックス (4速)定価903円。
これが製品構成。
組み立てても小さく作れるのが魅力なのですが、同様にモーターもかなり小さいです。
これだとパワーがとっても心配です。

sP1030429.jpg
さっそく組み立ててみましたのがこの写真です。
既存の3速クランクギヤーボックスセットと大きさを比較するために、並べて写しました。
向かって右がわの小さいものが、今回組み立てたもの。比較してみてその小ささがよく解ります。
ケースの大きさは縦30ミリ、幅20ミリ、高さ24ミリ。
取り付け幅は30ミリですので、4センチ四方もあれば確実に収納できそうです。
六角シャフトは3速クランクギヤーボックスと共通です。

sP1030432.jpg
モーターは比較してみるとわかりますように、一回り小さいものがケースにすっぽり収まっています。
まるまるモータの大きさがケースの大きさになっているような、かなり考えられた設計です。
ギア比の変更も、ギアの組み替え無しに、六角シャフトに着いているギアの位置とハトメの位置を変更するだけで出来るようになっている点も便利です。

ふとみると、ケースには取り付けネジ用のミミがありません。
自分が間違って切り落としてしまったのかと一瞬焦りましたが、取り付け用のミミ(フック)は分離型になっていて、必要に応じて使うようになっています。
このあたりも、小さなスペースに納める工夫がされています。

さて、問題の回転数とトルクです。
下の表がメーカー発表の電源3Vでのミニモーター低速ギヤボックス(4速)の参考値です。
低速ギアボックス

比較のため、3速クランクギヤーボックスセットの値も下記に掲示しておきます。
3速クランクギア

これからわかるように回転数もトルクも随分と控えめですね。
これで電動ゴム銃を動かすには、さて、どう使おうかが問題です。
スポンサーサイト
 ウェンジュ  2008/11/24 (Mon)
ゴム銃のグリップの素材としてウェンジュというものを、いま作成中の銃に使ってみました。

チークのように濃いブラウンですが、チークよりは黒みがかって木目も良くでています。
自分的には木の風合いがよく出ていて好きな部類です。

FFF01-G.jpg

木目がある分、削るときに木目を意識しないと大変なことになります。

なかなかいい感じじゃないでしょうか。

グリップのデザインは毎回悩みところですが、最後はいつも素材の良さで誤魔化してしまいます。(^^ゞ
 木のハガキ  2008/02/06 (Wed)
木製のゴム銃を作るには、ヒノキやアガチスがサイズが多いので加工が楽だし、木質も柔らかいので切断も楽。
でもグリップには、ちょっとアクセントに別の素材も選んでみたい。
とはいえ、別の素材はなかなか売っているところが少なく、おいそれとは買えない。

以前に東急ハンズへ行ったとき、そんな想いからまとめ買いしてきたのが、「木のハガキ」。

木のハガキ

写真に写っているのは、左からケヤキ、イチイ、チークの3種類の木のハガキ。
お値段はここに写っているのは全部1枚210円。

一番右は、チークの板材。サイズは5X50X200で、お値段126円。このサイズだとグリップを作るのに2枚必要になるります。

木のハガキだと、5X100X150のサイズなので、2つに分ければグリップの両面をこのハガキ1枚でカバーできるので値段的に少しお手頃なのです。

素材の種類も、サクラ、チーク、イチイ、ケヤキ、ムビンギ、クリ、神代タモ、モミ、ブナ等々豊富。
お値段は、ここに紹介したもので、木の素材によって、157円~210円。
反りが気になる場合もあるけど、大きく反りがある場合は無理ですが、少しならグリップなので許せる範囲かなと思っています。
Template by :FRAZ
まとめ