back to TOP

admin |  RSS

2017-10

 フォルツァ始動  2016/05/01 (Sun)

そろそろバイクに乗るにも良い季節になってきました。

眠っていたうちのスクーターも引っ張り出してきて、かぶったホコリを落とすために洗車。

s20160426_143137

これから、近場のチョイノリを中心に走ってもらいます。GWにどこかツーリングにいけたらいいんだけど、予定が一杯詰まっているので、無理だろうな。

s20160424_184142.jpg

ついでに、昨年オークションで落としておいた中古のナビも引っ張り出してきて、装着しました。

s20160426_142853_HDR.jpg

そうちゃくって言っても、すでにマウントがバイクに付いてますので、ワンタッチで付けられます。
このナビ、使いやすさは疑問が結構あるんですが、防水のバイク専用なので、我慢して使っていきます。
スポンサーサイト
 バイク用カーナビ  2016/01/15 (Fri)

バイク用のナビを落札して届きました。
防水という点を除けば決していいナビとは言えない代物です。

s20160115_120815.jpg

自分は中古で充分だけど、送られて来た資料の中に前オーナーが購入した時の請求書が入ってました。
それを見るとなかなかの良い値段になってました。

昨年購入したバイク、ホンダのフォルツァには、このカーナビのマウントだけが付いていましたので、
この本体さえあれば、簡単に装着できます。そんなことで気になっていましたので、ついつい購入してしまいました。

これで少しはバイクツーリングが良くなると思われます。
 フォルツァが来る  2015/06/27 (Sat)

6月27日(土)、社明運動が終わった、午後、ハヤブサを下取りに出して新しく買ったバイク、フォルツァが来ました。
来たと言っても、納車してくれないので、バイク屋さんまで引き取りなのですが。

sP1210195.jpg

こちらがそのバイク屋さん、某大手のバイク屋さんです。ハヤブサもここで購入したんです。

sP1210196.jpg

店を入ると、いきなり現れたのが、見覚えのあるハヤブサ。新入荷と書かれていました。
なかなか良いバイクじゃないですか。

sP1210200.jpg

色々と説明をうけバイクを受け取りました。

sP1210201.jpg

最初見た状態は、左右の立ちコケ傷が悲惨だったのですが、新品交換してすっかり綺麗になっていました。

sP1210207.jpg

インパネと、照明の色。
見た目は現行モデルと殆ど同じですが、4年落ちのものです。走行距離は8千Kmを切ってまして、殆ど乗っていません。
ABSとオーディオが付いています。

オートマも色々なモードがあって覚えるのが大変というか、おそらくそんなに機能を使い分けしないと思います。
ETCも付けて遠乗りできるようにしましたが、やっぱり乗る時間はあまり無いでしょうね。
チョイノリで買い物などに使えたらいいかな。
 ハヤブサとお別れ  2015/06/21 (Sun)

長年乗ってきた、愛車ハヤブサですが、車検がこの7月に切れてしまいます。
昨年1年間、まったく動かさずに来てしまったので車検を受けても、このさきやっぱり乗らないだろうなぁという思いでいました。

そんなことで売るのか、乗り換えるのか、迷いながら昨日、中古バイクショップを観に行ったら、、、
どんどん話が進んでしまって250のフォルツァに乗り換えるように話が決まってしまいました。

sP1210170.jpg

決まると段取りが早いもので、この日、もうハヤブサを引き取りに来る事になってしまいました。

乗ってないけど、エンジンはしっかり掛かり、元気な音をだしてくれます。
自分にとって最後の雄志になるので、少しだけでも乗っておこうと思っていたのですが、この日に限って朝から雨。
そんなことで最後の乗ったのはもう記憶に遠い、1年半くらい前の夏になってしまいました。

sP1210177.jpg

10時ころにはバイク屋さんが引き取りにきて、、、、

sP1210180.jpg

あっという間に積載完了。

新車で買って10年、距離にして4万Kmほど付き合ってくれたバイクと別れるのは、とても名残惜しいんですが、
自分が持っていても、そのまま朽ちていくだけなので、元気なうちに次のオーナーに可愛がってもらったほうが良いと思います。
いつも壊れずに走ってくれて、家まで無事に帰してくれたハヤブサ。いままでありがとう。
10月19日~20日にかけて、ツーリングクラブで宿泊ツーリングに出かけてきました。

御盆のツーリング以来のツーリングで、乗り慣れていないので不安を抱えて準備してました。
目的地は、長野の小諸温泉。

この2日間は雨の心配があったのですが、日曜だけかなぁと思いきや、、、
出発の土曜の朝から雨。
集合場所の美合PAに着くころには本降りになってました。

今回は9名でのツーリング。全員揃ったところで出発。
今回は新東名で清水まで走り、そこから北上して小諸へ入るルートです。

美合を出て、三ヶ日に入るころには雨も止みだして、やっと快適になりました。

sP1170796.jpg
清水ICを降りると、目の前には雪を被った富士山が目の前に見えました。

sP1170805.jpg
途中、JRの鉄道最高地地点で記念撮影。

宿には予定通りに5時ころに到着。

宿ではいつも通りに走った疲れも忘れてバカ話を楽しみました。ここらが宿泊の楽しみです。

翌日は朝から本降りの雨。

何ともならないので、最寄の高速ICから一気に家路につきました。
帰宅は午後1時ころ。
しっかり雨にやられて、手袋から靴までずぶ濡れ。
やっぱバイクで雨はつらいですね。

2日間で670Km走ったツーリングでした。
 南紀勝浦へ  2013/04/14 (Sun)
4月13日(土)~14日(日)にかけて、南紀勝浦へツーリング仲間と走ってきました。

あまり書く時間がなく、報告が遅くなりました。(^^ゞ

sP1160263.jpg
13日、9時に御在所SAで集合。既に殆ど集まってましたが、ゆいいつ女性ライダーがバッテリーあがりで来れない様子。(^^ゞ
結局間にあわず、7人で出発。目的地は南紀勝浦。
東名阪は渋滞緩和のため3車線になったんですが、結局2車線に変わるところから毎度渋滞してます。
第2名神ができないとこの渋滞は解消できないでしょうね。

sP1160264.jpg
写真は道の駅「みつえの郷」でのもの。こちらでは、まだ桜が残ってました。
奈良の山中を走っていると、サクラ祭りが各所で行われてました。

ちょっと自分の失敗もあって、命からがら宿に到着。
今回泊まるのは、いつものように格安ホテル。
湯快リゾート 南紀勝浦温泉 越之湯です。

sP1160309.jpg
夕食も、朝食もバイキング。

バイキングは好きなものだけ食べられるのがいいんですが、あまり食べるものが無いんですよねぇ。
でも安いからOKです。(^^ゞ

翌日はゆっくり出かけるのが、うちらのグループの特徴。
で、一気に高速で帰って4時には帰宅してました。全走行700Km。久しぶりのツーリングでした。

ということで、簡単ですが報告まで。
 ヘルメットを新調  2013/04/11 (Thu)
この週末になる土日に、お泊りでツーリングに行くので、それに合わせて新しいヘルメットを購入しました。

sP1160255.jpg
今回はジェットヘル。いままで使っていたジェットヘルがいい加減くたびれてきたので、やむなく購入って言った方が正しいかもしれません。
自分は昔からSHOEI派なので、SHOEIしか買ったことが無いんですが、見ているとARAI派の方が断然多いですね。
自分的にはデザインはSHOEIが好きです。

sP1160259.jpg
で、さっそく無線のマイクや、カーナビのブルーツースレシーバーを装着。
こういうのを付けると、被るのにかなり鬱陶しいんですが、仲間と走るには欠かせないので我慢するしかないです。(^^ゞ

かっこつけるならフルフェイスがいいんですが、バイクも暫く載ってないと、フルフェイスの重さが大層辛い。
宿に着くころには首が上げられないほど傷みますので、背に腹は代えられず、軽いジェットで臨みます。

週末の天気もよさそうなので、楽しんできます。
10月27日(土)~28日(日)にかけて、兵庫県美方郡にある湯村温泉へツーリングに行ってきました。
その2日目、最終日です。

sP1140531.jpg
宿の朝食もバイキング。夕べは食べるものがあまりなかったんですが、朝食はあんがいよかったように思います。
大好きな味噌汁も2杯頂きました。(^^ゞ

さて、2日目は随分まえからの天気予報で雨と確定していました。
でも降ったり止んだりという内容なので激しく降ることはないのかなぁと軽く考えてましたが、、、
予報を詳しくみると、昼ごろは風も強く、雷もともなって激しく降るところもあるとか。
えらいこっちゃです。
宿を出るころは雨も降っていませんでしたので、このときはあまり焦ってもいなかったのですが。

sP1140533.jpg
御世話になった、三好屋にお別れ。

しかし、出て30分もしないうちに、雨が降り出し、だんだんと強くなってきます。
たまらず休憩して、防寒用にインナーを着込みました。

sP1140542.jpg
こちらは高速のSAでの写真。バイク用駐車場に避難しているときの写真。
路面に雨の煙が上がっているのが見えるでしょうか。
バイクに乗っていて、これだけ激しく降られたのは初めてかもしれません。

家に帰るころには、しっかり体も冷えてしまって、寒くてたまりませんでした。

ともあれ、無事に午後3時ころ帰宅。
往復800Km近くのツーリングで、2日目は最悪でしたが、仲間との走りはなんだかんだといっても楽しいもの。
これで私の今年の走り納めとなりました。
10月27日(土)~28日(日)にかけて、兵庫県美方郡にある湯村温泉へツーリングに行ってきました。
その1日目です。

sP1140490.jpg
まずは、朝9時に、名神高速の養老SAで仲間と合流。
自宅から1時間あるので、落ち合うだけでも普段乗っていないバイクの軽い足慣らしになります。(^^ゞ

ここから琵琶湖の木之本で高速を降りて、福井の若狭方面に進み、R8、R9と湯村温泉に向けて進みます。

sP1140498.jpg sP1140496.jpg
ほとんど休憩以外は観光もせずに走るばかりの自分達のツーリングなので、食べることだけが楽しみになります。(^^ゞ
お昼に立ち寄ったのが、小浜のフィッシャーマンズ・ワーフ。
ここで新鮮なお魚を頂きました。自分の頼んだのは、マグロが好きなので、ネギトロ丼とお蕎麦です。

あとは道の駅に立ち寄っただけですので、はしょります。(^^ゞ
とはいえ、秋晴れの良い天気に恵まれましたので、走りは快適そのものでした。

sP1140504.jpg
午後5時ころ予定どおりに、本日御世話になる湯村温泉「三好屋」に到着。
朝晩の食事がバイキングで、人件費を徹底的に省いて格安にとまれる「湯快リゾート」のうちの1つです。
アルコールの飲み放題は別ですので、+1500円で宿代9450円なり。
仲間が半年前から予約してくれているので、こうして格安で泊まれます。

sP1140515.jpg sP1140521.jpg

そうそうに温泉に浸かって、走ってきた汗を軽く流しまして、飲み放題、食べ放題のバイキング宴会に突入!
みんなで本日の疲れをねぎらって乾杯!
しっかり飲んで食べて、夜の12時ころまで騒いでいました。(笑)
キャンプツーリング2日目、8月5日(日)。
乗鞍から帰る日です。

朝になると、誰かしら起きてきて、、、

sP1130893.jpg  sP1130896.jpg
適当に集まって朝食を各々とります。

sP1130898.jpg
最後はキャンプ場で集合写真を1枚。
今日も暑そうです。

sP1130899.jpg
出発準備が整えば、高速で帰る人と、した道で帰る人があるので、ひとまずここで解散。
もちろん自分は高速組。(^^ゞ

松本のレッドバロンに寄りたいってこともあって、高速は松本から。

sP1130902.jpg  sP1130903.jpg
お昼は駒ケ根によって、ソースかつ丼をいただきました。
家には順調に走って、午後2時には到着。
また暑い毎日に突入です。
8月4日(土)~5日(日)にかけてツーリング仲間とキャンプツーリングに行ってきました。
今回は、雨の心配は全くないキャンプツーリングです。こんな天候に恵まれたのは何年かぶりのこと。

sP1130851.jpg  sP1130846.jpg
自分のバイクは相変わらずの大荷物。 お隣はBMの新車で、今回が初デビューだそうです。
集合場所から41号経由で、乗鞍へ向かいます。
さすがに真夏ですので、ハヤブサは暑くて灼熱地獄です。

sP1130854.jpg
写真は道の駅、南飛騨小坂「はなもも」での写真。
日差しがまぶしいのでバイクも木陰に避難です。

ここで早めのお昼を頂いてから、鈴蘭高原を抜けて野麦峠へと出発。

sP1130870.jpg
時間があるので、野麦峠のお助け小屋でも、ゆったり休憩。
今回は総勢14名。写真では13名ですが、現地集合の人が1名いますので、14名の計算。

sP1130876.jpg  sP1130885.jpg
乗鞍到着しても、陽射しが暑いので、木陰に避難。夜になるとさすがに冷えます。短パンにTシャツではきついくらいに涼しい。
早々にキャンプ場の温泉で汗を流して、宴会のスタート。
お酒が入ると、本日の疲れもどっと出てきて眠たくなります。

しかし、テント入ってからもオリンピックが気になって、ワンセグで暫く観戦してました。(笑)
先日に続いて、バイクにナビを取り付けるため、今回は電源の確保を行いました。
もともと、SONYのパーソナルナビゲーションシステムNV-U77Vは、100V電源から供給する場合、5Vに変換してます。
これはPSPの電源と共通。
そこでUSB電源を取り付けることにしました。

今回、購入したのは、これ。
sP1130817.jpg
1000mAの出力があるUSB電電です。
これならスマホの充電もできます。

51TlczqRMzSL500_AA300.jpg
本当は、これ、NANKAI(ナンカイ) 電源くん2 USBダブル 425-DC1202が欲しかったのですが、購入段階で在庫キレしていたので、急遽変更したのですが。
このナンカイ電源くん2は、もともとバイク用に作られてますので、防水もある程度考慮されています。
しかし、このUSBケーブルは車載用ではあるけど、防水にはまったく対処していないようです。
仕方ないので弱そうなところを瞬間接着剤を流し込んで隙間埋めしたんですが、どうも心もとない。
さらにパテ埋めしておく必要がありそうですが、今回は雨の心配もなさそうなので、時間の都合でここまま行きます。

sP1130820.jpg
一緒に購入したのは、100均で売っているUSB電源からPSPへ充電するケーブル。
これで、ナビへの電源供給体制が整いました。

sP1130836.jpg
自分のバイクは前のナビ用に、シュガーライターソケットを付けていました。
これはエンジンOFFで電源供給をストップするところから取り出してますので、今回もここから電源をとることにします。
取るっていっても簡単。シュガーライターソケットを取り付けるとき、カプラ式にしておいたので、シュガーライターソケットと排他的につけられるようにしておけば済んでしまいます。

電源を前方へ取回して、ナビに供給。
sP1130839.jpg
ナビを取り付けて、使用確認をしてみました。
これで心配なのは雨だけですね。

 
7月の忙しいゴム銃工作もなんとか済みましたので、今度はキャンプツーリングの準備です。

先日購入したポータブルナビをバイクに取り付けるのに選択したのは、これ!

sP1130824.jpg
TANAX [ タナックス ] [ MOTO FIZZ ] MF-4700 デジケースマウントセット [ ステムタイプ ] MF-4700 です!!
バイクはハヤブサなので、スクリーン周りに取り付けるにはスペースがありません。
これは、ステムのホールを使って取り付けられますので、スピードメータなどの視野を防げずに取り付けられます。
いままでのナビはタンクバックに入れてましたが、今回はこのマウントセットを使ってみます。

しっかりしたマウントセットも売っていますが、どれも1万円越えしますので、これはお値段もリーズナブルです。

sP1130825.jpg
バイクに取り付けた写真です。
ステムホールに差し込んで、ラバーをネジで締め付け、そのため膨らんだラバーがマウントを固定するもの。
ラバーだけで抜けないのかなぁという心配がありましたが、実際につけてみると人力では抜けないほどしっかり固定できます。
しかし、欠点もありますね。金属でがっちり噛み合わせて固定するものと違って、ラバーで固定するだけあって、どれだけしっかり締めてぐらつきは抑えられません。これが振動によってどれだけ揺れるのか?
あまり揺れると走行中にディスプレィを見ることができなくなります。
とは言っても音声案内だけでも充分走行できますので、まずは心配ないでしょう。

さて、付属のナビ収納ケースは、先日購入したSONYのポータブルナビ NV-U77Vに寸法を合わせたようにぴったりおさまります。
しかし、日よけひさしが付属してませんので、日中の使用に不安があります。
そこで、自作することにしました。

sP1130826.jpg
100均から買ってきた、マジックテープとマウスパッド。
これを加工して、日よけひさしを作ります。

sP1130829.jpg
作るっていっても大したものではありません。
マジックテープをはって、折り目をつけて、ホッチキスで折り目を固定しただけ。
をれをケースに装着してみたのが、上の写真です。

sP1130833.jpg
さらにバイクに取り付けしてみました。
なかなかいいんじゃないですか?(笑)
ちょっとひさしを短くしすぎたかもしれませんが、まぁ200円でできてしまったものですから、ダメならまた作り直します。

あとは電源供給を作るのみです。
電源はUSBから充電できるようなので、USB電源をつけることにします。


  


4月22日(日)は上山田温泉から帰省です。
天気予報を何度見直しても、名古屋は朝から雨。
こちらはかろうじて雨は降っていないものの、時間の問題です。

朝食は7時から取れますが、時間をずらして7時半に向かいました。

sP1120708.jpg sP1120709.jpg
昨夜と同じ会場で、バイキングの朝食を頂きます。

sP1120712.jpg
昨夜はあまり食べるものが無かったのですが、今朝は自分の好きなものが沢山あります。
でも食べきれませんので、悩んだあげくこのメニュー。コーヒーカップに入っているのは山芋です。(笑)
充分お腹も満たされまして、宿を出る支度です。
雨は覚悟ですので、はじめからカッパを着ての出発。

sP1120717.jpg sP1120722.jpg
写真は駒ヶ根SAでのもの。
雨が解っていたので、自分はパニアケースを搭載して防水対策です。
仲間はしっかりカッパ姿です。
ここまでは何とか雨に降られずに済んできましたが、替わりに強い横風に仰われて走る高速は怖くてしかたありませんでした。

ここ駒ヶ根出てから雨も降り始めまして、飯田付近から雨も本降り。
休憩も惜しんで一気に駆け抜けて、12時半には帰宅していました。

二日間の走行距離は616Km。宿泊には近いところでしたが、なかなかツーリングに出られない自分に取っては丁度よい距離でした。
今年は寒かった関係、桜の開花も遅れていて各所で見頃の桜を見ながらのツーリングはとっても快適。
仲間との馬鹿話もまた楽しく、よい2日間を過ごせました。
 上山田温泉へ  2012/04/21 (Sat)
4月21日はツーリングクラブの仲間と長野の上山田温泉までお泊まりです。
しかし天候は思わしくなく、本日はいいものの、明日の日曜は雨天に決定しています。
いつもなら車で行こうよっていう声も出そうなのですが、今回はそのままバイクで行くようです。(笑)

高速を使った距離はおおよそ250Km程度。
そうなれば早く着き過ぎてしまいますので、行きは下道だけで行くことになっています。

sP1120650.jpg
最初の休憩場所、41号沿いの飛山。
見事なまでのサクラの花が咲いていました。

sP1120665.jpg sP1120674.jpg
こちらも道の駅。桜が綺麗に咲いていましたので、思わず集合写真にも納めました。
ルートは41号を北上し、高山経由、安房峠を抜け、松本をかわしつつ、上山田温泉へ向かいます。
明日の天気が悪いせいなのか、上高地付近でも車が少なく快適に飛ばせました。

sP1120678.jpg sP1120683.jpg
今夜お世話になる、リバーサイド上田館です。
部屋に入ると既にふとんが敷いてあって、人件費の節約をされています。
一部屋3名で泊まると6800円で、朝晩バイキングの飲み放題食べ放題の宿、伊藤園グループのお宿なのです。

4時に宿に入ったので早速温泉に浸かりましたが、大浴場というにはほど遠い小さな湯船でした。
そんな湯船に大勢のお客があって、ひしめいて芋洗いのような状態で入るのは少しげんなり。
まぁ安いので文句も言えませんが。(笑)
宴会は7時にしましたので、それまでの時間は温泉街を散策。
しかし、こちらも余所と同じくシャッター街になっていまして、歩いても楽しめる所もなく、部屋で呑む焼酎を仕入れるだけで戻ってしまいました。

sP1120703.jpg
7時15分になるとバイキングの夕食の時間。
大勢のお客で一杯になっている会場で、好きなものをつまみつつお酒もたっぷり頂きました。
お酒は生ビールに、日本酒に、ウイスキーに、焼酎。銘柄はよく解らないものでしたが、酔ってしまえば同じです。(^^;;;

時間は1時間半ですので、9時には追い出されまして、続きは部屋で呑みます。
そんな夜も深夜12時には疲れが出て就寝です。
久しぶりのツーリングを満喫した日でした。
4月1日は今年の初ツーリング。
暖かい日もあったのですが、当日は最低気温マイナス1のとっても寒い日になりました。

しっかり防寒して集合場所へ。それでも走っていると首回りが寒い。
8時半ころ、集合場所の美合SAに到着。既に2名ほど集まっていました。

sP1120474.jpg
今回は5名でのツーリングになりそう。
当初目的地を伊良湖方面にしていたのですが、風が強いので浜名湖方面に変更して出発。

高速を三ヶ日で降りて、潮見坂へ走ります。
そこで一端休憩してから、今度は一転して鳳来方面へ。

浜松を走っているころは少し暖かくなったのですが、山間部に入ると急に冷え込んでまた寒くなりました。
ツーリングに走っているバイク野郎は沢山いましたが、本日は少し厳しい日になりました。
それでも走っていると川沿いに植えてある桜の木が満開になっており、目を楽しませてくれました。
こういう風景は4月しか味わえませんね。

sP1120478.jpg
写真は道の駅「鳳来三河三石」での休憩時。
赤いバイクは今年デビューの新車。イタ車はかっこいいですねぇ。うらやましい。
ここで昼食の休憩をしましたが、バイクが一杯休憩していて、とっても異様な風景でした。(^^;;;

sP1120485.jpg
最後は足助の一ノ谷で休憩。
真ん中は自分の愛車。

足助付近を走っていると雨も時折降り出してきて、最悪になりました。
距離は250Kmそこそこの体慣らしに丁度いいツーリングになりました。

午後2時半には帰宅して、帰ったあとは妻と買い物に出かけ、そのあと夜には組長会に出席。
忙しい日でした。(笑)
8月7日はキャンプツーリングの2日目。一晩泊ってこれで帰宅します。

白馬での朝は寒いかなと思いましたが、シェラフの中は汗をかくほどで、充分暖かかったですね。
朝6時になるとゴソゴソしだす仲間もいるので、寝てられなくて自分も起きました。

sP1090767.jpg
夕べの雨でテントやタープは濡れてしまったんですが、既に止んでいます。

sP1090770.jpg
朝はそれぞれ勝手に朝食を取ります。自分もタープの下に潜り込んでお湯を沸かして朝食を頂きました。

sP1090772.jpg
キャンプで一番辛いのが片づけ。
今回は濡れてしまったので、ちょっとやっかいですが、せっせとパッキングに励みます。

全て片づけが済んで出発の準備が完了すれば、仲間全員で記念撮影。

sP1090774.jpg
白馬連峰をバックにみんないい笑顔を収まりました。

いつもゆっくり準備するので、この日も9時に出発。
高速で一気に帰宅するグループと、帰りもツーリングを楽しんで下道で帰るグループと別れるので、ここでひとまず解散です。
自分はもちろん高速で一気に帰宅。(笑)

白馬付近を走っている時は空気も冷たく気持ちよく走れて快適でしたが、豊科から高速乗りだした頃には照り返しで熱気むんむんになってしまって、もう汗だく。

sP1090786.jpg
写真は駒ケ根SAで休憩して昼食を取った時のもの。
高速組もここまでは一緒に走りましたが、以降はノンストップで走るため解散。

家には午後2時には到着して、片づけもそこそこに疲れのためにすぐに睡魔に襲われてしまいました。
2日間で走行距離600Kmそこそこのツーリングでしたが、雨やら暑いやらの大変な走行でも、仲間と騒ぐのが楽しいのでやめられないキャンプです。
毎年8月の第一土日は、キャンプツーリングを行っています。
最近はツーリングに行ける暇が無かったのですが、これだけは行きたいので用事を全て断って、この8月6、7日に行ってきました。

その第1日目。

sP1090699.jpg
少し自分の出発が遅れてしまい、集合場所には既に皆さん集まっていました。
例年だとこの時期は梅雨明けして暑いだけの日が続くのですが、今年は梅雨が早くあけた関係なのか、梅雨の逆戻りになってしまったような天気で、当日も雨の心配があり微妙な天気。
とくに目的地の白馬、長野方面の天気が怪しいので参加を見合わせる人もありましたが、全部で10名のツーリングクラブのメンバーと、車組み2名が集まりました。
車組みは途中でまた2名合流して、合計14名のキャンプになりました。

sP1090702.jpg
最初に休憩したのは、岐阜の飛山ドライブイン。
キャンプ装備なので、みなさんバイクに沢山の荷物。一番手前はわたしのバイク。
サイドバックを付けていますが、これは帰りのお土産を入れるためのスペース。(笑)

ここまでは順調に進んできたのですが、ここの休憩中に土砂降りの通り雨に遭遇。
しばらく出発できない状況にあいました。

ここを出て、花桃の道の駅、飛騨たかね工房の道の駅と進んでいくのですが、
鈴蘭高原でまたまた土砂降りに遭遇してしまいました。
暑い夏なので、濡れてもお構いなしに走ってしまいました。
しかしトンネルはさすがに寒かったですね。

飛騨たかね工房で昼食を取ったあと、野麦峠を超えて、乗鞍から大町へ入ります。
野麦峠でも雨に遭遇して、散々濡れたあとに白馬に到着。

車組みが同行しているので、荷物を運ぶのに困らないから、
キャンプ場に入る前に白馬のジャスコに寄って食糧の調達。

sP1090737.jpg
白馬のどんぐり村に着けばさっそくテントの設営です。
このときは雨に降られずに済んで設営には困らずに良かったです。
しかし、その準備で汗だくになってしまいまして、ツーリングのホコリや汚れも含めて洗い流すために、
キャンプ場すぐよこにある倉下の湯に直行。良い温泉でさっぱりしたら、お楽しみの夜の宴会の始まりです。

sP1090755.jpg sP1090759.jpg
1つしかないタープの下に身を寄せて宴会の始まり。

sP1090751.jpg
ピザやくし揚げを食べきれないくらい頂いて、もう満腹状態にいつもなりますね。
自分はビールに焼酎でしっかり酔ってしまいました。(笑)

11時頃には疲れも出て皆さん就寝。
夜中に雨も降りましたが、宴会中には降らなかったのでまずはよいキャンプになりました。
翌朝、夜遅くまで騒いでいても朝早いメンバーもいます。

sP1060624.jpg
こうやって朝一番にバイクを磨くメンバーも。
私は無精なのでやったことがありません。(^^ゞ

朝のバイキングは7時半から。
sP1060627.jpg
好きなものを取れるのはうれしいんですが、毎回取りすぎてお腹いっぱいになってしまいます。
しかも偏って選ぶところが毎日の食が貧しいことを物語ってしまう。(^^ゞ

さて、宿を後にして、せっかくなので温泉街を見ましょうかということで出かけます。
歩いていけばいいのですが、宿の位置から温泉街まで距離があるので、バイクでの散策。

sP1060634.jpg
積善館南通用門とかかれた大層な門塀の前に置いたバイクは、今回もパニアケースをつけたもの。
前回の四国でも扱いがとっても楽だったので、今回も使うことにしました。

sP1060635.jpg
こちらは「温泉まんじゅう高田屋」の前に置かれた女形人形。

sP1060639.jpg
温泉街は古い土産物屋が立ち並びます。
自分はできたての温泉まんじゅうを買って帰りました。

sP1060642.jpg
四万温泉から少し走ったところになる六合(くに)村の道の駅に寄りました。

sP1060644.jpg
物産品がたくさん売られてました。こういうときパニアケースがものを言います。
キノコもたくさん売ってまして私も大好物なのですが、このところの毒キノコ騒ぎで買うのを躊躇してしまいます。

このあと、草津温泉で給油して、湯の丸高原経由で走りました。

sP106545a.jpg
どこも紅葉にはまだ早かったのですが、湯の丸高原では綺麗な色好きが見えて目を楽しませてもらいました。

このあと東部湯の丸ICから高速に乗り、一路我が家へ。
2日間750Kmほどのツーリング。
景色を楽しみながら仲間とワイワイ騒いだ快適な2日間でした。
10月16日~17日と四万温泉へツーリングに行ってきました。
1週間前は日曜に雨マークもあったのですが、当日になればまったく雨の心配のない秋晴れ!
ツーリングにはもってこいの日和になりました。

仲間とは恵那峡SAで待ち合わせして、一路四万温泉へ。
高速は1000円で使えますので、ツーリングの足を伸ばせるようになったのは大きいです。

sP1060545.jpg
こちらは和田峠の道の駅。
すべて高速で走ってしまうと早く着きすぎてしまうので、岡谷ICで高速を降りて、以降は下道で宿へ目指します。
ずらりと並んだバイク。今回は11名でのツーリングですが、1名は静岡から来る関係、宿で合流します。

sP1060558.jpg
浅科の道の駅では浅間連峰が綺麗に望めました。まさに秋の空。
このあと妙義山などを横目に眺めながら北上して宿へ目指します。

sP1060579.jpg
こちらが今夜お世話になるお宿。
伊藤園ホテル四万
このホテル買い取ったところのようで、地図やナビには日向見荘と書かれています。
その関係なのか内装は新しく綺麗でした。

到着は4時半ころでしたので、夕食は5時半からのスタート。
さっそく温泉に浸かり、宴会開始の乾杯でスタートです。

sP1060592.jpg

このホテルも朝晩バイキングで食べ放題、飲み放題で6800円の格安料金。
お酒も生ビールに焼酎に日本酒とまず満足な内容でした。
お腹一杯食べて飲んで騒いだ夜となりました。
8月13日 四国ツーリングの3日目です。今日は四国を後にして帰省する日になります。

帰りは自分的には香川のうどんと頂いてから帰りたいところですが、連れが「しまなみ海道」を走りたいと事。
自分も走ったことが無いので賛成して、そのルートで帰ることにしました。
高速乗ってしまえば、あとは一気に帰るだけです。あとは気になるのは渋滞だけです。

今治ICに向かって走り、予定通りにしまなみ海道に入ります。
島と島を結ぶ、吊り橋の風景がとっても新鮮で、点在する島も瀬戸内ということを思い出させてくれます。
高速の脇では自転車や原付が走れる専用道があって、普通の高速道とは違う雰囲気でした。
こういうところは高速で一気に走り抜けるよりも、自転車や原付でゆっくり景色を堪能しながら走るのがいいなぁとつくづく思いました。

sP1050771.jpg
やっと休憩したのは瀬戸田PAです。
そこから見える吊り橋と島の風景。

sP1050773.jpg
ここではっさくのソフトを頂きました。
さっぱりした柑橘系のソフトで美味しく頂けました。

距離にして50キロちょっとある「しまなみ海道」でしたが、あっといまに通過しちゃいまして、次は昼食に福山SAに寄りました。

sP1050782.jpg
ここで3番人気の「瀬戸内たこ三昧」です。お値段1050円なり。
タコのかき揚げ、タコのから揚げ、タコの酢和え、タコワサがついていて、まさにタコつくし。
ちなみに1番人気は福山ラーメン、2番人気は鯛茶漬けでした。

sP1050783.jpg
店員に勧められまして、タコの掻き揚げと、タコワサをどんぶりご飯に載せて、だし汁を掛けたお茶漬けを頂きました。
ワサビがぴっりと効いて暑い日でもさらっと頂ける最高のご飯です。

ここから山陽道、中国道、名神高速、東名阪、伊勢湾岸道、東海環状と走って家路につきました。
宝塚や吹田あたりでいつも渋滞するのですが、今回はまったくなく、すんなり通過。
亀山から四日市では事故渋滞があったのですが、ここもたいしたことがなく通過でき、5時10分ころには家に帰る事ができました。
走行距離は3日で1400Kmほど。一気に駆け抜けた四国ツーリングでした。
8月12日 四国ツーリング2日目。高知を後にして、道後温泉へ宿泊しに向かいました。
高知から道後温泉まで高速を使って3時間ほどとのことです。

高知ICから高速に入ると、前方にグレーのクラウンの覆面パトを発見。
しかたなく追従して走っていると、次から次へと勢いよく走ってきては、覆面と解って自分たちのように大人しく走るはめになる者が多いこと。笑ってしまいます。
そうこうしていると気がつかずに抜かしていくBMが1台。
案の定、お縄になってしまいました。見れば女性ドライバー。残念でしたねぇ。

sP1050743.jpg
さて今夜お世話になるのは、このホテル エコ道後です。
連れがどうやって見つけたのか?とってもお安い宿。寝るだけの宿なのですが格安で一人2,750円。
道後温泉本館まですぐ近くなので、風呂の心配もありません。
ほんとに何も無く、ボロいのですが、格安なので文句ありません。(^^;;;
今回の宿代は1日目は只で、今回は格安。高速代金は高いけど、宿代は別格に安く済みました。

sP1050755.jpg
こちらは道後温泉本館
「千と千尋の神隠し」のモデルとなった温泉と噂される温泉ですね。
とっても風情あって、自分の大好きなお湯です。ここで熱い湯に浸かって、今日の汗をすっかり流し、さっぱりしました。

sP1050749.jpg
このあと夕食に入ったのが、道後温泉本館すぐ横にある道後麦酒館です。地ビールを楽しませてくれる居酒屋です。
一人で四国ツーリングに来たときも、ここでビールを堪能させて頂いたところです。

sP1050753.jpg
頂いたのは「坊ちゃんビール」。一番飲み慣れた味とのこと。
確か前に来たときは、色々試したように思いますが、結局飲み慣れなくて後悔した記憶があったのです。
ビールと一緒に、鯛の刺身やじゃこ天など地の物を美味しく頂きました。

お腹もふくれ、お酒もほどよく頂けば、あとはアーケード街を散策。

sP1050762.jpg
こんな感じのアーケードが温泉駅まで続いています。

sP1050759.jpg
ここは道後温泉駅。
駅前にはからくり時計があるので、それを見るために沢山の人が待っていました。
確か坊ちゃんとマドンナの人形のからくりが出てきたはずです。

sP1050766.jpg
駅からの帰り道に、お土産の購入。一六タルトもお土産に購入しました。
明日の朝のご飯と、焼酎も購入して、宿でも飲み直し。
しかし、2日の疲れがどっと出て、程なく眠たくなって寝てしまいました。
8月12日 四国ツーリングの2日目です。
友人の家でゆっくり寝てから、朝9時頃に出発。
本日の予定は、四国場、桂浜、足摺岬などがいいんじゃないかと話しておりました。
とくに足摺岬は、四国に何度も足を運んでいる自分にとって、遠くてどうしても行けない場所でしたので、行きたい度合いが大きいところ。
とはいうものの、NHKの大河ドラマに押されて坂本龍馬ブームで、この奈半利町の近くである安芸市に岩崎弥太郎の生家を見ることができるとのことなので、とりあえず寄ってみることに。
で、ほんの30分も走ると到着した岩崎弥太郎の生家。

sP1050720.jpg
案内看板にはなにやらうんちくが書かれています。
三菱のマークの由来は、家紋の三階菱に土佐藩の三葉柏を重ねたものだとか。

sP1050731.jpg
こちらは生家。実際にhが復元したものだそうです。
平屋立ての4部屋ある家。裏には大きな土蔵があります。成功の証ですね。

ここを出て向かった先は、、、高知のレッドバロン。
sP1050733.jpg
実は、昨日の高速を走っている時からチェーンから異音が気になってました。
加速すると、足下からカツンカツンと言うのです。
まだまだ沢山走らないといけないのに、こんな音がしていては不安でしかたないので、急遽メンテナンスをして頂くために立ち寄りました。
写真ではすぐに到着したような感じですが、どうも最近移転したようで、ナビで色々走り回っても見つけることができず、なんどもウロウロ。最後は地元の人に聞いてやっと到着した次第です。暑い中の市街地走行でバテバテでした。
ここで調整してもらったお陰で、異音がまったく無くなって快適に走ることができるようになりました。心配事が無くなってほっとしました。

この後、四国城に行きたいと連れが言うので向かうのですが、この日は「よさこい祭」の真っ最中。
四国城周辺はバイクといえど駐車する場所がなく、お城の廻りを3周ほど廻っても見つけることができません。
いい加減うだるように暑くなってしまい、バイクではなく自分がオーバーヒートしちゃうので、諦めて桂浜へ向かいました。

龍馬ブームですので、大渋滞なのかなぁと思えば、案外すんなり入ることができまして拍子抜けです。
昼食はここで鰹のたたき定食を美味しく頂きました。ニンニクたっぷりだったので、このあと自分でもニンニクくさくて大変でした。(笑)

sP1050739.jpg
ここが龍馬像の前です。
暑いので「アイスクリン」を頂きました。バニラクリームじゃなくシャーベットのようなアイスなんですね。

桂浜でお土産などを物色していたら、午後2時頃になってしまい、行きたかった足摺岬を諦めて
道後温泉に向かって走ることにしました。
友人からメールで「お盆はどこか行くの?」と来たので、
「ソロでキャンプでも行こうかなぁと思ってたけど、高速割引が土日だけなので今年は行くのやめようかなと思っていたところ」
と返信したら、、、
急に四国に行かないかぁとなってしまいました。

ところが台風の接近で出発日が定まらない。
11日~13日に行ければいいなぁということだったんだけど、前日の予報では70%の降水確率だったので断念したのです。
しかし、当日は雨も降らずに快晴。あらら~。
しかも、12日は100%の降水確率に上昇しちゃいまして、こりゃ四国行きも中止かなぁと思いつつ、友人に連絡。

ところが、、、、急に今から出発しましょうよ!っていうので大慌て。時間をみれば午後2時です。
支度するのに1時間はかかるので、出発は3時ころになるとの事をいうと、それでもいいから明日の雨に中に出るより今日にしましょうとなってしまいました。
ということで、8月11日の夕方に出発です。

sP1050706.jpg
待ち合わせで、御在所SAを使用。ここの時点で既に午後4時でした。(^^;;;
今日のハヤブサは、パニアケースを装備させました。なんせ雨の心配あるので防水仕様にするにはパニアケースが万全です。

このあと、ツーリング仲間と合流。今回は2名で四国行きです。

sP1050709.jpg
高速を飛ばして、淡路SAに入ったのが午後7時。
辺りは既にまどろんでいて、明石海峡大橋にはライトアップで綺麗に海に浮かんでいました。

今日の目的地は室戸の近くになる奈半利町。ここにツーリング仲間が借家を借りているので、泊めてくれるとのこと。

sP1050710.jpg
まだまだ到着には時間かかるので、淡路SAで夕食を頂くことに。
これが、そのとき頂いた「たらいうどんとタコめし御膳」。
うどんは腰があって美味しく、明石海峡のタコがしゃきしゃきして絶品でした。

sP1050714.jpg
このあと、夜中の四国を迷走して、途中雨にもみまわれてまして、なんとか目的地に到着。

写真は、仲間の家に入る前にコンビニによってお酒を仕入れているところ。
家に転がり込んだのは夜中の12時半ころでした。
汗だくになって、雨に打たれ、山中をさまよったあげくの到着です。(笑)

シャワーを借りてさっぱりしたあとビールを飲みながら、迷走の笑い話をして休みました。
こうして急にきまった四国ツーリングが始まりました。
途中、自分の長年愛用したツーリングブーツが、老朽のためか、靴底がはがれるというアクシデントもありましたが、なんとか白馬に到着。

sP1050535.jpg
こちらは長野オリンピックでジャンプ団体戦のドラマが生まれたジャンプ台。
ふもとからでもしっかり見ることができます。
当日も誰かがジャンプ台を使って飛んでいました。
聞くところによれば、高校生の合宿で練習しているとか。

キャンプ場には、4時ころ到着。
sP1050537.jpg
さっそく汗をかきながらテント張り。今回は9名の仲間なので、サイトは色とりどり。
奥にはタープも張ってあります。
手前にあるDAXも仲間のバイク。みんな大きいバイクなので、ひとり単独先に出発して現地で落ち合いました。

このあと夕食の食材を購入に向かい、準備でかいた汗を流すために、近くの温泉にいってさっぱりします。

そうしてひととおり済めば、お楽しみの晩餐のはじまり。

sP1050541.jpg
こちらははBBQ。煙が凄いですねぇ。(^^ゞ

sP1050552.jpg
こちらはシェフ職人によるくし揚げなどの揚げ物。

sP1050558.jpg
最後はピザも焼いてしまいます。

バイクのキャンプですが、これだけあれば美味しくいただいてお腹いっぱいになります。
お酒も進んで賑やかな夜は更けて行きまして、今年もキャンプツーリングが無事に終わりました。

帰りは高速を使って一足飛びに帰宅。お昼の1時半ころには帰っていました。
キャンプの名残というか、虫に刺された足がかゆいですが、白馬は涼しく快適でした。
夜に少し雨に降られましたが、タープがあったので難もなく過ごせました。
この土日で、今年もツーリング仲間とキャンプツーリングに出かけてきました。
行き先は長野の白馬村。

sP1050508.jpg
家を出発するのが少し遅れてしまったので、集合場所へ着いたらすでに仲間はそろってまして、自分が最後でした。
ここから、御岳鈴蘭高原から野麦峠を越え、大町へと走って行く予定です。

sP1050512.jpg
ところが、御岳鈴蘭高原のところで梅雨時期の今年の集中豪雨のため、道が崩落、通行止めの看板が!
唖然としてしばし固まる仲間たち。

とわいえ、キャンプを中止するわけにもいかず、なんとか走って野麦峠のお助け小屋にお昼に到着。
下界は蒸し暑かったんですが、ここまで来るとさすがに涼しいですね。

sP1050518.jpg
ここでいただいた、野麦うどん。山菜うどんみたいなものですね。
暑いのに温かいうどん?と言われそうですが、涼しいので美味しくいただけました。

sP1050519.jpg
こちらは一緒にいただいた五平餅。地元の五平餅は味噌だれで食べるのですが、ここは甘い醤油だれのようです。

sP1050524.jpg

このキャンプの装備を積載するのに、わがハヤブサは過積載状態です。(^^ゞ
本当ならT-MAXで来る予定でしたが、故障してしまったので代打です。
人によっては本当に少ない荷物の人もいますが、私はタープまで積んでいるので、こんな状態。
今回初めて使ったサイドバックですが、これは空のままつけています。
要はキャンプ場で食材を買ったり、帰りのお土産を納めるためのユーリティリティスペースです。

その2へ続きます。
4月17日~18日にかけて、クラブの仲間と南紀白浜までツーリングに出掛けてきました。

雨がとっても心配でしたが、翌日からの雨が朝まで残ったものの、
なんとか納まってくれてカッパ無しで出発。
仲間との待ち合わせ場所の東名阪の御在所SAへ向けて走ります。

湾岸道に入ると、朝から事故渋滞がありました。
関東では雪が降る異常気象のような天候でしたので、当日の朝も風の強い寒い日でした。
バイクで走っていると横風で煽られるような事もあって、なかなか飛ばせません。

なんとか仲間と合流して、ここから10台で走行。
参加は全部で13名だったけど、3名は訳あって遅れて出発し、別行動です。

sP1040969.jpg
ここは奈良県の吉野路大塔。
ここで、お昼を頂きました。高速が1000円ですので、距離を稼げるのが助かります。
標高が高いので、着込んでいても寒い日でした。

sP1040979.jpg
鶴姫公園で休憩し、仲間10名と記念撮影。

ここから龍神スカイラインを快適に走り、宿のある白浜の千畳敷へ向かいます。

sP1050022.jpg
こちらが今夜お世話になる、ホテル千畳。
朝夕がバイキングで7800円の格安プランで利用でします。

宿には既に別働隊の3名が着いていて、無事に合流。総勢13名での宴会へ。

sP1040999.jpg

仲間とバイキングにビールと、腹一杯頂いてワイワイ楽しみました。

往復820Kmの高速あっての遠乗りツーリング。
帰りは晴天で暖かくツーリング日和でしたが、亀山あたりで毎度の渋滞が発生してまして、
苦労しての帰路でした。
 ぷちツーリング  2010/04/04 (Sun)
4月4日の日曜は、クラブでツーリングに行ってきました。

ツーリングっていっても目的地は近場の南木曾方面。
今年に入って初のツーリングですので、体慣らしに丁度良い距離です。
先週に、ハヤブサを引っ張り出してきて、メンテナンスのためにレッドバロンへ行ってきたのですが、
すこしバッテリーが弱っている様子。
今日は掛かるかな?って思ってましたが問題なさそうなので、そのまま走りました。

クラブの定例ツーだと、毎回10数名は集まるんですが、今回は少なめの5名でのツーリング。
天気は雨の心配が無いものの、少し寒い日でしたが、ツーリングには快適でした。

sP1040783.jpg
ここは、稲武の道の駅、どんぐり。
手前のバイクが我が愛車ですが、毎年頑張ってくれてます。

このあと、南木曾温泉まで足を伸ばして、昼食を頂きました。

sP1040802.jpg
ここは、山岡の道の駅。
おっきな水車が目をひきますね!

走行距離200Kmちょっと。
ちょっとしたプチツーリングにおわりましたが、体慣らしには丁度いい距離でした。

17、18には泊まりで南紀白浜までツーリングです。
ハヤブサで問題なさそうなら、ここままこれで走るつもり。
雨が降りそうならT-MAXかな。
伊香保温泉のツーリングの2日目。10月18日は快晴。

既に早起きして温泉使ったり近所を散策したりした仲間もいましたが、自分は朝が弱いのでゆっくり起きました。
そして、朝のバイキングに。
朝のバイキング
バイキングは7時半から開いてますが、混むだろうということで、8時に頂きまして、昨夜に比べてゆっくり頂きました。

出発の身支度をすると既に9時半。
ホテルの前で バイクもついでに
ホテルの前で集合写真や、バイクの写真を納めます。

せっかくなので、伊香保温泉の散策を出発前に。
近くにロープウェイがあるようなので乗りましょうということで、徒歩でロープウェイの駅「ほととぎす駅」に行きました。
ロープウェイに乗って
出発の駅をロープウェイから見下ろしたところ。
帰りは歩いて帰ろうか?との話もあったけど、結局は往復とも乗車することになり、乗車賃は800円なり。

山ノ上公園の紅葉 伊香保温泉を見下ろす
山頂の「見晴駅」にある山ノ上公園は、紅葉が始まりつつありました。
駅から展望台まで5分ほどあるきまして、伊香保温泉を見下ろす景色を楽しみました。
昨日とうってかわって、快晴の日なので暖かく、よい景色が堪能できました。

ロープウェイから戻ると、昨夜散策した石段通りを再度訪れ、お土産の物色。
石段通り 石段玉こんにゃく
朝と夜とでは、また趣が違った情緒があります。
入り口付近には、玉こんにゃくの屋台もありました。美味しそうでしたが朝のバイキングでお腹いっぱいなので入りません。(^^;;;

古いレジスタ ダーツ屋
美味しい「湯ノ花まんじゅう」などを買ったお店は、古いレジスタを使っていて目を引きます。
(写真左側)
写真では解り辛いかもしてませんが、中央に写っている黒い大きなもの。
現役で「ガッチャン・コン」と大きな音を立てて使ってました。
写真右側はダーツ屋さん。珍しいので写真に納めてきました。

このあと、宿を出て、近くに八ッ場ダム工事現場があるということなので、立ち寄ってみました。
八ッ場ダム工事現場
まぁ、ここでないと見られない風景ではありませんが、話題になっている所ですので興味がわきます。
ここらは紅葉で有名のようで沢山の観光客が来ておりました。
で、やっぱり皆さん話題になってますので、立ち寄って写真に納める方が後を絶ちませんでした。
なんかお金掛けて作っても、政治の思惑で無駄になるのは、小さい頃から贅沢するなと教えられた者にとってはやるせないですね。
工事に携わってきた人にとっても、精魂込めたものが何の価値が無いとなると、これもまた複雑な気持ちでしょう。

そのご、高速に乗って遅い昼食を頂き無事に家に帰りました。

二日間で走行700Km程度の軽いツーリング。
雨もなんとか合わずに済んで、今年の走り納めになるだろうツーリングが終わりました。
10月17日から18日にかけて、バイク仲間と伊香保温泉までバイクでツーリングに行ってきました。

17日の土曜は天候が思わしくなく、午後から雨もようだから早く宿に着かなきゃと思いつつ朝支度していると、早くも雨が降り始めて最悪の出発になりそう。
といいつつも家を出るときには雨も止んでいてとりあえずは誤魔化し誤魔化しで仲間との合流地点に向けて出発。

今回は、久しぶりのツーリングなので、ハヤブサは止めてT-MAXで参加しました。
高速はハヤブサの方が快適なんですが、なにせ暫く乗っていないのでバッテリーが心配。
それと雨の場合は収納が楽なスクーターが便利です。

仲間と合流後出発
さて、集合場所になっていた恵那峡SAに到着。
既にほとんどのメンバーが集まってまして、予定通りに出発できました。
今回は自分含めて9名でのツーリングです。
ここから、中央道を岡谷まで走って、そこから軽井沢経由で伊香保温泉まで行くルート。

軽井沢の紅葉
こちらは休憩に寄った軽井沢の浅間牧場茶屋。
途中の和田峠や、ここ軽井沢は紅葉がしっかり色づいていて目を楽しませてくれました。
しっかし、しっかり防寒対策したつもりでしたが、流石に気温11度前後だと寒いですね。
指先や足下から寒さが染み渡ってきます。

しんぱいしていた雨ですが、ここを出たころに少し降られましたが、なんとか雨に難儀せずに宿に到着。

ホテル金太夫
今夜お世話になるのは、室町時代からあるホテル金太夫(きんだゆう)です。
雨を心配して早めに移動したので、午後3時半には到着しちゃいました。

さっそく温泉つかって、冷えた体を温めます。
1階、2階のお風呂が広いそうなのですが、露天風呂が無いそうなので、露天風呂のある7階へ。
しかし、7階のお風呂に行くと確かに狭い。
6名も湯船に浸かると、芋洗い状態。しかも露天風呂に入っていると、雨が降り出すしまつ。(^^;;;

夕食までの時間、お部屋で早速ビールで乾杯。

ここの宿は夜も朝もバイキング。そのかわりに宿代は6800円と格安。

バイキング
バイキング会場は、人でごった返し。
仲間でテーブルを確保して、お腹いっぱい頂きました。(味はいまいちかな?)

石段通り
早い夕食だったので時間あるから、雨も止んでいるしと言うことで、宿近くの石段通りを散策。
ここには、ひなびた温泉街の情緒がありました。
しかし、時間も時間?(夜7時すぎ)なので、お土産屋は全部しまってました。

射的
開いているのは、この射的屋と酒屋さんだけ。
酒屋では芋焼酎を購入して、宿でまた飲み直し。

ツーリングの疲れもなんのその、夜遅くまで仲間で談笑してました。

2日目に続きます。
Template by :FRAZ
まとめ