back to TOP

admin |  RSS

2010-02

2月28日は、逢妻交流館の竣工式がありましたので、お手伝いに行ってきました。
当日はあいにくの雨天。大変な日になりそうです。

sP1040405.jpg
新館は、全面がガラス張りの斬新なデザインで目を引きます。
館の中が外から丸見えということなのですが、プライバシーはどうなんでしょう。

sP1040410.jpg sP1040412.jpg
雨の中のテープカット。来賓席はテントの中ですし詰め状態でした。

sP1040417.jpg sP1040422.jpg
銅像の除幕式も、傘を片手に大変。一通りの開会式が終わると、館内のホールで引き続き式典を行っていました。
ホールもホールの外から360度見ることが出来ます。これもガラス張りの利点なのかな。

館の外では、子ども達のボランティアさんが沢山頑張っていました。
sP1040429.jpg sP1040431.jpg
こちらは焼き鳥に、焼きそば。

sP1040437.jpg
ボーイスカウトの小さなお子さんが、背伸びをしつつ、五平餅に味噌だれを一生懸命塗っていました。
まだまだ幼いのに、大人に混じってお手伝いできるなんて、凄いなぁと思います。
バザーはこのほか、うどんや、蕎麦、フランクフルト、みたらし団子、おにぎりの販売などがありました。

sP1040439.jpg
そうこうしているうち雨もあがって、青空が出てきました。それに従って人出もどっと増えたような感がします。

sP1040442.jpg sP1040443.jpg
振る舞いで出た豚汁と、お腹を満たすために頂いたうどんです。

sP1040450.jpg
最後は餅投げで締めくくり。

自分も餅投げ拾いに参加させて貰いまして、沢山拾えました。
ただ、雨の後だったので、下はヌカルミになって泥だらけ。
餅はビニルのパックになっているけど、泥だらけ。ズボンも泥だらけ。(笑)

午前中だけのイベントでした。
片付けもせずに、午後からは私どもの会の打ち合せのため、会場を後にしてしまったのですが、
撤収は大丈夫だったのかなぁと、気になりました。
逢妻交流館も、これで新しい館になり、気分一新にまた色々利用させて頂きます。
スポンサーサイト
2月27日は、発明クラブの年度の締めくくりである競技会のお手伝いに行ってきました。
これまで数回にわたって作成してきた、電動プロペラカーを使って、ペットボトルボーリングを行い、作成精度を競い合います。

要は、真っ直ぐ走るものを作る事なのですが、その他、風力でも充分に走ることのできる軽い車両でないといけませんし、沢山のペットボトルを倒す工夫も必要。
小学校2年の児童にはハードルの高い競技です。

作り始めの頃は、どんなんになるか、かなり心配でしたが、完成間近になってくるとみるみる見違えるものになっていくのは面白いですねぇ。
親の手も明らかに入っている子もいれば、自力で作っている子もいてそれぞれ。
どんな形であれ、目的に向かって頭を使って頑張るのは今後の人生で大きな糧になるだろうなぁと思います。

そんな事を思って会場へ向かいました。

sP1040358.jpg
早めに会場入りして、会場作りの準備をしつつ、開始30分前に受け付けへ出てみれば、
既に沢山の子ども達が、駆けつけていて、まだかまだか状態でした。

sP1040364.jpg
2年の教室は、地域別に3つに別れます。
それぞれに別れて3つのコースで競技を行います。
この日は沢山の親御さん達も応援に来ていました。

sP1040366.jpg
競技の仕方などの説明のあと、いよいよ始まります。緊張の一瞬。
長いコースですから、真っ直ぐ走らせるのは至難の業。曲がる方向を計算してスタート位置も微妙に調整。

sP1040369.jpg
どんどんペットボトルに近づいてきて、さぁ倒すぞ!!
このプロペラカーはデザインも面白いし、沢山倒す工夫もしてますので、期待できますね。
(作る大きさは幅だけ制限があります。)

sP1040373.jpg
惜しいところで、コースアウト!1本も倒れないって悲しい顔のお子さんも結構いました。
かなり難しい。

その中、3位の子が同点で3名いました。同点なのでサドンデスの3位決定戦!
sP1040391.jpg
大勢が見守る中、白熱した競技が行われました。僅差で順位が決められまして、全ての競技は終了。

sP1040395.jpg
まずは上位3名の子にメダルと賞品の授与です。おめでとうございます。
たしか優勝した子は19本倒したんじゃなかったかな。素晴らしい精度ですね。

sP1040403.jpg
こちらは、デザイン部門の優秀者である8名。
自慢のプロペラカーを手に記念写真。

子ども達と一緒になって、一喜一憂した1日でした。
来年度もまたこんな頑張っている子達を見守っていきたいですね。
2月26日は、ものづくりサポータの研修会があり、参加してきました。

あいにくの雨天の中、まず最初に向かったのは、瀬戸市にあるノベルティ・こども創造館。

sP1040226.jpg
最初に館長から、「せとノベルティ」の歴史と説明をうけました。
「せとノベルティ」とは装飾的な陶磁器製品、例えば置物、小物入、煙草入、香水瓶等の製品の総称だそうです。

次は、職員の方から土のかぶせ雛の作り方を実演して頂きました。

sP1040233.jpg
丁度、おひな祭りの時期ですから、それに合わせてのワークショップを行っているそうです。
ペットボトルに粘土をかぶせるように、お雛様を作ります。
ものの30分もあれば完成。お子さんが楽しる企画です。

ここには「ノベルティミュージアム」が併設されていまして、色々な装飾陶磁器製品が展示されています。
sP1040261.jpg

中でも目を引くのは、こちら。

sP1040252.jpg
写真が露出オーバーで光ってしまってまして残念なことになってますが、、、、
ウェディングドレスのレースの1つ1つが、網のようにきめ細かく編んであります。
これが陶磁器なのか?と目を疑うほどです。
こういった作品が数多く展示してあり、見て回るだけでも充分時間がかかります。
一度ゆっくり訪れたいものです。

このあと、ここ「ノベルティ・こども創造館」を後にして、次は「瀬戸蔵」に徒歩で向かいました。
「瀬戸蔵ミュージアム」に入り、職員の方から瀬戸の瀬戸物作りの歴史や作り方を説明して頂きました。
sP1040297.jpg
この場面は、登り釜の模型を使って説明をされているところ。
昔は歩留まりが悪く、随分沢山の失敗があって捨てていたそうです。

このあと、お昼を取って、最後は愛知工業大学に向かいました。

おりしも、バンクーバーオリンピックで、浅田真央ちゃんが、
キムヨナ選手とのフリーの対決の日だっただけに、結果が気になる日でしたが、
ちょうど競技が始まったころに大学の教室に入って行きまして、複雑な思いでした。

ここで行うのは風力発電の仕組みを知る模型作り。

我々のために、春休みに入っている学生さんもお手伝いの為に出てきて頂いてました。
恐縮です。

sP1040327.jpg
風力発電の簡単な仕組みの講義を受けながら、模型を作っていきます。

sP1040333.jpg
完璧に用意された部品と道具を使って、作成開始。

sP1040338.jpg
こちらが私の作ったもの。
発電はモーターを使って行い、ダイオードで整流。コンデンサーで蓄電を行います。
そのモーターを廻すのにプロペラを使います。
私の作品は、磁石がケースに旨く収まっておらず、プロペラが回りませんでした。失敗です。(^^;;;
持ち帰ってから調整することにします。

sP1040342.jpg
出来上がったものは、プロペラを廻すのに、ドライヤーを使ってました。
蓄電するのにドライヤーを使う?なんか複雑な思いもしますが、
人の息で吹いたくらいでは、期待した発電量にならないようです。

蓄電したコンデンサーを使って、電子オルゴールが鳴れば成功!
殆どの皆さんが完成されたようです。

で、気になった浅田真央ちゃんの結果ですが、、、残念ながら銀。
しかし、充分すぎるほどに頑張ってきた真央ちゃんには金に価するほどの結果だと思いました。

本日は忙しく数多く回ったのですが、どれも興味深く、また楽しめた内容でした。
 切り絵展  2010/02/25 (Thu)
中日新聞に、家の近くにある厚生病院で、病院職員の方の作られた「伊勢型紙」(切り絵)の展示があると紹介されていました。
最終日の2月25日に、妻の薦めもあって見学に行ってきました。

sP1040223.jpg
自分は新築されてから初めて厚生病院に足を運んだのですが、
特設ではなく、常時何かを展示されているギャラリーがあるようで
そのコーナーでの個展でした。

切り絵といっても、いろいろなものがありますが、
この方の作品は「伊勢型紙」。
独特な渋紙を使って、切り出す絵は、全部繋がっている1枚の紙で出来ています。

以下は、その作品の一部です。

sP1040220.jpg

sP1040216.jpg

sP1040215.jpg

sP1040213.jpg

どれも大作ですね。
目がチカチカしてしまうような細かな細工が施されています。

私では、まだまだ足元にも及びませんが、いつかは・・・(笑)
よき目の保養になりました。
 石垣イチゴ  2010/02/21 (Sun)
気がつけば2月20日から更新してなかったようです。(^^;;;

2月21日は、家族で久能山の石垣イチゴを楽しんできました。
毎年家族で訪れる恒例の行事の1つです。

sP1040151.jpg
当日は良く晴れた良い日になりました。
車で高速を使い静岡ICで降りると、程なく海岸線にでます。

sP1040152.jpg
イチゴロードと言われるほどに、その海岸線にはイチゴ農園が沢山あり、
イチゴ娘がお出迎えしてくれます。

sP1040154.jpg
私たちが向かうのは、早川農園。
一番最初に訪れてから、毎年ここを利用していますが、
最近は前もって予約をしない当日イチゴ狩りが出来なくなってきています。

sP1040158.jpg
イチゴハウスの中は、コンクリで組まれた石垣にイチゴが連なっています。

sP1040164.jpg
イチゴの種類は章姫。
今年は粒が小さいなぁと思っていましたら、
この2月の後半は丁度1番成りから交代する時期で、大きいのが少ないとのこと。
そういえばこの時期に来たのは初めてかもしれません。

sP1040169.jpg
イチゴ狩りが終わると、そのまま足を伸ばして清水港にある
「エスパルス ドリームプラザ」に立ち寄るのが定番のコース。
ここは、その中にある寿司ミュージアム。
たまにはここで昼食を頂きたいなぁと思うのだけど、
昼食を取るのは、それも定番の場所があります。

sP1040184.jpg
それが、ここ「鐘庵」。
この「鐘庵」は愛知の地元、豊田にも支店がありますが、
ここで食べるうどんは、豊田では味わえないくらい美味しい。

sP1040182.jpg
特に自分のお気に入りは、桜エビの掻き揚げ。
桜エビだけでふんわりと揚げた天ぷらは、
新鮮なものを使っているだけあり臭みが無く余所では味わえないおいしさです。
 MY仏像 最終日  2010/02/20 (Sat)
2月20日は、MY仏像作成の最終講座の日でした。

本当は家で、すこしでも彫刻作りを進めなくてはなりませんが、、、
いざノミを持とうとすると、すこしもトンカチを打つことができません。
結局は、20日の当日まで何も出来ずに参加。

今回も先生にノミを入れて頂いて、おおよその形の完成です。

sP1040135.jpg
これが自分の作品のお地蔵さん。
拝んでいる手が欠けてしまってます。あとでボンドで修正するしかありません。(T_T) ウルウル

この講座はこれで終わりますが、そのあと有志でグループを立ち上げ、月2回ほどの集まって彫刻を作ることになりました。
自分も参加の予定です。
その時間に、またこれをさらに仕上げて行こうかと思っているところです。

sP1040138.jpg
講座の終わりには、自分の作品を手に、それぞれ記念撮影。

彫刻は自分の顔に似てくるとの先生のお話。
彫刻を見ると、その人の性格が解るとも言われます。
さて?私の性格は?(^^;;;


講座は午前中で修了。足助地区は中馬のお雛様の真っ最中です。
お昼は彫刻を一緒に参加してます、校長先生と散策しながらランチを頂きに行きました。

向かったのは先生の知っている「足助のかじやさん」

sP1040141.jpg
音楽を聴きながら食事が出来るそうです。いわゆるライブハウス。

sP1040143.jpg
2階にある店内はこんな感じです。ちょっと狭い感じの中、満席でした。
お昼は店主さんが、自作のフォークソングを披露してくださいました。
ライブは夕方からが本番。
スケジュールがびっしり店内の壁に書かれていました。田舎のお店なのですが盛況なのですね。
根強く来てくれるお客が沢山着いていることを想像できます。

足助の町並みには、天気も良いことから大勢の観光客が押し寄せていて賑わっていました。
古い町並みに、古いお雛様が飾ってあって、なかなかの風流な雰囲気を味わうことができました。
本日、家のポストをみると、おんちゃんから封書が一通届いてました。
わくわくしながら開封してみますと、、
sP1040079.jpg
アルトイズの缶が出てきました。ちょっと遅れてのバレンタイン?
んな訳はありません。(笑)

さっそく蓋を開いてみますと、中からはLEDやらLSIやらが!!
sP1040080.jpg
これがTwitter経由でお知らせくださったタイマーですね!
おおお!おしゃれなキャンディーの缶が憎らしいくらいマッチしてます。絶妙なサイズです。
スピーカーの位置も計算されていますね!

電源スイッチを入れてみます。
すると、マイクロスピーカーから「ピッ!」という軽快な音ともに、LEDが1つ一瞬光り、電源が入ったことを知らせてくれました。
sP1040077.jpg
タイマーを動かしてみます。
赤いスタートスイッチを押して離した瞬間、LEDが全て点灯し、ブザーが鳴り時間計測が始まったことを知らせてくれます。
それとともに時間を刻む電子音がしだして、
sP1040078.jpg
時間の経過とともに、LEDが順に消灯。
残り時間が5秒前(60秒タイマーでは10秒前)になると、時間を刻む電子音も短くなって、あと少しでタイムリミットだと言うことが赤のLEDとともに知らせてくれます。
最後は、タイムアウトになると連続した電子音で終了。

60秒と30秒タイマーの切り替えが出来きますので、FSでもCPでも使えますね!
こ、これは、なんともオシャレで贅沢なタイマーです!
おんちゃん、とっても嬉しいものを送ってくださってありがとうございます。感謝!感謝です。
今度の中部地区の競技会にも持参して、みなさんにも楽しんでもらいたいですね。
 今回の切り絵  2010/02/14 (Sun)
2月13日の午後からは、切り絵クラブです。

sP1040013.jpg
こんな風にして、みなさん、切り絵に集中。
同じ題材でも、それぞれ工夫される点があって違いがあり面白い。

sP1040014.jpg
こちらは自分のやりかけの作品。
やっと簪が切り出しできたところ。色をしっかり入れます。
このあと髪を切り出して本日終了。

顔の部分をどう切り出そうか悩むところです。
 国際交流講座  2010/02/13 (Sat)
2月13日は、国際交流講座として、お隣の国、韓国をもっと知りましょうという講座が開かれ、お手伝いに行ってきました。

地元小学校は、愛・地球博以来、韓国と交換留学を行ってきています。その関係で、今回の講座が開かれたようです。

講座の内容は、在日韓国人の方を講師としてお招きし、ミニハングル講座や、チマチョゴリの体験、ゆず茶の振る舞いと、今年度の留学に出掛けた小学6年の児童の体験発表などなど盛りだくさん。

sP1030993.jpg
こちらはチマチョゴリの体験の様子です。カラフルな色彩の民族衣装がとても目新しいです。
沢山の衣装を持参してきていただきました。流石に私じゃ着ることが出来ませんね。(笑)

sP1030999.jpg
このあと、ゆず茶の振る舞い。私もこのお手伝いをしました。
昨年の秋に取れた柚を、細かく切り刻んで、氷砂糖で味付け。
暖かいお湯で割って呑むのですが、甘酸っぱい味が口いっぱいに広がり、とても美味しいものなのですね。
とても好評で、お代わりされる方も多数いらっしゃいました。

sP1040008.jpg
最後は児童による韓国の様子を紹介。
韓国では子どもが夜遅くまで遊ぶのが自由だそうで、とても驚いたこととか、
日本のコミックやアニメが韓国で人気であって驚いたこと、
食事がどれも辛かったこと、
繁華街の夜店で色々なものを売っていた様子など、とてもリアルに紹介してくれて
聞いている自分も韓国に行ったような気になるくらい素晴らしい発表でした。

ハングル講座では、韓国語の構文が日本語とよく似ているとのこと。
英語などの構文ですと、全文を聞く前に結果がわかるのですが、日本語は最後まで聞かないと内容がわからない違いがありますね。
自分は、こうしてブログやメールの文書などを書いていると、すぐに英文みたいな書き方になって、後で読み返すときに修正することが多いんです。
かといって、英語は大の苦手なのですが。(笑)
しかし、ハングル文字がなんでアジアの中の韓国だけにあるんだろう?ハングル文字はとっても進化した文字だというけどなぜなんだろう?
って疑問がいままであったのですが、今回の講座で少し見えた気がします。

自分の小さい頃には、韓国といえば「チョン」っていって、馬鹿にしたり嫌ったりする風潮があったのですが、こうして韓流ブームのお陰で偏見が取れてよかったんじゃないかなぁと思う所です。
とはいえ、世界大戦の頃に米英に勝つため、アジアにしたことが今でも韓国や中国から日本を敵対した教育がされているのは事実ですので、時代が時代であっても許されないだけに、その代償は大きいものになっていますね。
 Twitter  2010/02/11 (Thu)
Elastoさん、あさのさん、ZumA2さん、おんちゃんが始めているTwitterを自分も始めてみました。

twitter
(興味のある方は↑のロゴをクリックして、登録してみてください。)

つぶやく?どうもよく解らないのですが、フォローした人の「つぶやき」が、どんどん自分の所に入ってくるというもの。
私のブログの左側のフレームにも貼り付けしてありますので、参考になるかわかりませんが見てみてください。「最近のコメント」の下側に割り付けしました。

自分は朝日新聞をフォローしてますので、リアルタイムにNEWS速報が入ってきます。
ゴム銃関係のくくりは、Elastoさん提唱で「#gomujyuu」 になっています。

自分の興味のあることなど気軽に書いていけば、お互いをよく知り、親近感が湧きますよってのが、うたい文句のようです。
 X68000の電源修理  2010/02/10 (Wed)
ここんとこ過去のパソコンの話をしていたら、そーいえばX68000の電源が壊れて直しかけだった事を思い出して、2月7日くらいから、ちょこちょこ弄り初めてました。

X68Kは部品に問題あって、今現存する物は殆ど電源が逝ってしまってます。
自分の所有するものも例外では無いのです。

といっても自分の持っている状況は複雑で、以前に手持ちのX68Kは倉庫に仕舞い込んでおいて、中古で買い足したものを修理しようかと思ったのです。
それを持ち出しての作業です。在庫をよくみると、ACEの電源が直しかけでした。

とりあえず、作業するために取り外した電源を修理してみることに。

sP1030886.jpg
これがそのACEの電源。
いまやX68000と電源のキーでwebを検索すれば、いくらでもHitするほど、ユーザーはこれに苦労しています。

で、以前に修理するため取り寄せた電解コンデンサーを「X680X0電源を斬る!」に書かれている部品リストからチェックしてみると、問題ありなのが解りました。
手持ちの部品ではツナダイオードの定格電圧が不明なのと、数の不足。
フォトカプラは、どこに付ける部品なのか?型番から追えない状況になっていることなど。
電解コンデンサーの数も不足。

で、大須の電気街に足を運んで、部品の買い足しを行いまして作業開始。

sP1030913.jpg
これが電源基盤から取り外した部品です。抵抗は今回交換しませんでした。
電解コンデンサーは焼けたり、液をお漏らししているのが結構ありました。

sP1030915.jpg
基盤を洗浄液で洗い流して、ある程度綺麗にしてから組み立て直したのが、これです。
これで直ったのかなぁと、かなり不安ですが、この状態で電源を入れて見ると、FANがウィーンと回り始めました。なんとかいけるかな?

本来ならここでテスターを使って電圧が出ているか確認しなきゃならないのですが、webを探してみてもなかなか資料が出てきません。
XVIなら結構あるのですが、ACEは電源のカプラが違うので参考になりません。
回路図でもあればと思ったのですが、これもHitしませんでした。

ま、とりあえず組み立ててみましょう。もともと着いていたACEの方に取り付け。
倉庫からモニタとキーボードも引っ張り出してきて、準備完了。

sP1030916.jpg
さて、生き返るか?!
メイン電源スイッチを入れると、本体の赤のLEDが点灯。おおお!大丈夫か?
と前面の赤い起動スイッチを入れると、LEDが赤から緑に変りました。ここまで順調。
これで起動してくれればOKです。

しかし、モニタが悪いのか?電源が悪いのか?それ以降の変化なし。
がーん!がーん!がーん!かなり悲しい。
電源を落とすために、前面の起動スイッチを切ってみると、電源が落ちません。やっぱ、状況は良くないようですね。

在庫のゲームのFDを取り出し、FDDにセットしてみると、ウイーンという音とともにFDを取り込み、FDDのLEDも点灯してくれるのですが、FDDの回転音が聞こえない。
あらら?やっぱ死んでますかねぇ。かなりの行き詰まり感が漂います。
さてどうしたものか???
2月8日は、コジソンさんと共に、競技会の打ち合せとしてダボ爺さんの工房を訪問させて頂きました。

今年の中部の競技会は、3月7日(日)に、あいち健康の森で行います。
詳しくは、コジソンさんのブログの案内ページをご参照ください。

コジソンさんを途中、東浦駅付近でお迎えして、ダボ爺さん宅へ。

噂の工房は、家の奥のお庭にありました。

さっそくお邪魔してみますと、確かに3畳ほどですので狭い感はありますが、綺麗に整理収納されていて、これだけの工具が綺麗に納まっているのは流石としか言いようがありませんでした。

正に「品質の高いものは良い環境から生まれる」を実践されているように感じます。
sP1030901.jpg
さっそく競技の話や、ゴム銃のお話で、あーだこーだと談笑。
皆さん本当にいろいろ研究されていますねぇ。
自分はというと、今年に入って急ブレーキかかって、なかなか作成モードに入れません。
そろそろ新作の設計もしたいところなのですが。

sP1030902.jpg
こちらは、AR-CADの説明を聞いているところ。
色々な使い方があって、流石に勉強になります。自分もそろそろ使いこなしたいところなのですが、、、

sP1030910.jpg
本日、またまた頂いてしまったゴム銃。
コジソンさんのご自慢である撃鉄式ゴム銃と、ダボ爺さんのABSを使った連発銃。
どれも個性があって、しっかりした作りです。

自分は昨年から新作が無いので次回にお預け。スイマセン(^^;;;

このあと一緒にランチ頂いて、喫茶店へ行ってと、3人で話していると時間もあっという間に過ぎてしまいます。
とっても楽しいよい時間を頂きました。
こうしていつでも集まれる仲間がいる環境は本当にありがたいですね。

中部地区の競技会は、まだまだ始まったばかり。これから少しずつ広がって行きお馴染みの顔が増えるには、地道に行っていくしかありませんね。よろしくお願いします。
昨年の12月2日に、SUPERSURPRISE(日本テレビ系)というでTV番組で紹介された、創庫生活館 浜松葵本店が気になっていたのですが、行くチャンスが無く、やっと2月の7日に行くことができました。

聞けばOPENが12月3日だったようで、それにあわせてのプロモーションだったように思います。
とにかく激安で、日本最大級のリサイクルショップってのがうたい文句。
TVの宣伝効果もあってか、開店当日は辺りが渋滞してしまって地域住民も大変な思いをされたとか。

なんせ、激安の嵐のような内容を番組で流すから、そりゃ見てた人は気になるし、行きたくなります。
自分のそのうちの一人。決して近くないけど高速代が千円なら行く気になります。

TV放映からすでに1ヶ月経ちましたので、混雑具合が気になってましたがwebを検索してみてもHitしないので納まった感がありそうだなという感触を持って出掛けました。

家から高速で1時間少々、車を走らせると目的地に到着。
朝の開店時間に合わせて出掛けましたので、混雑なくすんなり駐車場に入ることが出来ました。
sP1030866.jpg
こちらが派手な入り口。大きな倉庫を2つ使っての店舗です。
普通のリサイクルショップよりも多い程度の、そこそこの客が来ておりました。

sP1030867.jpg
入り口正面に真っ先に目がいくのが、これ「T型フォード」価格応談。
車も扱っているの?と思いきや、そうではなくこれ1台。目玉商品なのでしょうね。

sP1030869.jpg
取扱い品目は、やはり中古家具が一番多い。
一緒に行った妻も欲しい家具があったようなのですが、サイズを計って来なかったので、買ったはいいけど納まらないと怖いだけに手が出なかった様子です。

他には、コミックの多さも目立ちました。大体1冊100円程度で、全巻揃えた形でまとめて売っていました。
全般に古いマンガが多く、自分には触手が動くものが少なかった。
アンティークのものも多く、古い柱時計も多くありましたが、錆さびのお釜や、朽ちた木製の階段、動くか解らないような鉄製の扇風機などなど、うちが前に随分沢山捨てたようなものが、何万もの値段を付けて売ってます。

sP1030872.jpg
これはアメリカン・アンティーク。左はガソリンスタンドの給油器でしょうね。130万円だそうです。
右はコカコーラの自販機。45万円なり。今は珍しいビンの自販機なので、栓抜きできるようになってますね。

他には野菜なども売ってましたが、妻は買わなかったところを見ると安くなかったのかな?

自分はパソコン関係や家電の中古を目当てに行ったのですが、パソコン系は殆どありませんでした。
やはりすぐに古くなってしまうパソコン系はリサイクルでも売るのが難しいようです。
家電はラジカセやコンポ系が欲しかったんですが、お値段が高いのでパス。

自分的に目立ったのは、壊れたようなものも売っていること。こんなん大丈夫なの?って首をかしげてしまうものまで売ってます。
妻がカーペットが丸めて置いてあったんだけど、安かったので買おうか迷ったと帰りの車で言ってましたが、あんな壊れたものや汚れた物まで売っているような店だと、カーペットなんか家で広げてみてびっくりするような事がありそうだから、買わなくて正解だよという話で落ち着きました。

そうは言っても、折角なので何か買って帰らねばという訳ではありませんが、
大きな傷が入ってる関係か安い袖机1つと、収納キャビネットを1つ買って帰りました。
これはゴム銃工作用品を納めるのに丁度いい。お陰で部屋がすっきり片付けられます。
2月6日の午後からは、発明クラブでプロペラカーの最終日を指導してきました。
27日の競技会に向けて今回で完成させます。

メインの作業は動力を付けること。電池BOXとモーター、プロペラを取り付けして、自力で走らせることが出来るようにします。
sP1030858.jpg
小学校2年生だと、まだ電気のことがよくわかりませんので、黒板をつかって概念を説明。
さて解ったかな?
いざ作り始めると、先生解りません!って声があちらこちらから出てきます。
繋ぎ方だけでなく、2本の電池の入れ方、動かすとプロペラが飛んでしまって、無くなったり折れたり。
モーターと電池は、どこに付けるのか?付け方はどうするの?など対応に大わらわでした。

sP1030862.jpg
2年生くらいだと、うまく出来る子とできない子の差がまだまだ大きいようで、さっそく完成する子もいます。

sP1030864.jpg
出来上がったら、コースで順番にテスト走行。
真っ直ぐ走らないと競技に勝てません。

クランクが旨く動かずに、途中で止まってしまう場面もあり、「クランク要らない」と言い出す子もいます。
「クランク使わないと競技に出られないよ、うまく動かすように工夫してみてごらん」となだめます。
発明クラブだけに、まずは回答よりも自力で工夫してみることがとっても大事なのですが、さじ加減が難しいですね。

本日で完成出来なかった子は、27日までに家で作りあげてこないといけません。
一番難しいのはクランクの動きのようで、スムーズに動かないと走らせることが出来ません。
つぎに突き当たる壁は、真っ直ぐ走らせること。タイヤの付け具合で、あらぬ方向へ進んでいってしまいます。

さぁどんなものが出来上がってくるのか?今度の競技会がとっても楽しみです。
 MY仏像 3日目  2010/02/06 (Sat)
2月6日は、MY仏像作りの3日目。

当日は、足助地区で「中馬のおひな様」が始まり、館内にもお雛様飾りが沢山ありました。
sP1030848.jpg
かなり古いお雛様もあり目を楽しませてくれますのでもっと見学したいのは山々なのですが、なんせ目的は彫刻。
終わったあとは、別の用事があるのですぐに帰らないといけません。
まだこれから3月7日まで行われるイベントなので、後日ゆっくり見学できたらと思います。

さてMY仏像の彫刻のほうですが、、、、
前回は、頭の部分、とくに顔まわりを削ったので、今回は後ろの部分と胴回りを作りあげました。
sP1030852.jpg
どこまで、どう削っていいやら、まったく見当がときません。
細かくリアルにした方が、自分的には楽なのですが、せっかくデフォルメして作ったお地蔵様なので、そのまま行きなさいとの先生のアドバイス。
さて、ここからどう削ったものか、、考えてしまいます。(^^;;;
次回は13日にあるのですが、別の外せない用事があるため、欠席。その分、家で穴埋めをしなければなりませんが、どうしましょうか。うまくやれるかな。
Template by :FRAZ
まとめ