back to TOP

admin |  RSS

2011-03

そういえば、先日の3月26日に行った「輪ゴムてっぽう工作」の様子を、ひまわりTVが取材に来ていました。

その放送内容は市制番組の「とよたNOW」で見ることが出来ます。

輪ゴムてっぽう
(画像をクリックすると1Mbpsバージョンの動画が動きます)

2011年3月29日(火曜日)分の内容です。

•豊田市育成会 設立記念式典
•豊田市ジュニアオーケストラ第17回定期演奏会
•親子ものづくり講座 材料加工からはじめる輪ゴムてっぽう製作

の順に流れますので、ゴム銃は一番最後です。

よかったらご覧ください。
スポンサーサイト
 すっきりで放送  2011/03/30 (Wed)
本日、3月30日に、日テレ系列のスッキリの放送内で、ゴム銃の紹介がありました。

sP1080350.jpg
紹介されたのは、割り箸ゴム銃に、散弾銃、ブローバック式の連発銃、
それと一杉さんの遺作になるイングラムのマシンガンと、ガトリング銃。
三角翼のガトリング銃は装弾数が今では少ないものの、つくりのしっかりした手動式のすぐれもの。
いつ見ても惚れ惚れします。
ブローバック式の連発銃は、ブローバックするところが放送中に強調されなくて、ちょっと残念でした。

sP1080349.jpg
今回の放送は、この「ゴム銃大図鑑」のPRですね。
テリーさんがしっかり紹介していました。

さて、夜は、妻がお出かけしたので、、、

sP1080351.jpg
娘と娘の彼氏とで、焼き肉に行ってきました。
やっぱビールが旨い!!からやめられません。
 ゴム銃工作講座  2011/03/26 (Sat)
本日は、サポートセンターでゴム銃工作教室を行いました。

作成モデルは、FAF10です。
もともと作り易いよう、直線で構成して設計しました。

この講座は、材料から参加された皆さんに切りだして作って頂く内容です。
3時間で作り切る予定ですので、不本意ではありますが、電動工具を多用して切り出しを簡略しました。

講座の始まりは、ひまわりの取材もありましたので、色々なゴム銃のデモを行ってからです。

sP1080344.jpg
保護者同伴で参加という条件でしたが、沢山の方が参加くださいました。

sP1080343.jpg
お母さんも果敢にノコギリで切ってくださいました。
電動で切るという話の中でも、こうして手切りに挑戦される方もありました。

2時間で切りだし、残りの1時間で工作という予定でしたが、
1時間半くらいで切りだしが終わりましたので、予定よりも30分早く終わることができました。

私を含めて5名でサポート。参加は15組のお子さんの予定でしたが、インフルエンザのために2名欠席。
それでも欠席した子の分まで作る親御さんがいまして、そんな状況でも時間内に完成できたのは凄いことです。
参加の皆さんの熱心さや、サポートくださったスタッフの皆さんのお陰ですね!!

色々私の不備もあったと思いますが、講座としては大成功だと思います。
参加されました皆さんは、今回の経験をもとに、家でも工作をして頂けるといいですね。

また継続して、いろいろ計画していきますので、次回もまた参加くだされば嬉しいです。
ありがとうございました。

関連記事
とよたNOWで工作の様子を紹介



sP1080347.jpg
本日は風の冷たい日でしたが庭のこぶしの花も咲き始めました。
 イベントのお話  2011/03/25 (Fri)
中村理事長から、中部のイベントの話があるから聞く人いない?との案内がありまして、本日、ダボ爺さんと一緒にお話し聞いてきました。

名古屋の今池になるイベント会社で、とても熱心な方でした。
ゴム銃はテレビの放送とみられて知ったとのこと。

自分もゴム銃工作教室を何度も行っていますが、毎回受付開始から直ぐに定員いっぱいになるくらい人気があるものです。
きっと喜んで頂けます。

お話ではまだ企画段階なので、これからの話ですが、通りましたらよろしくお願いしますとのこと。
とても大きなイベントのようですので、いままでにない経験になりそうです。

で、その日の夜は、娘二人とも出かけてしまうので、妻と二人で食事に出ました。

sP1080334.jpg

ということで、焼き肉にビールです。
たまたま行ったら、半額セールだったんですが、客は少なくてダブルでラッキーでした。
 娘の卒業式  2011/03/23 (Wed)
3月23日は娘の大学の卒業式。

妻だけで観てこいよって言っていたのですが、ごり押しで行こうというので、、、(^^ゞ
いまどき大学生の卒業に行く親いる?って思ってましたが、、、

sP1080315.jpg
2階席みると、結構います。(^^ゞ

工業大学なんで、女子はごく一部しかいません。
入学式は自分だけ参列して、この様子を見てましたので良く解ってますが。
そのとき娘に、「おまえ達女子は、製造過程でいうと、誤差の範囲だなぁ」とからかってました。
長女がそれ聞いて、大笑いしてたのをつい最近のように思うんですが、もうあれから4年も経ったんですね。

sP1080318.jpg

カメラを向けると、余裕でこっちにピースサインを送ってきます。(笑)
まぁ余裕あるのはいいことですね。

その前列の野郎は、自分にむけてセルフシャッター切ってますよ。
これは余裕ありすぎでしょ。

今回は東日本大震災のあとなので、卒業式も黙とうから始まりました。

今年は就職難で何十社も受けて落とされ、やっとの思いで採用もらった娘たちなのですが、
いろいろな意味で受難の年になりました。

3月20日の午後からは、逢妻交流館に向かい、ゆうスポットの中の企画の1つとして、ゴム銃工作を行いました。

作成モデルは、いつもの連発銃であるFAF07です。

sP1080282.jpg

今回は9名の参加でした。

バレルを逆さに付けた子もありましたが、なんとか皆さん完成できました。

sP1080285.jpg

出来上がったものには、マジックで綺麗に色塗りする子もいます。
花柄の銃もできあがりました。

sP1080284.jpg

あとは出来上がった銃で自由に遊んで貰いました。

なんとかゴム銃キットも間に合いまして、こうして楽しんで頂けて一安心です。
来週の26日もゴム銃工作がありますが、そちらは工作材から切り出しして貰うので、準備は楽です。
問題は時間内に出来上がるかだけですね。頑張りましょう。
今日は暖かい日になりました。
家の中に居るよりも外の方が暖かく感じます。

庭に植えたサクランボの木も満開になりました。

sP1080278.jpg

植えたばかりの小さな木なので、まだまだ風情が有るところまで行きませんが、綺麗に咲いてくれて心が和みます。

sP1080280.jpg

ミツバチも沢山きて、蜜を集めていました。

春を感じる日となりました。
3月20日は、乙部ヶ丘自治区の新しい集会所、どんぐりハウスのお披露目会でした。

私も午前中だけですが、顔を出してきました。

sP1080276.jpg sP1080248.jpg
左:新しくできた集会所「どんぐりハウス」  右:区長さんの手作り獅子舞。

9時半ころからイベントが始まってまして、私が訪れたときには既に獅子舞も始まってました。
区長さんが作ったといく獅子舞。どうやって造られたのか?凄いものですね。

sP1080250.jpg sP1080259.jpg
左:駄菓子屋さん   右:フリスビーでストラックアウト

sP1080271.jpg
紙芝居の読み聞かせコーナー

会場では、みたらしやフランクフルトのバザー、それにお子さんが楽しめるコーナーも幾つかありました。

sP1080257.jpg sP1080262.jpg

その中で、私の作ったゴム銃で、射的コーナーもやって頂けました。
あまり当らないので難しいんじゃないかと思ってましたが、結構当てて景品を持って帰ってくれまして、いつも子ども達が順番待ちで並んでくれていました。
気に入って頂けて良かったです。

集会所内では、区民の作品も展示してありまして、切り絵倶楽部の方の作品も展示してありました。

自分は昼からゴム銃工作もあるので、ここは午前中で退散しました。
 館長追い出し会  2011/03/19 (Sat)
3月19日は、いつもお世話になっている猿投北交流館の館長さんが、この3月で退職されますので、その追い出し会を行いました。

sP1080233.jpg
会場は、猿投温泉の猿投座。
飲み放題、食べ放題のメニューです。

sP1080247.jpg
向かいの川辺は、桜の木が沢山植えてありますので、4月になると夜桜が楽しめますが、さすがにこの日は桜は咲いていません。(^^ゞ

sP1080236.jpg
追い出し会といっても、みうち(ボランティア仲間)の集まりですので、こじんまりと行いました。

いつも気さくに接していただき、わたしらグループの活動しやすいようご配慮くださったことに感謝します。
長い間お疲れさまでした。
 20日の工作準備  2011/03/18 (Fri)
3月20日に行うゴム銃工作の準備を今週頭から初めて、やっと形になってきました。

sP1080218.jpg

本日は切りだした部品のバリ(ささくれ)取りをして、穴あけまで行いました。

今回は20名を対象としますが、予備を含めて30セットを用意。

それでも1セットに9部品ほど必要となるので、270ものバリを取るのにも一苦労です。

あとは竹ヒゴで回転軸とトリガー軸を切りだし、位置合わせをしながら袋詰めして完了です。
明日1日使ってなんとか準備できそうなので、ほんとうにぎりぎりでした。(^^ゞ

そんな中でも午前中は妻にひっぱりだされて、みよしのイオンに本日開店したユニクロに。

sP1080216.jpg
とても平日とは思えないくらいの人出でびっくりしました。

帰りにスポーツショップに立ち寄ってキャンプ用品を見てみると、「電池ランタンは一人1つまででお願いします」との張り紙がありました。
電池も単1と単2の売り切れになっているんですが、ここでも地震の影響があるようです。
自分はキャンプ好きで普段から持っているので、こんなときには慌てなくて済みます。
携帯ガソリン缶も売り切れしているようですね。
 まにあ道  2011/03/17 (Thu)
3月12日に行われた第6回中部地区ゴム銃射撃大会に取材に来て頂きました「まにあ道」さんですが、さっそく記事にしていただきまして、紹介されました。

ゴム銃道場 道場主さんを取材しました! 「第6回中部地区ゴム銃射撃大会」

とても解り易く、楽しさが伝わる内容にしていただきまして、ありがとうございました。

また、イメージガールのまゆみんのブログにも紹介くださっています。

まゆみんぶろぐ

さらに、動画もあります。

まゆみんに、色々なゴム銃の体験をして頂いた様子です。



9月にまた中部地区大会を開催予定ですので、今度も挑戦していただき、上位入選を目指してくださいね!!
 娘のお迎え  2011/03/16 (Wed)
パリとバルセロナへ行っていた娘が帰国したので、妻と二人で中部国際空港(セントレア)へ迎えに行ってきました。

空港へ入ると、大凧の展示が。

sP1080203.jpg
つい先日、凧上げしたので、目が行ってしまいます。(笑)
骨に太い竹がまるまる使われていたので、上げるものというよりも展示用なのかな。

さらに、「えびせんの里」にいくと、、、

sP1080211.jpg
看板横に、浮世絵風のモニュメント。

sP1080212.jpg
こちらも、切り絵で浮世絵を使っているだけに、目が行ってしまいました。(笑)
こうして見ると、美人画以外も切ってみたくなりますね。

さて、無事に娘と合流できたので、夕食をここで済ませて帰ることにしました。
軽いものがいいということなので、麺類のある若鯱屋へ入りました。

sP1080208.jpg

といっても自分は、かつ丼が好きなので、ミニうどんセットで頂きました。

娘が居ない間に、日本は大震災に見舞われて凄いことになってしまいましたが、こうして家族で暖かいものが頂ける幸せをかみしめないといけませんね。
家のポストをみますと、なにやら届いてます。

その、ずっしり重い封筒から現れたのは、これ!!

白牛's カーボンマスター

sP1080202.jpg

白牛さんからのプレゼントが届きました。

MB&FS 競技用 瞬間解放式単発銃です。

フレームに黒檀、グリップにはケヤキと贅沢な素材をふんだんに使い男心をくすぐります。
トリガーやトリガーガードにはアルミになっていて、強度にはまったく不安なし。

さらにこの銃の最大の特徴が、バレル部分とフォールドグループにカーボンを使っているところです。
黒いカーボンなので狙いをつけるとき、目になじみやすいのがいいですね。
さらにバレル先端に真鍮ピンが打ち込まれていて、狙い易い仕様になっています。

バレルはカーボンなのですが、フレームに黒檀をふんだんに使ってある関係、手に持つとずっしりとした重量を感じます。
しかも、グリップのケヤキは手になじむように、綺麗に削り込んであるのがにくいですね。
この2つのお陰で、照準をぴたりと決められます。

トリガーを引くと、輪ゴムが解放された瞬間に、「シャッキ」という軽い音が響くのはカーボン素材の特徴なのでしょう。

さて、命中精度は?ご本人のコメントでは、「悪い」とされていますが、なんのなんの、私の作った競技銃より遥かに良いですよ。
リアフックに若干のガタがあるようですので、これを少なくしてあげれば、さらに良く当たるようになりそうです。

すばらしい銃をありがとうございます。大事に使わせていただきます。


白牛's カーボンマスター

本体 黒檀
グリップ ケヤキ
銃身 カーボン
トリガー アルミ

 和凧作り最終日  2011/03/14 (Mon)
3月14日は、ものづくりサポーターの関係で、市内の小学校へ和凧作りの指導に出かける最終日です。
本日で4日目。自分の作った凧を空にあげてみる日です。

天候がきになるのですが、予報では14日のみ雨の心配があったんですが、なんとか持ちそうなので、実施しましょうとなりまして、出かけてきました。

上げ糸の結び方を指導し、出来上がったら直ぐに校庭へ移動。
班ごとに分かれて凧上げを楽しみました。
(写真撮影は禁止されていますので、画像はありません)

風が弱く、上げるのに苦労しましたら、時折吹く風にうまく乗って、大空にあがるととても楽しそうでした。
しかし、閉口したのは、凧糸が絡んでしまって、戻せない子が多くいたこと。
絡んだら糸を取り換えちゃいましょうとの打合せでしたが、あまりに多いので間に合いません。

自分は結局、絡んだ糸を戻すことばかりしていて、時間が過ぎてしまいました。(^^ゞ

そのあと、サポーターの皆さんが作った大凧の体験を子どもたちにして頂きました。

sP1080188.jpg sP1080189.jpg
大人の体と比較して、凧の大きさが解ると思います。
全部で4クラスあるので、4つの凧を上げました。

sP1080191.jpg
私どものクラスでは6角凧を上げました。
凧の張り具合で、上がり方が大きく変わりまして、最初は苦労しましたが、なんとか大空に上がってよかった。

子どもたちも交代で凧の揚げ糸を引いて、楽しんでもらいました。

これで今年度のサポートプログラムが全て終了。
色々な子どもたちと触れ合い、楽しませていただきました。

sP1080200.jpg
最後のあいさつのとき、自分の担当した班の代表として女の子から折り紙のプレゼントを頂きました。
外箱も折り紙で作ってあって、表には「ありがとう」の文字が。
中には、鶴やクジラ、オオムなどの折り紙がぎっしり入ってました。
いつもこれでいいのか迷いながら行っていますが、子どもからこういう反応があると、やってきて良かったと思えます。
良い思い出になります。

sP1080197.jpg
家に帰ると、庭に植えたサクランボの木のつぼみが綻びかけていました。
春もすぐそこまできていますね。
3月13日は、ものづくりサポートセンターに出向いて、今月26日に行うゴム銃工作の準備会を行いました。

今回自分を含めて、5名のサポータで小学生親子対象に15組をサポートします。
工作モデルはすでに1回実施済みのFAF10です。

昨年の12月21日に、サポータの皆さんに覚えて頂くよう、研修会を実施しましたが、
私の段取りの悪さで、完成できない方も沢山いました。

その時の反省点もふまえ、今回5名があつまって、再度内容検討を行い、あまった時間でFAF10を作成しました。
なにせ、工作材からゴム銃を完成させるまで、3時間で行うという内容ですので、シビアです。
色々ご意見を頂き、問題点を検討しました。

今回の最大の目的は、家に帰ってもゴム銃を作れるようなそんな手助けになる内容にしたいという点。
小学校低学年は保護者の方に頑張って頂き、高学年は自力で作れるノウハウを身につけてもらえれば成功です。

時間的制約もありますので、電動工具で切断時間を短縮しますが、工作材から作る手順はしっかり行いたいと考えています。

皆さんにとっても関心もって頂けているゴム銃ですので、家での工作にもぜひにも挑戦していただきたいと思います。
Template by :FRAZ
まとめ