back to TOP

admin |  RSS

2011-09

9月17日(土)は、かねてより準備してきましたゴム銃教室を行いました。
場所は東田自治区の区民会館で、依頼元は東田子ども塾です。

sP1100222.jpg
今回はホールに座り込んでの工作になりました。
後ろに座っていらっしゃるのは、講座の様子を見学に来た他地区の子どもの居場所作りの会の皆さんです。

参加者の子どもたちは当初33名との話だったのですが、当日来なかった子もあり、20名での実施になりました。
少なかったのは、午前中は雨が激しかったのも影響したのかもしれませんね。

小さなお子さんもいますので、東田子ども塾の世話役の皆さんに協力頂いてサポートして進めました。
お陰で問題なく全員が完成することができました。

銃が出来れば撃ってみたいものです。
今回は競技会も行いました。例のごとく紙コップを相手に狙います。

sP1100226.jpg sP1100227.jpg

ルールは単純。机に山積みされた10個の紙コップをテーブルからいくつ落としたかを競います。
2回おこなった合計点ですので、満点で20点。単発銃ですので、輪ゴムは5個をつかって行います。
全部落とすのは難しいかな?と思ってましたが、中には満点の子が数人居ました。

賞品は連発銃ですので、子どもたちは力が入ります。

sP1100233.jpg sP1100238.jpg

今の自分の順位が気になるものですね。得点表とにらめっこする場面も見られました。(写真左)
最終的に上位3名とブービーに私のゴム銃を進呈。その雄姿を写真に。(写真右)

sP1100240.jpg sP1100244.jpg

最後は私の持参した面白いゴム銃を体験してもらいました。
とっても元気一杯ですので、やりたい子を決めるためにジャンケンで。
それでも中には一度も体験できず泣きだす子もあって難しさを実感しますが、子どもたちの興味を引くことができたのは良かったと思います。
スポンサーサイト
 広川台小学校  2011/09/16 (Fri)
9月16日は、ものづくりサポーターで広川台小学校へ「しゃぼん玉」の指導に出かけてきました。

sP1100210.jpg

こちらは、本日で2回目の授業。そして最終日。

1日目では大きなシャボン玉をつくるための、おおきなフラッパーを作成し、それを使って色々なシャボン玉を作って楽しみました。

今回は私たちサポーターが用意した色々なフラッパーでどんなシャボン玉ができるのか、児童の皆さんにみてもらい、さらにシャボン玉の中に小さなシャボン玉を入れたり、シャボン玉のトランポリンなどの技を披露しました。
その中で一番の楽しみは、体がすっぽり入ってしまうジャンボなシャボン玉です。
これは液の配合がうまくいかないと、ジャンボシャボン玉になりません。
当初の配合で試したところ旨く出来ないので大慌て。配合し直してなんとか出来るようになって、やれやれです。

予定通りに子どもたちに楽しんでもらい、シャボン玉の技もうまく実演できました。

このあと、校庭に出て子どもたちに色々なフラッパーで楽しんでもらって授業終了。
シャボン玉の技を見て自分もやりたいって子どもも居て、とっても意欲的に遊んでもらいました。
 工作キット FMK02  2011/09/15 (Thu)
9月17日のゴム銃工作に向けてキットの作成をしていました。

sP1100208.jpg

今回は申し込み者が33名あったとの話があり、予備を含めて40セットの作成。
モデルは、斜面滑射方式のFMK02です。
お手本は、もちろんいわずと知れたオッグクラフト社のP210ちえみスペシャルです。
今回の注文で2回目の作成になります。

こうして作ってみると合わせ軸が無いので切り出しは楽ですが、
作るには貼り合わせが難しいかなぁと思います。

競技には向いていますので、工作のあとローカルルールの競技会を行う予定になっています。
 切り絵の日  2011/09/10 (Sat)
9月10日は切り絵の日でした。
当日は発明クラブもあったので、遅れて参加。

今回は秋のふれあい祭りに向けて展示する大判の切り絵を共同で作成する打合せです。

sP1100203.jpg

私が到着したときには既に割り振りが決めてありまして、自分の分まできっちり残っていました。
しかし、娘の事やら他の用事やらで時間が取れるか、かなり難しい。
なんとか外せないかとお願いしたものの受け入れて頂ける状態ではなかった。(^^ゞ

原画は以下の2点。

sP1100202.jpg

sP1100205.jpg

秋はお祭りのシーズンということで、棒の手の絵を選択。
自分の担当するのは下の写真のお拝殿の切り出し。かなり細かいものになりそう。(^^ゞ

sP1100201.jpg
当日は会員の方が新しく切り出してきたのがありましたので、またまた写真に収めました。

この日の午後4時から、別の会場でゴム銃工作の指導が入っていたので、ここの打合せを慌てて行ったあと、
急いでそちらに向かいました。(^^ゞ
本日は発明クラブと合わせて3つの用事が重なり大変忙しい日なってしまいました。
 ゆらゆらおもちゃ  2011/09/10 (Sat)
9月10日(土)は、お昼から発明クラブの指導の日になっていました。

sP1100197.jpg

今回作成するのは、「ゆらゆらおもちゃ」。

sP1100198.jpg

ガムテープの芯になる円筒のものをつかって、乾電池を錘にして、ゆらゆら揺れるおもちゃを作成します。
リーダーの先生が乾電池が無いとくるくる廻って行ってしまうものが、電池を貼り付けると動きが変わることをバランスや重力などをもとに上手に説明しました。
ドラえもんの絵のデザインになっていますが、ここらも子どもによって色々工夫するように指導がされて、個性を育てるようになっています。

子どもの好奇心をうまくそだてる良き題材だと感心します。

このあとゆっくりする間もなく、切り絵倶楽部へ走りました。
ご報告が遅れましたが、去る9月4日(日)に第7回中部地区ゴム銃競技会を実施しました。

sP1100119.jpg
当日は台風12号の影響で雨が降りしきるなか実施になりました。
会場は、地球市民交流センターの体験学習室3です。昨年に出来たばかりの新しい施設で、一番大きい部屋をお借りしました。

sP1100150.jpg
今回も各地の会員の皆さんから沢山の賞品を提供していただき、参加者以上の数になりました。
ありがとうございました。

会場の準備は皆さんが早くから集まってくださって順調に出来上がりました。
準備が済めば、いつものように簡単な挨拶から始まり、初めての方に競技の説明をダボ爺さんからして頂いて、競技開始。

sP1100121.jpg
天候が悪い中でも地球市民交流センターのHPを見て参加してくださった方もあり、賑やかになりました。

sP1100146.jpg
お昼は懇親会をかねて、会場で弁当を頂きました。
指を骨折された状態で参加くださった白牛さんは、自慢のダットサイト付きゴム銃を持参。
MB、FSの満点をたたき出しました。さすがです。

sP1100166.jpg
競技が終われば、面白いゴム銃のデモ。東京から駆けつけてくださったブラックさんのMAXシリーズの射撃はいつ見ても迫力あります。

さて、気になる競技結果は以下の通りです。

競技結果

来場者は飛びこみも含めて20名オーバーでしたが、エントリーは12名でした。
優勝はダントツの成績、138点でブラックさん。
準優勝は自己記録更新のコジソンさん。
3位は指の骨折をものともせずに果敢に挑んだ白牛さんでした。

次回の中部地区大会は三重で実施しましょうという話もあります。
予定通りでは来年3月になります。次回もまた沢山のご参加をお願いします。
台風12号が各地で猛威をふるっているさなか、明日の9月4日は中部地区の競技会です。

なんとか通り過ぎてくれるようなので予定通りに開催します。

それに向けて賞品用のゴム銃を作成しました。
今作れるのはこのFAF13ですね。すいません、いいのでなくて。

sP1100105.jpg

先日に東急ハンズに行った際に、変わった木目の端材があったので購入してきました。
それをグリップにつかったものです。2挺用意しました。
あまり変わり映えしませんが、どなたか貰ってくださいませ。

ということで、明日の競技会はよろしくお願いします。
 FFF01の修理  2011/09/02 (Fri)
いままで故障らしい故障をしなかったFFF01ガトリング銃が故障しました。
それは8月27日に持参した際に発覚。

sP1100108.jpg
どうやらモーターについているギアがズレたことによる事故のようです。

sP1100106.jpg
こちらがその心臓部。
このギアユニットの泣きところというべき、ギアの移動によって動かなくなってしまいました。

sP1100110.jpg
分解して、モーターを取り出し、ギア部分を瞬間接着剤で移動しないように固定。

組み上げると無事に動きましたが、、、、ギア部分に接着剤が乗ってしまったのか、、、、
ギアの音が激しくなってしまいました。
ケースをかぶせると、若干静かになりますが、面白くありません。
こうなるとギアの交換しかありませんね。
とりあえずは、壊れるまで使うしかないのかな。
 埼玉県へ  2011/09/01 (Thu)
今夜の10時ころ、娘が埼玉県の狭山市に向かって出発しました。

sP1100104.jpg

彼の出張を期に籍を入れて、一緒に行くためです。
もう少し早く出かける予定でしたが、色々あってこの時間に。
翌日の朝9時頃に狭山市の新しい住居に到着を目指すようです。
ほんと、若いと無理するからねぇ。

居眠り運転の無いようにすぐに休むようにと言い聞かせました。

娘は1週間ほどで一旦、単独で戻ってくるようです。
Template by :FRAZ
まとめ