back to TOP

admin |  RSS

2012-01

 厚生病院の撤収  2012/01/31 (Tue)
本日は厚生病院のエントランスギャラリーへ切り絵を展示する最終日。

なので、会員の皆さんで撤収に行ってきました。

sP1110851.jpg

13時集合なのですが、私が15分前に着いたころには殆ど片づいていました。

今回も沢山の感想を頂いておりました。
内容を読むと、とても良い評価を頂き大変ありがたいです。
こうして毎年1月に干支の切り絵を展示させて頂いておりまして、毎年見て頂いている方もいて下さるようで、作品の技術向上にも目を向けて感想をくださる方もありました。

また来年の1月に展示させて頂く予定でおりますので、さらなる良い作品を展示できるよう頑張ります。
スポンサーサイト
 FAF14 ハンドガン  2012/01/30 (Mon)
最近新作の設計をしていなかったので、なにか作りたいとおもい図面を引いてみました。

あたらしいデザインのハンドガンでと思って作ったのですが。

sP1110852.jpg

出来上がってみると、いままでのものとあまり代わり映えしませんね。

sP1110854.jpg

内部構造は、いつもの3角回転翼です。
最初から捻りバネを使うつもりで設計していますので、トリガー引き用の輪ゴムを通す部分は考慮していません。
いわゆる工作モデルではなくワンオフモデルですが、モデルとなるガンはありません。

いまいちの形なので、さらに別のものを設計したいですね。

名称:三角翼連発銃 FAF14 ハンドガン
全長:260mm  銃身長:197mm 全高:114mm
適合装弾:オーバンド#16
発射方式:瞬間解放方式セミオート連発
装弾数:6発
材質:ヒノキ、パドック、ABS、シナベニア
1月29日は、今度行われる「50連射のゴム銃工作」に向けての準備会でした。

私を含めたものづくりサポーターの皆さん5名で、朝からあつまって必要となる部品の切り出しです。

sP1110840.jpg


sP1110841.jpg

全部で25セットを作成。一人で切り出すと何日もかけて切るのですが、協力して作成すればおおよそ半日で作成。とてもありがたいです。

午後からは作った部品をつかって完成品を作ってみます。
今回の作成時間は約45分程度ですので、当日のお子さん向けには1時間半ほどの時間で作れるんじゃないかと予測します。
2時間の講座ですので、残りの時間は輪ゴムの掛ける手順の説明と、色々なゴム銃で遊ぶことに使えば丁度よい時間になるんじゃないかと思います。

午後3時からは、わざわざ安城市の公民館の職員の方が見学に来て下さいまして、安城市でゴム銃工作を行って欲しいとのことで、その打ち合せです。
今までの工作講座のお話をさせて頂きまして、どんな工作にしていくのかこれから詰めていければと思います。
ご希望は夏休み工作に合わせて行いたいとのことなので、日程は7月29日ころになりそうです。
正式に決まってきましたら、またこちらで報告させて頂きます。

 切り絵倶楽部  2012/01/28 (Sat)
1月28日は発明クラブのあと、切り絵倶楽部に走ります。

sP1110834.jpg皆さんと一緒に写真から切り絵を起こす作業を行っています。
それぞれ、工夫されて作っているところを見ると私自身色々刺激をうけます。
自分が到着した時間は午後3時ころでしたので、みなさん殆ど終わりかけ。
自分も出して切ろうかなぁと思ったのですが、すこし集中できそうになかったので、また自宅で作業することにしました。


sP1110838.jpgこれは、その中で殆ど完成された切り絵です。
なかなかの雰囲気があって、見るものに感銘を受けます。

自分の切っている図案とまったく違ったものになっていますね。
同じ写真であっても、それぞれの個性が出てくるように思います。

自分も個性あるものができればいいのですが、まだまだ難しいですねぇ。



 電動プロペラカー  2012/01/28 (Sat)
1月28日は、発明クラブで電動プロペラカーの工作指導に出掛けてきました。

sP1110833.jpg

この1年で習ってきたことの集大成として、この作品を作成します。
単純に作成するだけでなく、いままでの1年で習ってきた仕組みを網羅しながら、自分なりに工夫し、完成したもので競技会を行います。

競技はこの完成した電動プロペラカーで空のペットボトルを並べ、ボーリング形式でなぎ倒すもの。
この為には真っ直ぐ走ることが大事で、しかも効率良くはしること。また奇抜な工夫も大事な条件。
単純なことですが、与えられた材料で作りあげるにはなかなか難しいこと。

3月3日に行われる予定になっていますので、いまからとっても楽しみです。
明日は発明クラブと、切り絵倶楽部があるので、その準備をしなきゃなりません。
加えて、日曜は50連発のゴム銃の準備会があるため、その準備もあります。

切り絵倶楽部のほうは、明日までに頭髪を切っておかなきゃなりませんので、ぜんぜん手を付けていなかったものを慌ててやることにしました。

顔は難しいんですね。何度も手を加えて、書き直し。
やっとこれくらいでどうや?って描いたつもりですが、こうしてみるとやはり似ていません。

sP1110824.jpg

そうは言っても拘り続けると先に進めませんので、こんなところで妥協です。
髪の毛はあいかわらず手抜きモード。

sP1110826.jpg

で、いちおう髪は切り出しできました。なんとか間に合ってよかった。(^^;;;
あまり綺麗じゃないけど、勘弁くださいませ。
 伊勢神宮参拝  2012/01/25 (Wed)
氏子の役の関係で、1月25日は再び伊勢神宮へ参拝に行ってきました。

sP1110768.jpg sP1110767.jpg

今回は、地元の氏子さんが集まった参拝ですので、観光バス2台での行動です。

sP1110772.jpg sP1110774.jpg

最初は内宮へ。正式参拝ですのでお清めも五十鈴川で行いまして、内宮の本宮へ。
一般参拝の1つ前まで入って行きました。

sP1110776.jpg sP1110780.jpg

そのあと、神楽殿でお神楽を30分拝見致します。写真左は案内されるまで待っていた時のもの。中の写真は撮影禁止なのでありません。
写真右は、おはらい町の様子。平日にも関わらず人でごった返しています。本当にびっくりです。

食事までの40分間だけ自由行動の時間が貰えましたので、折角なので豚捨に行くことにしました。

sP1110788.jpg sP1110790.jpg
豚捨についてみると、ここも平日とは思えないくらいに人が並んでいました。どうせすることがないので諦めて並びまして、約10分ほどでコロッケをゲット。家にもお土産で持ち帰りを購入しておきました。

sP1110792.jpg sP1110791.jpg
次は3日の日に行けなかった白鷹へ。やっとありつけた白鷹の日本酒5杓。
やっぱり美味しい。時間が無いので、ゆで卵を慌てて剥いてお酒をクッイと喉に通しました。

sP1110800.jpg sP1110811.jpg
その後、昼食を頂いたあと、猿田彦神社へ参拝。(写真左)
さらに外宮へ参拝。(写真右)

猿田彦神社では「みちびきのお守り」を購入しました。天国への導きじゃなく、余生を良い方向へ導いて貰えるようにと思いでの購入です。

外宮では、パワースポットで注目を浴びている三ッ石や亀石に触れてきました。
これで少しは御利益があるといいですね。

忙しくまわった伊勢神宮の参拝も午後6時に帰郷しまして無事に終了しました。
 サポーターの役得  2012/01/24 (Tue)
ものづくりサポートセンターへ用事があって行ってみると、先生から手渡されたものが、これ。

sP1110818.jpg

実は今月の13日と16日の2回に渡って、和凧の工作と凧揚げの指導に小学校へ行ってました。
その時に関わった児童から私宛に届いたようです。
まさに、ものづくりサポータの役得ですね。

そういえば、最近はこいういうものを貰っていませんでした。
やはり頂けると嬉しいものです。

sP1110820.jpg

一人一人からしっかりした文書で書いてくれています。
いつも終わったあとは「これで良かったのかなぁ」と反省ばかりなので、こんな言葉を頂いていいのかと思ってしまいますが、中を開いて読んでいる時は少しは役に立っているんだと嬉しく思います。

子ども達も、これを機会に色々な事に興味をもって挑戦していってくれるといいなぁと思います。
本日放送されました、NHKスペシャル「ヒューマン なぜ人間になれたのか」は感動ものですね。

sNGCS1012.jpgNHKスペシャルは大好きで何時も欠かさず観ています。
今回から新企画のヒューマン・シリーズが始まりました。

人間と人間以外の動物との違いを見つめていく内容です。

観ていて感銘を受けたのは、チンパンジーと人間とのDNAはわずか1%しかないのですが、実験の結果では協力しあう心があるか無いかで大きく違うこと。

家族で食べ物を分け合うことはもちろん、他人でもわずかの食べ物を分け合うことが出来るのが人間だということを今回の放送で示してくれています。

以前、子どもの頃だったかSFのコミックで読んだ記憶があるのは、いつも争っている地球人を観察していた宇宙人が、嫌気をさしてついには滅ぼしてしまう話。
確かに戦争を繰り返している人類ではあるのだけど、ここまで進化した過程には、苦しいときでも助け合う心があってこそと教えてくれます。

それは今の引きこもりや苛めを繰り返す人たち、この日本人さえ例外なくDNAで引き継いでいるということ。
人は決して一人では生きていけないことを教えてくれました。

人は、まだまだ捨てたものじゃないってことなんですね。


NHKのホームページから引用:
http://www.nhk.or.jp/special/onair/human.html

人間とは何か。
人間を人間たらしめているものとは一体…。

現在、地球上に70億人いる人類。民族、宗教、イデオロギーは様々ですが、誰もが共通して持つ“人間らしさ”があります。それは20万年という進化の過程で祖先から受け継いできた、いわば“遺伝子”のようなものです。絶滅すら招きかねない環境変動、立ちはだかる強敵、集団間の対立などを乗り越えていく過程で“遺伝子”は生まれ、受け継がれていきました。そして、それは今も私たちの行動を左右しています。

震災からまもなく一年。
私たちはどのように生きるのか。私たちの底力とは何なのか。
考古学・人類学・動物学・脳科学・心理学などの最新成果をもとに、すべての人類に受け継がれている“人間らしさ”の秘密に迫ります。


再放送予定:
2012年1月26日(木)  午前0時15分~1時09分 総合 (25日深夜)
1月21日の夜は名古屋の金山まで出掛けて、バイク仲間と新年会を行いました。

sP1110746.jpg

今回は9名の仲間が集まりましての新年会。

毎年こうして新年に集まって、今年の交通安全を祈りまして、楽しく騒ぎます。
ツーリングは3月から始まりまして、本日はその日程と行き先も検討しました。

今年も1年よろしくお願いします。そして無事に帰宅できますように。
1月21日は切り絵の日でした。

今回から写真から切り絵を起こすことに挑戦です。

題材はマリリン・モンローの写真です。
まずは写真にトレーシングペーパーをあて、鉛筆でデッサンします。

sP1110766.jpg

なかなか難しいのですが、自分がデッサンしましたのは、こんな感じになりました。
人の顔を似せるのは難しいですね。モンローには似ても似つかいないものになってしまいました。

これから髪の毛を切り出します。出来上がりがどうなりますやら。(^^;;;


下の写真は今回も会員さんが切ってきた切り絵です。
ご覧ください。

sP1110739.jpg

sP1110740.jpg

sP1110741.jpg
2月19日はあったかフェスタの参加者ミーティングの2回目がありました。

久しぶりの雨の中、会場となる保見交流館へ行ってきました。

sP1110724.jpg

今回は必要備品の申請と会場レイアウトの打ち合せ。

自分の要望はほとんど通りまして、まず問題なく行けそうです。
あとは当日にどれだけ来場くださるかだけですね。
 バレル作成治具  2012/01/18 (Wed)
2月12日の工作に向けて、バレル作成用の治具を作ってみました。

sP1110726.jpg

これだけを見ると、なんに使うのかなぁと思ってしまいますが、下の写真にあるFFS04のバレル部分を組み立てるのに、アシストする治具です。

sP1110727.jpg

FFS04は殆ど貼り合わせるだけの簡単な構造で作りやすいと思います。
しかし、バレルだけはちょっと難しいかもしれません。
バレルは4枚の板を井の形に貼り合わせするんですが、きっちり押さえながら貼るのは小さいお子さんにはハードルが高いかもしれません。

sP1110725.jpg

そこで、4枚の板を上の写真のように差し込みするだけで、押さえて置いてくれるので、位置をゆっくり合わせることができるんじゃないかと思い作ってみました。

ただ、これがあると万能かというとそうでもなく、なんせ板は乾くと次第に歪んできますので、材料として真っ直ぐなものが少ないため、片方だけを押さえても、全体が均一になりません。
ここらへんが、この治具を作った誤算だったのですが、それでも少しは楽に作れるようになるんじゃないかと期待しています。
sP1110714.jpg荷物を運ぶのに便利じゃないかと、ラジオフライヤーのバッタものをオークションで購入しました。
しかし、組み立て式だと聞いていましたが、まさかこんな形で来るとは、ちょっと見てびっくり。
しかも、組み立て手順書もなければ、部品表もありません。
これ欠品あったらどうすんでしょうね。

しかたないので、自分でどうのこうのと思案して組み立てることにしました。


sP1110716.jpg一番難解なのは、前輪部分。
どういう順番に組み立てるのが正解なのかさっぱり解りません。
正直、沢山あるネジも、どこに使うのかさえ解らないのですが、順にここでなきゃおかしいという消去法で埋めていき大体の見当がつきました。

そんなふうにして前輪部分のネジも見当をつけて組み立てること3回目くらいに、やっとよさげな組み合わせを発見。
といいつつも、若干の不満点も残るのですが、他に組み立て方を思いつかないので、このまま行くことにしました。


sP1110723.jpgやっと完成したのがこれ。
しかし雑な作りですね。
塗装は剥げているし、荷台は折り曲がっているところもあったりします。
さらに荷台に付ける木枠?も堅さが不十分で、ネジを締めていくとネジが木に埋まっていく始末。
ですので、ぐらつきが納まるまで締め付けることが出来ません。

このサイズで通常買うと1~2万円するものですから、格安なだけに内容もそんなものかと思うしかないのかもしれませんね。

エアータイヤで最大積載量も80KgまでOKとのことなので、購入することにしたのですが、荷台の木枠は心細すぎです。
ハンドル部分もグラグラで自立出来ないのですが、本物もそうなのかしら。
輪ゴムとかスプリングで本体に引き寄せるような改造が必要のようです。

ともあれ、タイヤはベアリング入りなので、荷物を入れて引くには問題なさそう。
心配なのは、ブレーキが無いので坂道には放置ができないこと。


 フリマ  2012/01/15 (Sun)
フリマへゴム銃を出そうかと検討中。

sP1110663.jpg

そのため、いちおうは自作のゴム銃を並べて撮影。
こうしてみると、対した物はつくっていないことに気がつきますね。

新しいゴム銃の設計が急務です。もちろん、作成し易いものが一番いいんですが。
材料費もここ最近、値上がりしてますので頭が痛い。
Template by :FRAZ
まとめ