back to TOP

admin |  RSS

2012-04

 埼玉から  2012/04/30 (Mon)
4月30日は、昨夜飛び込んだ長女夫婦の家から、長女夫婦と一緒に愛知へ帰宅します。

折角こっちに来たのだから、コストコへ寄ってから帰ったら?との提案で立ち寄ることに。

sP1120849.jpg
ばかでかい敷地の中にある店舗。さらには第四立体駐車場まであるから、全部の面積がどれだけ大きいのか計り知れません。

sP1120851.jpg
GWでもあって駐車場に入るにも一苦労。店内は大勢のお客でごった返しています。
ショッピングカートの大きさにもびっくりしますが、なにを取っても大量買いするものばかりで小さな家族ではもてあまします。
お値段は人件費を徹底的に削って下げているとか。
品揃えも、家電からスポーツ品、食料品からお酒まで、幅広くあるので、全部見るには時間が掛かりすぎます。
自分はお酒とピザをお土産に買ってきました。ポータブルナビにもちょっと興味を引かれましたが、寸前のところでお見送り。(笑)
帰りの客は大量に購入された方ばかりで、荷物のおおきいこと。エレベータ乗るにも一苦労でした。

次は大型のホームセンターがあるというので向かいました。

sP1120853.jpg
場所は既に東京になるそうですが、ジョイフルホンダというお店。
自分がゴム銃を作るので、いいものがあるかもしれないとの長女の心使いです。
何せ大きな店舗ですので、エスカレーター1つ撮してもこんな状態。これがホームセンターですから、地元にはまずない大きさです。
さっそく工作材の所へ行ってみましたところ、特別珍しいものもなく、変わったサイズのものも無かったので、不足しているサイズの工作材を少々購入して店を出ました。

このあと中央高速を走って無事に愛知へ帰宅。心配していた渋滞も土岐で少々あったくらいで順調に帰れました。

自分が夜行バスを使った同じ日に、金沢からTDLへ向かった夜行バスが大事故を起こしTVを賑わせていました。
この情報は、昨日のトークショーで大谷さんから聞きまして、びっくりしていたのですが、Mixiの皆さんも自分が夜行バスに乗ったことを知ってご心配かけました。

GWの慌ただしい2日間が過ぎましたので、今度は4日に行うゴム銃工作と、長女の挙式の準備に追われます。
スポンサーサイト
4月29日に行われる「ゴム銃射撃 お台場大会&トークショー」に出掛けてきました。
イベント大好き人間にとって、とても魅力的な企画ですので、真っ先に手を挙げてしまった訳です。(^^;;;

初めは開始が午後からということもあって、新幹線で行こうかとも思っていましたが、次女も一緒に行けるかもとかの話しもあり、うだうだしていたら時間が過ぎてしまいまして、気がつけば1週間後に迫ってました。
そんな時に、娘達が良く利用する夜行バスの選択があるという情報も出て今回は初体験の夜行バスを使うことに。
しかし、肝心の娘は仕事が休めずにパスになってしまいました。

sP1120767.jpg sP1120778.jpg
そんな事があって28日の深夜に、豊田市駅から夜行バスに乗車。GWもあって沢山の乗客に、沢山のバスの列に圧倒されました。バスに乗っている時は景色が見えませんが、休憩時に外に出てみるとどうやらルートは新東名を走っているようです。
東京には予定よりも30分以上も早く着き、山之手線から新橋でゆりかもめに乗り換えてお台場に向かいました。

sP1120791.jpg
朝8時まえにはお台場に来てしまったので、どこも開いていない状況に、右往左往しながら(^^;;;
結局は、ダイバーシティ東京の前のガンダムを眺めながら時間を潰していました。(笑)
写真は、等身大のガンダム像の前で楽しげにポーズを取っている女性。小さく足下に映っていますが、解りますか?

時間も午前10時頃になったので、そろそろ開くだろうからという事でパレットタウンへ向かいます。
時間にゆとりがあるから、所用を済ませてとトイレに寄ると偶然にも、おんちゃんとバッタリ遭遇。
私より先に気がついて頂きまして感謝です。ここから一緒に、東京カルチャーカルチャーへ向かいました。

sP1120806.jpg
写真がその会場。既にブラックさんが入り口で待機していまして、ほどなくハンターさんも合流。

sP1120807.jpg sP1120812.jpg
会場入りして、早々に荷物を搬入しつつ手分けして設営に掛かりました。
お土産の扇子にご満悦なハンターさん。(写真左)
今回のイベントに初お目見えになった「精密射撃用ゴム弾」(写真右)

設営も終わると、リハーサルも本番さながらに進めて、いよいよ本番スタートの緊張が高まります。

sP1120816.jpg
テリー植田さんの進行のもと、入場するハンターさん。ソンブレロ姿がばっちり決まっています。
写真は間に合わずに後ろ姿になってしまいました。(^^;;;

sP1120819.jpg sP1120824.jpg
トークショーは、射撃協会の紹介から、共和の東京支店長である間瀬さまを交えて、オーバンドの紹介まで非常に濃い内容で進んでいきます。
あらためて勉強になることばかりで、聞いて飽きることがありません。

sP1120827.jpg sP1120839.jpg
さらには、色々な面白いゴム銃の射撃デモを実演。最後は会員以外の方を対象に競技を行いました。
競技内容は紙コップをいち早くテーブルから全て落とすか、タイムを競うもの。
予選では6個の紙コップを使って競いました。

sP1120840.jpg
こちらは決勝。決勝は3個の紙コップで4名同時に。
優勝した方から副賞として賞品を進呈して、今回のトークショーを終わりました。

sP1120843.jpg sP1120844.jpg
会場を撤収したあとは、懇親会でも行いましょうということで、ここお台場で場所を探しました。
写真左は、撤収の合間に、ブラックさんが披露してくれた3連射のバックスピン銃。
写真右は、中華料理店での懇親会の様子。
懇親会には、Zuma2さんも合流して10名で実施。

非常に良く晴れた五月晴れの日になりまして、暑い位だったので汗もたっぷりかきましたが、夜までしっかり楽しませていただきました。

このあと自分は埼玉に居る長女夫婦の家へ飛び込んで休ませてもらいました。
 FFS05 動画  2012/04/28 (Sat)
電動マシンガン FFS05の動画を上げておきましたので、紹介します。



YouTubeの動画編集機能を使ってBGMを入れたのですが、かなり五月蠅いものになりました。
音が大きいので注意してください。
こんな注意するくらいなら取ればいいんですが、自分的に面白いのでこのままです。

装弾数は110発ほど掛けています。

お時間ありましたらご覧ください。
 メ~テレの取材  2012/04/27 (Fri)
本日は、午後1時半ころからメ~テレの番組「ドデスカ!」から取材がありました。

自慢のゴム銃を見せてくださいと言った内容ですが、紹介はダボ爺さんからです。
良く晴れた日になりまして、6名の取材班ですので、狭い部屋は熱気でむんむんです。(^^;;;

sP1120749.jpg
さらに今回はテンガロンハットの姿で撮影です。こういうの被ったことないので、どんな風に映っているのか?(^^;;;

sP1120756.jpg
こうして自分の銃や頂き物の銃など沢山並べての撮影もして頂きました。
いつもは段ボール箱に押し込んでいるので、こんな風に綺麗に撮して頂ければ銃も喜んでいることでしょう。
ありがとうございます。

sP1120758.jpg
撮影は午後6時半ころまでかかりまして、最後はリポーターで来てくださったタレントの宮坂木実さんとツーショット。
自分の手にしているのは、電動ガトリング銃 FFF01です。木実さんが手にしているのは、白牛さんの競技銃と、私の作品のショットガン、ラバーランチャーですね。

作品の収録は、このFFF01と、ツインドラムの電動ガトリング銃 FFS02、あとはバスーカ―砲が主体でした。

放送日は、来週の金曜日、5月4日です。「ニホンど真ん中遺産」の中で、3名の名人の中の1人として紹介されるそうです。私の割り当ては、時間にすると2分程度の尺になるそうです。

どんな風に編集されるのか楽しみです。

また、5月4日のゴム銃工作、5月13日の美人伝心フェス、7月1日の中部競技会のPRもお願いしておきました。
先日から作り初めていました、電動マシンガン FFS05が完成致しました。

sP1120734.jpg
メインスイッチをどのように、どこへ付けようか、迷っていたために全然完成できなかったのですが、ついに踏ん切り付いたので、一気に完成させました。

sP1120737.jpg
モーターのカバーはむき出しになっていてもカッコイイよ!って声がありましたので、どうしようか悩んだのですが、最終的に半むき出し状態?にしました。
10ミリの角材を格子状にしてカバーとしています。
電池交換のことを考えると、ワンタッチでカバーが開閉できるのがいいのですが、今回は小型だけにスペースに余裕ありませんので、ネジ止めです。
そんなに電池喰わないので大丈夫でしょう。ってのは私の安易な考えです。

sP1120735.jpg
バレルは今回は装弾数を稼ぐために8バレルにしました。
おおよそ110発ほどセットできる長さの糸にしました。

sP1120746.jpg
糸の巻き取りの糸巻きは自作ですので、形が歪です。(^^;;;
モーターからワンタッチで外せるようになっていて、糸の回収が楽にできるようにしています。
というか、何度も外して居る内に緩くなってきたので、今度は落としてしまう心配も出てきました。(^^;;;

動力ソースは、タミヤのハイパワーギヤ―ボックスHEです。
2段階の速度が選択できますが、高速モードで組み上げていまして、おおよそ秒10発程度の発射速度です。
100連射も10秒そこそこで撃ちきってしまいます。

トリガーはFFS02を作成した際に電動ドリルのモーターを抜き出して使ってしまったものの残りのスイッチを無理矢理丸棒に取り付けて使用しています。
そこから出た配線は極力見えないように取り回しましたが、無理がありますね。

置いても座りがいいのと、いままでの電動マシンガンの中で小振りなので持ち運びがいいのが特徴です。
今度のお台場トークショーがデビューとなる予定でしたが、メ~テレの取材の方が先になりました。
今後はFFS02の2番手で活躍するものとなります。

関連記事
再び電動マシンガン
電動マシンガン その2
電動マシンガン その3
FFS05 動画

===仕様詳細===
名称:FFS05 電動マシンガン
全長:500mm  銃身長:290mm 全高:190mm
適合装弾:オーバンド#16
発射方式:ストリングリリース方式
装弾数:約100発(バレルの構造や糸の長さによって装弾数に影響します)
材質:ヒノキ、ラミン、アガチス、アルミ
4月22日(日)は上山田温泉から帰省です。
天気予報を何度見直しても、名古屋は朝から雨。
こちらはかろうじて雨は降っていないものの、時間の問題です。

朝食は7時から取れますが、時間をずらして7時半に向かいました。

sP1120708.jpg sP1120709.jpg
昨夜と同じ会場で、バイキングの朝食を頂きます。

sP1120712.jpg
昨夜はあまり食べるものが無かったのですが、今朝は自分の好きなものが沢山あります。
でも食べきれませんので、悩んだあげくこのメニュー。コーヒーカップに入っているのは山芋です。(笑)
充分お腹も満たされまして、宿を出る支度です。
雨は覚悟ですので、はじめからカッパを着ての出発。

sP1120717.jpg sP1120722.jpg
写真は駒ヶ根SAでのもの。
雨が解っていたので、自分はパニアケースを搭載して防水対策です。
仲間はしっかりカッパ姿です。
ここまでは何とか雨に降られずに済んできましたが、替わりに強い横風に仰われて走る高速は怖くてしかたありませんでした。

ここ駒ヶ根出てから雨も降り始めまして、飯田付近から雨も本降り。
休憩も惜しんで一気に駆け抜けて、12時半には帰宅していました。

二日間の走行距離は616Km。宿泊には近いところでしたが、なかなかツーリングに出られない自分に取っては丁度よい距離でした。
今年は寒かった関係、桜の開花も遅れていて各所で見頃の桜を見ながらのツーリングはとっても快適。
仲間との馬鹿話もまた楽しく、よい2日間を過ごせました。
 上山田温泉へ  2012/04/21 (Sat)
4月21日はツーリングクラブの仲間と長野の上山田温泉までお泊まりです。
しかし天候は思わしくなく、本日はいいものの、明日の日曜は雨天に決定しています。
いつもなら車で行こうよっていう声も出そうなのですが、今回はそのままバイクで行くようです。(笑)

高速を使った距離はおおよそ250Km程度。
そうなれば早く着き過ぎてしまいますので、行きは下道だけで行くことになっています。

sP1120650.jpg
最初の休憩場所、41号沿いの飛山。
見事なまでのサクラの花が咲いていました。

sP1120665.jpg sP1120674.jpg
こちらも道の駅。桜が綺麗に咲いていましたので、思わず集合写真にも納めました。
ルートは41号を北上し、高山経由、安房峠を抜け、松本をかわしつつ、上山田温泉へ向かいます。
明日の天気が悪いせいなのか、上高地付近でも車が少なく快適に飛ばせました。

sP1120678.jpg sP1120683.jpg
今夜お世話になる、リバーサイド上田館です。
部屋に入ると既にふとんが敷いてあって、人件費の節約をされています。
一部屋3名で泊まると6800円で、朝晩バイキングの飲み放題食べ放題の宿、伊藤園グループのお宿なのです。

4時に宿に入ったので早速温泉に浸かりましたが、大浴場というにはほど遠い小さな湯船でした。
そんな湯船に大勢のお客があって、ひしめいて芋洗いのような状態で入るのは少しげんなり。
まぁ安いので文句も言えませんが。(笑)
宴会は7時にしましたので、それまでの時間は温泉街を散策。
しかし、こちらも余所と同じくシャッター街になっていまして、歩いても楽しめる所もなく、部屋で呑む焼酎を仕入れるだけで戻ってしまいました。

sP1120703.jpg
7時15分になるとバイキングの夕食の時間。
大勢のお客で一杯になっている会場で、好きなものをつまみつつお酒もたっぷり頂きました。
お酒は生ビールに、日本酒に、ウイスキーに、焼酎。銘柄はよく解らないものでしたが、酔ってしまえば同じです。(^^;;;

時間は1時間半ですので、9時には追い出されまして、続きは部屋で呑みます。
そんな夜も深夜12時には疲れが出て就寝です。
久しぶりのツーリングを満喫した日でした。
本体と銃身をドッキングして配線すれば、ほぼ完成。

sP1120643.jpg

試射してみると、思惑通りに動いてくれます。

sP1120644.jpg

いわゆるストリングリリース方式。
構造が簡単なので、ジャムリが無く、本番に強いのがありがたい。

あと、メインスイッチの配置と、本体のカバーをなんとかすれば完成です。
今度は、先に作った8バレルの銃身を回転させる動力源の検討です。

sP1120616.jpg
向かって右側は以前に組み立てて使ってみたミニモーター低速ギアボックス(4速)。
小さなモーターを使っているので、スペース的に楽なので、今回も使えたらいいなと思いまして試したところ、やはりパワー不足。
しかたないので諦めて、向かって左のもの、ハイパワーギヤ―ボックスHEに切替えました。
これはトルクもしっかりあるので、なんなく引っ張ることができました。

写真では低速ギヤ―になっていますが、高速ギヤ―でも動きますので、実際の使用は高速モードでいきます。

sP1120618.jpg
トリガーは、以前にハンドドリルを分解してモーターだけ取ってしまったものの残りのスイッチを使います。
これを丸棒に無理くり取り付ければ、それらしい雰囲気になりました。(笑)

ここらへんは作成時になかなか図面が引けません。
現物あわせで試行錯誤の繰り返しです。
100均でこんな木材を見つけたので、なんか使えないかなと購入。

sP1120326.jpg
外径が30φの円筒形のもの。木の種類はなんだろうか。木目がなく少し重い感じがしますが、加工はしやすそうです。

sP1120327.jpg
とりあえず、こんなものを2つ切り出しました。

sP1120329.jpg
さらに、20ミリ幅のヒノキを切り出して、8つ作ります。

sP1120331.jpg
それを組み合わせると、8銃身のバレルが完成。これを使って電動マシンガンにしてみます。
100均の木材は切らずにそのまま使用です。
仕事の途中、100均のSeriaに寄って物色してましたら、こんなものを発見。

sP1120619.jpg
速乾ボンドです。いままで速乾は見たことなかったので、思わず買ってしまいました。

sP1120620.jpg
ノズルの先端が細いタイプなので、細かいところに塗布するときや、少量だけ必要なときに使えそうです。

 桃の花が見頃に  2012/04/15 (Sun)
わが地元の桃畑。そろそろ桃の花が見頃になってきました。
本日は地元のコミュニティー会議があったので、その帰りに桃の花を撮影してみました。

sP1120600.jpg

桃の花が咲き出しますと、それに合わせて、市外ナンバーの車も沢山来くるようになりまして、至る所で路上駐車して花の観賞をされています。
見に来てくださるのはいいのですが、どうしてもよそ見運転になっていて、注意が散漫。
こちらが後ろに付いて走っていることも気がつかずに、身勝手な動きをするので、怖くて仕方ありません。
気をつけて運転してくださいよ。1つ間違えば大事故になりますからね。

sP1120605.jpg
こちらの写真は川岸から撮したところ。
ピンクの帯になって桃の花が見えます。

sP1120612.jpg
こちらは、展望台に上がって撮してみました。
こうして俯瞰してみると、まだすこし花が満開にはなっていないようですね。
これから1週間ぐらいが見頃なのでしょう。

運転には注意して、沢山の方に見に来てくださいね。
展望台は、この桃の花を眺めるために地元の有志で建てたものです。
鑑賞されるときは是非利用してください。
場所は、舞木町集落センターになります。(クリックすれば地図にリンクします。)

良く知っている方も多く、本日行ったときにも多くの見学者がいらしておりました。
昨年11月に出来たという大きなホームセンターがあると聞きつけて行ってきました。

sP1120571.jpg
スーパービバホーム長久手店です。
写真は、お隣にある「カネスエ」というスーパーの駐車場から、俯瞰して見たところです。

Googleの航空写真でみると、この辺りは何もなくて更地になった状態で写っていますね。
もちろん、「カネスエ」もありません。

さて、店内は、1階が生活館、地下1階が資材館になっています。ちなみに2階は駐車場。

sP1120576.jpg
写真は地下の資材館。

店内は全体にとっても広く、品ぞろえがよさそうなのですが、、、、
自分の欲しい檜の工作材は殆ど種類がありません。
これがとっても残念。

唯一収穫があったのは、ヒラサダしか扱っていないと思われた5ミリのアルミパイプがあったこと。
普通売っているアルミパイプは肉厚が0.5ミリが殆どで、外径5ミリで肉厚が1ミリの物はヒラサダしか扱っていませんでした。
ここでそれに対面できて一安心。また1つ工作できそうです。
4月14日は発明クラブ。今年度の初日になります。
小学校1年から2年生になったばかりですから、とっても幼くみえます。
そう思うと昨年度の2年生も同じだったでしょうから、1年で随分としっかりしてくるものだなぁと感心します。

sP1120564.jpg
本日はカラーボールの作成。
平面のシートを貼り合わせて球体を作るもの。

それより以前に、本年度初日ということもあり、クラブの決まりをしっかり指導し、また道具などの扱い方も覚えてもらうことに重点をおいた日になります。

今回は特にカッターを怪我しないように扱う勉強を行いました。

sP1120565.jpg
そんなことも踏まえて、工作も平行して行います。
三角に切り出した図形を番号に合わせて貼り合わせていくと、不思議なものですね、球体になっていきます。
思いもしなかった変化や、こうすればこうなるというノウハウをこうして覚えていき、発明クラブの教室が進んでいきます。

紙を切るのも、大雑把に切る子もいれば、しっかり線どおりに切らないと我慢できない子もいます。
伸び伸びと個性をもって独創的なものを生み出す子に育っていって貰いたいです。

 焼印が届く  2012/04/13 (Fri)
注文しておいた焼印が本日届きました。

sP1120563.jpg

これが届いたものの全て。
焼印に、ハンダゴテ、温度調節器。

最初、焼印が入って無いと思って、いろいろ探してしまいましたが、よく見ればハンダゴテの先端にセットされていました。お粗末です。

sP1120560.jpg

さっそく試してみました。
デザインは、Forestの頭文字「F」をあしらった、簡単なものにしました。既に図面には使ってましたので、みられた方もあるかもしれません。
丸形にしたのは、グリップに焼くにも使えそうと思ったからですが、いかがでしょう。
円の直径を12ミリにしましたので、印の大きさは少し大きめです。

しかし~、流石に難しいですね。
綺麗に焼印を入れるのは至難の業です。10回に1回くらいしか成功しません。(^^;;;
どうしても斜めに押してしまいますから、焼きムラがひどい。

やっぱり焼印スタンドが必要です。安いドリルスタンドを探さないと自分には手に余ります。

続き:焼印押し器で、焼印楽々~♪
Template by :FRAZ
まとめ