back to TOP

admin |  RSS

2012-05

いよいよ今度の日曜になる6月3日に、モリコロパークで、キャラクターフェスティバル in モリコロパーク Vol.1が開催されます。

0x1.jpg

◆ キャラクターフェスティバル inモリコロパーク Vol.1 ~着ぐるみ・コスプレ大集合~

【 日時 】2012年6月3日(日)10:00~18:00 (9:30開場)
【 会場 】愛・地球博記念公園(愛称:モリコロパーク)
      住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1  電話:0561-64-1130
【 料金 】入場無料
体験コーナーは一部費用が必要なものもあります
コスプレ撮影会は別途費用が必要となります

詳しくは、主催者のホームページへ。

今回、自分たちはここで体験コーナーとして、ゴム銃の射撃体験や工作教室を行います。
時間は10時~16時までの間の予定です。
数に限りがありますので、早めに来て頂けると幸いです。

ホームページを見て頂けると解りますが、色々な催しが一緒に行われますので1日充分に楽しめると思います。

スポンサーサイト
 とよた科学体験館  2012/05/30 (Wed)
本日は竜神交流館へゴム銃工作の打ち合せに行った帰り道、豊田市産業文化センターにあるとよた科学体験館へ寄ってみました。

sP1130270.jpg
実は、今度の7月8日にここで「親子ものづくり講座」の一環で、ゴム銃工作を行う訳ですが、
ものづくりサポータの先生が、一度、館の様子を見に行ってくださいと、常々勧められていましたので、足を向けました。

どうもプラネタリウムのドームがある下になる地下に会場があるようで、色々散策をしてみるものの、どうも良く解りません。

円形会場が中央にあって、そこでは園児があつまって魔法のショー形式のものが実施されていました。
15組の親子参加ですので、感じとしてはそこで工作指導するのかなぁと思うのですが、かなりオープンな会場です。

ここに私の工作モデルであるFAF07の見本を置くので、1つ見本が欲しいと言われ先日渡したのですが、それがどこに展示されているのかも気になるところです。

sP1130279.jpg
色々歩いてみたものの、ものづくりサポータで関係あるのは、このチラシのみでした。
6月のプログラムが2つ有り、どちらも満員御礼になっていました。

ここなら沢山の方が目に触れる場所だけに、ものづくりに関心をもってくださる機会も増えることと思います。
自分のプログラムは6月に入ってから貼り出されるのかなと思いつつ、会場を後にしました。
本日、札幌支部のボスさんから、豊田市支部専用のバインダーを譲ってくださいました。

sP1130264.jpg
しっかりした作りのバインダーに、金箔文字で協会名と支部名を入れたもの。
黒地に金文字は高級感があり、とても所有感が満たされます。

sP1130267.jpg
さっそく100均へいってポケットリファイルを購入してきました。

まずはゴム銃の設計図面を納めようと入れて、あとで工作教室などの資料を収めるつもりで、多めに60ファイルを買ってきました。

今までレターケースに押し込んでいたものを取り出し、1つ1つ納めていくと、懐かしいものも幾つかあり、足かけ5年という年月は感慨深いものだなぁと感じました。
コピー作品を作るのが精一杯だった頃の資料も幾つかあり、夢中になって作っていたのを思い出します。
なんといっても、今の自分があるのは諸先輩方が技術の資料を惜しみなく公開してくださったお陰です。
その恩返しになるような活動していきたいなぁと思うところです。

そんなことを考えながら納めていくと、図面だけでポケットリファイルが終わってしまいました。
また100均で購入してこなきゃ。
 7月のゴム銃工作  2012/05/28 (Mon)
今日配布された「広報とよた」6.1号に7月8日に行われる「親子ののづくり講座」が掲載されていましたので紹介しておきます。

sP1130259.jpg

開催日:7月8日
時間 :午後1時~午後3時30分
場所 :とよた科学体験館
参加費:1組300円
対象 :小・中学生と親
定員 :先着15組
内容 :連射式ゴム銃の作成
申し込み問い合せ:6月9日(土)午前10時からとよた科学体験館(34-3007)へ。

昨年までは、豊田市保見町にあるものづくりサポートセンターで実施されていた、ものづくり講座でしたが、参加者への利便性を考えて、豊田市駅の近くになる豊田市産業文化センターへ場所を移転しました。
その中のとよた科学体験館で行います。

作成モデルは、写真にもありますFAF07です。
おそらく連発銃の中では自分が一番沢山作った工作キットです。
最近は気に入らないところがあるので、要望なければ作らなくなりました。(^^;;;

今回の工作講座は、時間を多く確保したいという理由から午後に持ってきました。
工作に約1時間、作ったゴム銃で競技会を行いますので、約1時間、そのあと色々なゴム銃の射撃体験を行うという盛り沢山の内容です。

ものづくりサポートセンターでの開催では、いつも申し込み開始からものの10分ほどで埋まってしまう人気講座なのですが、今回は場所が違うのでどうなるのか様子見です。
しかし参加料は豊田市から補助金が出ますので、私が実施するよりも安くなっています。
参加されたい方は、早めに申し込みください。
お待ちしております。


さらに一緒に今後の工作講座の予定をお知らせしておきます。

==6月の工作講座==
6月3日(日)
 モリコロパークの地球市民交流センターで開催される
 キャラクターフェスティバル inモリコロパーク Vol.1~着ぐるみ・コスプレ大集合
 に参加します。
 予定では、割り箸ゴム銃、FMD01の工作の実施、ゴム銃のデモ射撃を実施します。
 安くやって欲しいとの要望もありますので、割り箸ゴム銃を実施した場合は無料にします。

6月10日(日)
 長野県中津川市で行われる中津川クラフトフェアVol.7に参加します。
 ここでは完成品の販売とともに、FMD01の工作の指導もします。
 会場費(出店費)、移動費などを考慮しますので、いつもの工作のお値段より高くなりますが、お許しください。

==7月の工作講座==
7月7日(土)
 豊田市の朝日丘交流館でゴム銃工作を実施しますが、これは子供会からの依頼ですので、
 一般の参加はできないと思います。

7月8日(日)
 前の記述の「親子ものづくり講座」で連発銃を作ります。

7月28日(土)
 豊田市の猿投北交流館で連発銃の工作を行います。
 詳細はまだ決めていませんが、FAF13を作る予定でいます。
 当日は地元で子ども会の廃品回収があるということで午後からの実施予定。
 こちらも直ぐに埋まってしまう人気講座ですので申し込みは早めに。
 申し込みは7月6日(金)9:30~です。
 電話でも可ですが繋がりにくいと思いますので、直接出向く方が有利です。

7月29日(日)
 安城市の昭林公民館で連発銃の工作を行います。
 作成モデルはFAF10です。
 工作材から切り出す本格的な工作に挑戦します。
 こちらも完成したゴム銃を使って競技会などを実施。賞品なども用意します。
 参加定員は10名ですので、こちらも早めの申し込みをお願いします。

==8月の工作講座==
8月17日(金)
 お盆休みの終わり際に豊田市の竜神交流館で実施します。
 詳細はまだ決まっていません。
 今度の5月30日に打ち合せして決定する予定です。

9月、10月も予定がありますが、まだ詳細がはっきりしていませんので、今後案内致します。
沢山ご参加下さいますようお願いします。
5月27日は地元ボランティア仲間で集会所の庭を借りてBBQを行いました。

当初は曇り空の予報でしたが、当日になれば快晴に変わり暑い位の良い日になりました。

sP1130225.jpg
10時過ぎころから集まり始めまして、会場作りのセッティング。
こういうところは男の仕事。集会所の中では女性陣が食材の用意をしています。

sP1130229.jpg
こうした日よけのタープの下で机を囲んで楽しみます。

sP1130230.jpg
気持ちの良い風を受けながら沢山の食材や、お酒を堪能しました。

sP1130233.jpg sP1130247.jpg
中にはギターも持参して自慢のネタを披露してくれる人もあり盛上がります。

sP1130244.jpg
集会場の中では、遊べるかな?と用意したゴム銃が活躍してました。
実は割り箸ゴム銃を作れるようにと準備してましたが、酔ってしまって忘れてしまいました。(^^;;;

昼11時ころから始まって、午後3時ころまでの宴会。
途中、災害食の調理も堪能してみて楽しい時間を過ごしました。

自分はすっかり酔ってしまって、家に帰って片付けを済ませたところでダウンして寝てしまいました。(笑)

 
5月26日の午後からはものづくりサポータの研修です。

この時期は研修会が多いのですが、自分は他の用事と重なってなかなか出席できていませんでした。

sP1130220.jpg
今回は、サブリーダーでもある「音作り」でしたので、日程調整して頂けましたので参加できました。
ここで作ったのは、ストロー笛、紙コップかえる、紙コップ笛、うぐいす笛の4つ。
今度の中金小での授業サポートの前練習にもかねています。
3時半ころまで、わいわいやりながらの研修でした。

終わったあとは、皆さん帰ったところで7月の中金小へ向けて、ウグイス笛の材料を切り出しました。
sP1130223.jpg
準備と言っても、適当な大きさの竹を6センチ程度に切り分けすることと、吹き口の竹を30度程度の角度で切っておくこと。
数にして余分をみて40個くらい用意しました。
準備ができれば、当日を待つのみです。
 FFS05の修理  2012/05/26 (Sat)
5月4日に地球市民交流センターで行った「木工によるゴム銃工作」でデモ射撃を行った際に、FFS05が壊れてしまいました。

これがその時の写真です。
sP1120897.jpg
小学校3年くらいの女の子が撃ってくれました。このとき、何をしたかったのか今でも理解できないのですが、何故かフォアグリップだけを無理矢理捻ってしまったので、無残にも根本から折れてしまいました。

sP1130214.jpg
強度を増すために、木ネジ2本を打ち込んでいたのですが、木ネジごとグニャリと曲がってしまったのでどうしようもありません。

今回、やっと修理する気になったのですが、どう修理しようか悩みどころではあるけれど、やはりデザインでは元の方が好きなので、元の形に戻しました。
sP1130217.jpg
これが治った写真です。
10ミリ厚のヒノキですので、どうしてもL字の接合面が弱いですね。そのための木ネジ2本でしたが、これも仕方ありません。
今後はデモに使うときは注意が必要です。

sP1130219.jpg
再度、復元できて嬉しいのですが、色々と悩み多いマシンガンになりました。
今回は、割り箸ゴム銃の工作キットも用意しました。

割り箸ゴム銃の作り方は、ハンターさんの作り方が一番ポピュラーですね。

詳細は、こちら「ワリバシゴム銃」です。

日本ゴム銃射撃協会で割り箸ゴム銃の工作指導を一番実施されているのは、あさのさんです。
その作り方は、もぐらさんのブログ「地蔵盆」で紹介されていたものでしょうか。

さらに、ホローポイントさんの「割りばしゴム銃をセミオートで撃つ!」は、割り箸ゴム銃で連射をしてみましょうというもの。

ボーイさんのものは、ワリバシ・レバー・アクションです。
前のHPには、割り箸ゴム銃の作り方があったように思いますが、いまは探せません。

みなさん、色々工夫されていてとても感心します。

そんな中で今回自分が準備したタイプはダボ爺さんから頂いた「割り箸ゴム銃の図面」から切り出しました。

sP1130209.jpg

おおよそ200名分の部品です。

ダボ爺さんのタイプのものは、フレーム部分は割り箸を割らずに使うというものです。
その分、割り箸を余分に使いますが、加工が少なく楽です。
とくに割り箸を割る作業は、うまく割れないこともあって、カッターなどを使いながら慎重に行う必要があるので精神的に良くありませんので、こちらの方が私向きです。

フロントホールドも元禄割り箸の溝を利用すれば、とくに細工の必要もないと思います。

ここまで短絡すると、さすがに加工は楽です。これだけ揃えるのに2日程度で済みました。
強いて言うならそのまま使う箸3膳は割れないように箸先をボンドで固めるといいのかもしれませんが、今回はしませんでした。
そこまでしちゃうとゴム銃に使わなかった割り箸がイタズラ割り箸になってしまいますものね。(笑)

箱の一番上にあるものが、その作り方で完成した割り箸ゴム銃です。

さらに私の作った割り箸ゴム銃は、このブログのガンロッカーに収めてあります。

連発式の割り箸ゴム銃は、動画でも紹介してあります。
割り箸で作る連発銃 4連射
割り箸で作る連発銃 その2 2連射

ということで、割り箸ゴム銃は色々遊べますね。
今度の日曜はBBQですが、久しぶりに割り箸ゴム銃を遊びメニューに入れてみようか思案中です。
 中金小で打ち合せ  2012/05/23 (Wed)
5月23日は夕方に中金小へ訪問して「ものづくりサポーター」の打ち合せです。

初めて行く小学校なので、入り口が解らず、学校の回りを2周しちゃいました。

sP1130203.jpg
結局、校舎裏の路上駐車みたいなところが駐車場のようで、不安になりつつも学校へ。

今回は「音つくり」の打ち合せ。
先生の意向を確認しながら授業をどう進めるのか初回の打ち合せです。
本日の話し合いの結果、7月10日、12日に授業を行うことが決定、私たちはサポートにまた出向きます。

子どもたちは、こういう工作が大好きなので、反応が楽しみです。
今回は、6月3日のキャラクターフェスティバル inモリコロパーク Vol.1に向けて工作キットの作成をしています。

土日が珍しく予定が無かったので、作成の追い込みに使いました。
日曜はほんとは豊田スタジアムであるスワップミートを覗きに行きたかったんですが、ついつい腰が重たくなって行きませんでした。(笑)

sP1130201.jpg

そんなこんなで、夜遅くに切り出しと加工が完成。
あとは袋詰めだけにまでなりました。

おおよそ120セット分くらいあります。使うのは100セットまでの予定。
工作をどんな流れるするのか考え、タイムスケジュールが決まればOKです。

これが終わりるとやっと7月分の工作に頭が廻せます。
金環日食の日、朝起きてみると曇っていて太陽が見えなくてがっかり。

しかし、7時くらいになると晴れ間が出てきて太陽をしっかり観測できました!

sP1130184.jpg
さっそく庭にでて、妻と一緒にこんな感じで観測。

sIMGP0679.jpg
欠け初めのころはこんな感じ。

sP1130187.jpg
ついに金環日食です!!実際みると感動ものですね。
やっぱり皆既日食と比べると、うっすら暗くなるだけですね。曇りの日くらいの明るさ。
撮影はカメラを望遠にしたのが行けなかったんですねぇ。ブレが出て綺麗に撮れませんでした。

sP1130199.jpg
日食がしっかり終わる前に、ピンホールでの観測。
ピンホールで適当なものが無かったから、今作成中のゴム銃キットのフレーム部分に開けた穴からの撮影。(笑)
穴からの光が三日月みたいになっているのが確認できました。

日本での快晴になる確率は2割くらいという統計がありますから、曇り空の合間からこうして日食観測できたのは本当に幸運です。
世界各地でかなりの頻度で日食観測はできるようなので、月食の方が貴重との話もありますが、やっぱり体感できるものとしては日食は違いますね。
時に同じ場所での観測というと一生に1回見ることができれば運がいいと言われてますので、そういう意味でも本当に良かった。

次回は18年後の2030年6月1日に北海道で観測できるそうです。今回は北海道では見えませんでしたものね。
本州だと29年後の2041年10月25日になるそうだから、まぁじぶんは歳くってこの世に居ないかもしれません。(^^;;;
皆既日食は23年後の2035年9月2日だそうですから、まだこちらの方が自分には見る確率があるかもしれませんね。
 日食グラス  2012/05/18 (Fri)
アマゾンをみていると、送料込みで480円の日食グラスがあるのを見つけましたので注文。

sP1130162.jpg
それが手元に届きました。

さっそくデジカメで撮影してみました。
今使っているのが壊れると困るので古いデジカメを引きずりだしての撮影です。

sIMGP0678.jpg
オペラグラスと違って直ぐに太陽が探せますので、今度はうまく撮影できました。
あとは、金環日食の当日が晴れることを祈るだけです。
本日、大きな箱が3箱とどきました。

sP1130139.jpg
みれば、競技用のオーバンド。

sP1130140.jpg
蓋を開ければ、全て輪ゴムばかり物凄い量です。

sP1130141.jpg
パッケージは以前にご紹介したものと勿論同じ。

大変貴重なものをお分けくださった株式会社共和さまに感謝いたします。

私の所から、愛知の主要メンバーへ一部配布し、残りは競技会での参加賞などに使いたいと思います。
メンバーへ配布した分は、今後各自で行うゴム銃工作などで配布する予定になっています。

貴重なものですので、有効活用できるよう会員が集まったときに今後の使用方法などを打ち合せします。
 北からの贈り物  2012/05/16 (Wed)
北海道のボスさんからの贈り物。

sP1130046.jpg
沢山の缶バッチに、キーホルダー。さらに扇子まで。全て日本ゴム銃射撃協会のロゴ入り。
流石に本職だけあって、出来映えが素晴らしいですね。
こんなにも沢山ご厚意くださいましたので、ゴム銃工作などでもお分けできそうです。

sP1130040.jpg
さらには、北海道限定のカップ麺まで。
実は、この記事をみて欲しくなって無理にお願いしました。
【緊急指令】北海道のお土産は『どん兵衛』にせよ!激ウマすぎて赤いキツネが青ざめるレベル
http://rocketnews24.com/2012/05/05/209376/

うちは結構インスタント麺が好きなので、こういうのは大感激です。
やっぱ道産利尻昆布を使っているだけあって、ひと味違います。家族で美味しく頂きました。
5月に入って、暖かい日が続くと、庭のサクランボもそろそろ熟してきました。

sP1130114.jpg

まだ赤みが少ないのですが、順に熟してきます。
しかし、今の内に写真に納めておかないと鳥に全部食べられてしまうんですよね。
どこに何があるのか良く覚えていて、食べ頃になると綺麗に摘んでいってしまいます。
とはいえ、お店に売っているものほど美味しいものではありませんので、惜しくはありませんが。(笑)


本日は快晴でしたので、金環日食まで1週間となったので、太陽観測の予行演習をしてみました。

sP1130115.jpg
太陽が3倍の大きさに見えるオペラグラス。
随分前にアマゾンで注文して手に入れました。

覗いてみると太陽は真っ暗の中で黄色く浮かんで見えました。
これを写真に納められないか、色々試したのですがうまくいきません。

じゃ、普通のサングラスタイプのものを買ってこようかなと、バイクで走って購入しにお店へ。
しかし、店に聞くと、見る分にはいいけど、撮影用ではないので、これで撮すとカメラが壊れるよと言われました。
カメラならフイルターでないとというので、お値段聞けば、1万以上しますとの返答。
すっかり気落ちして帰ってきました。
次回は300年後の金環日食。まぁ、記録には残せませんが、記憶にには残して置くことにします。
Template by :FRAZ
まとめ