back to TOP

admin |  RSS

2012-08

ごてんばアート・クラフトフェアに向けて準備してきた、工作キットがやっとすべての加工を終えました。

sP1140098.jpg

全部で100セット。工作モデルは連発銃のFAF10です。
sP1050287.jpg
5連射の連発銃です。

なかなか腰があがらないので、連日作成とはいかず、約2週間かけてやっとの完成。(^^ゞ

sP1140099.jpg

すべて小袋に詰め込んで完了。かなりの量があるので、運搬にも1つ考えないといけません。

まだまだ準備することがあるので、今度の土日は追い込みです。
スポンサーサイト
今年の9月23日におこなわれる「わくわくワールド(とよたものづくりフェスタ)」の公式HPがやっと今年のものに変わりましたので、PRしておきます。

01[1]
(画像をクリックしますと、公式HPへ飛びます。)

私の参加するのは、とよたものづくりフェスタ2012です。
その中の「たいけんブース(36ブース)」の中の第2体育館で実施するうちの1つです。

17. 本格的「連射銃」(整理券あり)

PDFで確認すると、小学高学年以上となっていますね。去年は小学生からOKだったはずだけど、変わってしまいましたね。どうやら昨年はやりたくても出来ないとのクレームが多くあったようで、対象を絞ったようです。
作成モデルはFAF10です。※写真は申告して差し替えしていただきました。

コジソンさんの出展はこちら

13. 飛ぶ秘密で遊ぼう(整理券あり)

PDFにはゴム銃が記載されていませんが、単発銃を作る予定もあるそうです。


よく見ると、割りばしゴム銃も出しているところがありますね。

23. 手づくり鉄砲で的あてをしよう!

こちらは、第5駐車場で実施のようです。

==以下、詳細==

日時 平成24年9月23日(日曜日)
午前9時30分~午後3時30分まで 場所 トヨタスポーツセンター(豊田市保見町)
(注意) •当日、車での来場はできません。
  •無料シャトルバスでお越しください。

パンフレット パンフレット表面(PDF・1.87MB)
  •シャトルバス運行内容
  •全体スケジュール

パンフレット中面(PDF・1.95MB)
  •全体マップ
  •企画内容


ほとんどの体験ブースが無料で楽しめますので、ぜひご来場ください。
 花火の集い  2012/08/26 (Sun)
8月26日(日)は、仲間と花火を行いました。
自分たちが楽しむだけでなく、地域のお子さんたちも参加自由としていつも行っているもので、今年で6回めになりますので、もう6年も実施しています。

夜まで時間があるのですが、この日はいつも夕食にカレーを作って、仲間といただくことになっています。
ことしもカレーを作りましょうということですが、少し趣向をかえて防災メニューというか、すこしそんな意識を持ちながら作ってみましょうとなったのです。

sP1140047.jpg sP1140049.jpg
災害時には水もろくに調達できません。しかし、ごはんを炊くのには水でなくても出来るよとの話で、水の替りにオレンジジュースを使ってみます。(写真左)       オレンジ色に染まった米は、まるで卵ごはんのようです。(写真右)


sP1140062.jpg sP1140063.jpg
それが炊き上がったごはん(写真左)       それにカレーを掛けたところ(写真左)

電気炊飯器を使ったのですが、蓋をあけると、まるで炊き込み御飯みたいですが、ふんわりオレンジの香りがごはんから漂います。
味もほのかに酸味を帯びた感じですが、気になるものではありませんでした。
これにカレーを掛けてしまうと、まったく違いはわかりません。美味しくいただきました。

sP1140052.jpg
カレーの付け合せのポテトサラダも、単純に作るのではなく、災害時に水がないことを想定して、ビニール袋に野菜をいれて、泥水でも煮ることができることを体験しました。


そんな準備を女性陣にお願いしておいて、男性陣は会場の準備を進めます。
sP1140054.jpg sP1140055.jpg
メンバーの中の現役大工さんが協力してくださって、杭を作り、ふれあい広場に打ち込みます。

sP1140058.jpg sP1140060.jpg
それに支柱をつなげて、ナイアガラの滝の花火のセットを行います。
いままでで最大5面を作ったことがありましたが、今年は規模を小さくして3面にしました。

日も落ちて、夜7時ころになるとご近所のお子さんたちが集まってきました。

簡単なあいさつを済ませ、そのあとすぐに落下傘花火の打ち上げ。
夜暗くなると落下傘が追えるかなと心配しましたが、あまり高く上がらなかったので、大丈夫でした。

このあと例年ならゲームも行うんですが、今年は集まる人数も少ないことから、あみだくじだけにしました。

sP1140065.jpg
参加者のみなさんに名前を書いてもらって、あみだで賞品をお渡ししました。

それが終われば、花火で遊びます。
sP1140073.jpg sP1140082.jpg
安全面を考えて、花火は打ち上げものは使いません。ぜんぶ手持ちの花火で楽しんでもらいました。

sP1140091.jpg
お父さんには協力していただいて、市販の手筒花火も楽しみました。

sP1140095.jpg
最後は全員で協力して、ナイアガラの滝の花火に点火!!
あっという間に終ってしまいますが、これはこれで綺麗ですね。

夏休みの終わりに、交流館をお借りして、こんな催しを行っています。
来年もまた続けられるといいですね。
 避難所運営ゲーム  2012/08/26 (Sun)
8月26日は、福祉講座のゲームに参加しなさいとの区長命令が出ましたので、交流館にいってきました。

ゲームといっても、内容は避難所運営ゲーム。
いわゆるシュミレーションゲームですが、現状いわれている防災意識を高めるため、運営役員になったつもりで、避難所の仕事を切り盛りしなさいとの内容。

sP1140043.jpg
市の職員の指導のもと、自治区やコミュニティー部会などの9つのグループに分かれてゲームを実施します。

ゲーム内容は、大きな地震が起きたあと、避難場所となる小学校を運営役員となって、避難者の処理や各種イベントをこなしていきます。

sP1140045.jpg

写真は、小学校の体育館に見立てた紙の上に、避難者のカードを配置しているところ。
全てのカードは240枚ほどあって、その内容は避難者の年齢や条件、またイベント(要望や仕事)などがあります。
避難者は、年齢や性別はもちろん、どんな病気を持っているとか、家族構成とかが書かれて、さらには希望する要望もあったりします。
たとえば、ペットが一緒だから車で寝たいとか、酸素吸入が必要とか、インフルエンザにかかっているかもしれないとか。
また、旅行中に被災してしまったバス旅行の人30名とかもあったりて、リアルです。

イベントは、支援物資が届くので場所を確保してほしいとか、トイレの水が流れないので汚物があふれているとか、タバコはどこで吸ったらいいのか、洗濯がしたいが干す場所はどこか?などこちらも難題なものが数多くあります。

そんなものを順にこなして、運営の大変さを実感するのですが、、、
ゲームには、いわゆるクレームというものが無いので、リアルな場面ではさらに大変だろうと、容易に想像できます。
こんなゲームを午前中、約2時間ほどかけて実施しました。

こうして行うと、予備知識の大切さ、またこういった場面を想定した準備の大切さがよくわかります。
有事の際には市の職員などのみなさんが中心となって動いてくださるのですが、きめ細かい対応はどうしても自治区単位で処理するしかありません。
しかし、自治区のものは一般人で、役員は殆どが1年交代。こういった防災意識を常に高めながら引き継ぎをするのは、かなりの難題です。
今回で第4回目を迎える「ごてんばアート・クラフトフェア」に出展予定です。

このような大規模なクラフトフェアへは初めての参加です。
クラフト部門は約170組。自分の参加するワークショップ部門へは18組の出展があります。

出展者要綱を8月頭に送りますとの連絡だったのですが、まったく来ないのでもしかしたら出展料金の送金が手違いで届いてなくて出展取り消しになったの?とまで思うほど心配してました。
それがやっとここにきてフライヤーと一緒に届いたので一安心。

gacf1-2012.jpg
(写真をクリックしますと、主催者のブログへ飛びます)

昨年は2日間で7000名の来場者があったとの話で、今年はフライヤーも10万部を印刷し、9万部は新聞折り込みで、1万部は手配りで配布するとのお話で、1万名の来場者を目指すそうです。

自分の出展はワークショップ部門で、ゴム銃工作を実施します。
実施内容は、単発式のFMD01と、連発式のFAF10の2つを希望に応じて作って頂けるよう準備します。

FMD01_1.jpg  sP1050287.jpg

FMD01(単発銃)       FAF10(5連射銃)

数に限りがありますので、ご希望の方は早めに来て頂けると助かります。

また、工作に比べると割高感がありますが、完成したゴム銃も連発銃のみ持っていきますので、販売します。

沢山の方のご来場を、お待ちしております。


実施概要

開催日時
2012 年9 月15 日(土)10:00~17:00 〜 16 日(日)10:00~16:00 雨天決行
場所   御殿場中央公園  〒412-0042 静岡県御殿場市萩原754-5
主催   ごてんばアート・クラフトフェア実行委員会.御殿場総合サービス株式会社
8月24日(金)は、ものづくりサポーターの研修会がありましたので参加してきました。

現状、登録が100名越えしたサポーターですので、早めにいかないと席がない心配があったんですが、出るのが遅くなってしまいました。

sP1140033.jpg
自分が会場に入ったのは10分まえでしたので、もうほとんど席が埋まっていました。
今回の研修内容は昨年に続いての発達性障害の理解と対応方法です。
発達性障害と一言で言ってしまえば簡単なのですが、10人10色というように、パターンもそれぞれ。
自分のような素人には手の出せない領域ではあるのですが、知っているのと、知らないのと違いは天と地ほどあります。
今後も円滑に活動するには欠かせない知識です。


研修会が終わったあとは、しょぼん玉チームが集まって、シャボン液の配合を調べましょうと声をかけられましたので、居残りです。

sP1140035.jpg sP1140036.jpg
今迄使ってきた、洗剤や洗濯のりが変わったため、これまでの配合率ではうまく作れなくなってしまったので、どんな配合がいいのか、ホワイトボードに結果を書きしるしながら一番良い配合を模索します。

配合の最終目標は、一番シビアになるジャンボしゃぼん玉。人が入ることが出来るほどの大きなシャボン玉を作るには、なかなか難しいんです。

sP1140040.jpg
約1時間ほどかけて、配合を試したところ、今回のベストのものができました。
これまでは、べとべとしていたシャボン液も、この配合ではスムーズに伸び、失敗の少ないものとなりました。
模索した甲斐があったと参加したメンバーが口ぐちに言っていたのが成功の証です。

このジャンボしゃぼん玉に入った子どもたちの笑顔が垣間見えました。
今年もミネラルショーの時期になりました。

img002.jpg
(画像をクリックすると、公式HPへジャンプします)

毎年8月になると案内が届きますので、家族で出かけています。

今年も行きましょうって言うと、次女が「行かない!」ってつれない返事。
もう長女は嫁に行ってしまったので、そうなると妻と二人で行くのかな。

もう何年も続けて行っているところなので、今年も行きたいところですが、
昨夜「どうする?」って相談したところ、今年は行くの止めようかとなってしまいました。
家族揃って出かける年間行事が幾つかあるんですが、こうして1つづつ少なくなっていくんですね。

なんだかさみしいので、ここに記録に残しておきます。
8月19日(日)は、今度9月23日(日)に行われる「わくわくワールド」の中の「ものづくりフェスタ」で行うゴム銃工作の準備会です。

今回も昨年と同じ計画、各回15名を対象に、5回実施しますので、75名分を用意します。
予備や、本日試作するものを含めて100セットを作成することにして、私を含めて5名で切り出しにかかりました。
作成モデルはFAF10です。

sP1140027.jpg
ものづくりサポートセンターの工房の様子です。

sP1140028.jpg
どんどん切り出しされて出来上がってきますが、さすがに100セットを作るのは大変です。
朝9時半から打ち合わせして掛かりだしたのですが、午後3時にできればいいかな?と思っていましたが、試作まで作ると気が付けば午後5時少し前の時間になっていました。

なんとか全部を1日で終わって一安心。あとは当日を待つのみです。
 紙飛行機体験会  2012/08/18 (Sat)
8月18日(土)は、三重県津市の白牛さん主催、潮音寺紙飛行機体験会に参加してきました。
当日は天候が不安定で雨の心配もあったのですが、津市はご利益あったのか、雨はまったく心配のない暑い日になりました。
会場となる潮音寺には途中渋滞もありましたが、朝の9時半ころに到着。

sP1130978.jpg
本尊の前が会場になります。

sP1130977.jpg
真ん前のテーブルには、所狭しと、本日講師となる山本さんの作品が並べてありました。
色々な形の飛行機がありますが、すべて紙飛行機。特殊な塗料で形が崩れないように工夫されているとのこと。

sP1130980.jpg
参加者は30名ほどになるとのこと、しっかりした内容のものを準備してきてくださっています。

10時になると、続々と参加者が集まってきました。
年配の方から園児まで、幅広い参加者があるのは、これまた白牛さんの徳のおかげなのでしょう。

白牛さんのお勤めのあと、紙飛行機の体験会が始まりました。
sP1130982.jpg
写真は本日の講師をしてくださる山本さん。手投げ紙飛行機の競技で日本チャンピオンになられた方です。
本人いわく、いままで競技に没頭してきた紙飛行機ですが、今年からは恩返しの意味も含めて普及活動にも力を入れていきたいとのこと。
その一環として、本日の活動もあるようです。

sP1130987.jpg
まずは、折り紙のへそ飛行機から作成。飛行機の理屈から紙飛行機まで丁寧に解説くださって、どの話もとても新鮮でした。

sP1130991.jpg
出来上がったものは、さっそく飛ばしてみます。
しかし、折れば必ず飛ぶものではなく、調節が必要です。ここに経験がいるところ。
うまく調節できると、びっくりするくらい安定してきれいに飛びます。
たかが折り紙飛行機、されど折り紙飛行機です。

sP1140002.jpg
このあと屋外に出て、さらに広い場所で飛行機を飛ばしてみました。やはり屋外での遊びですね。
遠くまで飛ぶと気持ちいいです。
しかし、暑い日になりましたので飛ばした飛行機を回収するのも難儀でした。(笑)

続いて一回り小さいのですが、輪ゴムを使って飛ばす垂直上昇折り紙飛行機も作りました。
これがまたよく飛びます。
自分も思いっきり飛ばしましたら、写真の正面にある建物の屋上に落ちてしまって回収不可能になってしまいました。(笑)
よく飛んだだけに残念ですが、また折ることにします。

sP1140010.jpg
お昼を挟んで、午後からは胴体にバルサ材を使った紙飛行機の作成です。
ケント紙に印刷されているのですが、既に切れ込みが入っているので、はさみを使わずに取り出しができます。
こんな準備までできるとは驚きです。おかげで難なく完成できました。

こちらも綺麗に作ることができれば、ものすごくよく飛ぶ飛行機です。

sP1140032.jpg
写真は向かって左がその時に作ったもの。(自宅に帰ってから撮影したものです)
向かって右のものは、山本さんが競技に使った手投げ用の紙飛行機。
ご好意で譲ってくださったものです。なかなか飛ばす場所がないんですが、大事に保管して今度どこかで飛ばしてみたいですね。

予定の午後3時にはすべてのプログラムが終わりまして解散となりました。
私もお礼を言って早々に退散。
帰りは渋滞が心配だったのですが、やっぱり亀山から渋滞になっていました。
途中、SAで食事をとったので、家には夜7時ころ到着。夜8時からの寄合には間に合いましたが、さすがに暑かったので本日はバテバテでした。
さらに家の付近では落雷もあったようで、妻が大騒ぎしてまして、これも大変でした。
8月17日(金)は、地元の豊田市にある竜神交流館でゴム銃工作の出前講座を行ってきました。
竜神交流館講座「こども1日体験教室」の中のプログラムの1つです。

定員は15名ですがMAX20名まで受け入れられる態勢で出向いたのですが、申し込みは9名で、そのうち1名は当日キャンセルでしたので8名の参加での実施となりました。
これなら指導スタッフは自分を入れて5名ですので、きめ細やかな指導ができます。

作成モデルはFAF07の6連発銃です。
本来の設計はバレルが109ミリと短く設計していますが、今回は150ミリまで伸ばしたものにしてキットにしています。

最初の合同のあいさつがおわって、分科会にわかれ、工作の実施です。
講座の内容はいつもの通り、最初に工作を行い、完成したものを使って競技会を実施、最後にいろいろなゴム銃を楽しんでいただく予定です。

sP1130956.jpg
少ない人数ですので、しっかり時間をかけて工作を行いましたが、それでも45分くらいで完成。
これくらいの人数のほうが、やっぱり指導しやすいなぁと実感します。

sP1130960.jpg
競技は、もはや定番になってしまった10カップ落とし競技。
今回は上位3名に、私の作った連発銃を賞品として渡しました。

sP1130962.jpg
最後は、いろいろなゴム銃を楽しんでもらいました。
毎度のこと、この銃が欲しいといって何度も食い下がってくる子がいますので、それを断るのが難儀です。
面倒なので渡してしまってもいいのですが、なんせ作るのが億劫なので、今後の活動を考えると支障が出てしまうからできません。
興味を持って頂けた証拠でもあるので、さらにそこから1歩踏み込んで、自分で作ってみようって気持ちになって頂けると、工作講座を行った甲斐があったと言えるのですが。(笑)
8月15日は、埼玉の長女の家に遊びにいっていた娘を名古屋駅までお迎えにいきました。
もちろん、東急ハンズに寄って在庫切れしたチーク材もしっかり入手。(笑)

帰りは焼肉でも寄っていくかぁ!!と決まったので、長久手市あたりで美味しいところはないかなぁと探したんですが、どこも予約が一杯。

sP1130952.jpg

その中でやっと取れたのは、ここ「大阪カルビ」です。

まぁ私はビールが飲めれば満足。しかも、ここなら低予算ですので財布にもエコです。(笑)

しっかりビールを頂いて良い気分になって帰りました。
 村の盆踊り  2012/08/14 (Tue)
8月14日(火)は、自治区の盆踊り。
そのお手伝い役が来ているので、今年のお盆は遊びに行けませんでした。(^^ゞ

自治区にある神社の境内に設けられた、櫓。

sP1130922.jpg
毎年、区長ら4役の方が汗水たらして準備してくれます。自分も役のときに行ったのですが、本当に大変です。

sP1130919.jpg sP1130923.jpg
お拝殿には、今年の抽選会の賞品が沢山陳列されています。(写真左)
軽トラの荷台には、ビールやジュースなどの飲料水がたっぷり用意されています。(写真右)
そのほか、子どもたち向けに、金魚すくいや、スパーボール救い、輪投げ、風船ヨーヨー釣りなどが用意されています。
全て寄付金や自治区の予算で行いますので、参加は無料。

sP1130935.jpg
さて、夜の帳が下りたころになると人も集まってきて、盆踊りの開始。
毎年踊る人が少ないので、踊ってもらう工夫に頭を悩ますのですが、今年は沢山踊っているように思います。

sP1130931.jpg sP1130933.jpg
自分の担当は、輪投げコーナー(写真左)。こちらはスーパーボール救い(写真右)。
夜の7時から始まった盆踊りですが、自分たちの輪投げは難しいかな?という思いがあったので、輪に入ってなさそうなものでも、適当に渡していたら、あっというまに景品がなくなって、8時ころには終わってしまいました。(笑)
昨年は景品が余ったようなんですが、今年は足りなくなってしまい、このあたりのさじ加減は難しいですね。
でも景品残すよりは全然いいでしょう。

sP1130944.jpg
最後まで残ったのが金魚すくい。やっぱり生き物相手は難しい?

盆踊りも夜7時からはじまって9時には抽選会を行い終了です。

sP1130948.jpg
順番に抽選をおこなって、用意された賞品が区民のみなさんに渡されていきました。
うちは残念ながら何もあたりませんでしたので、ビールをしっかりもらって帰りました。(笑)
8月11日から盆休みに入りました。
すこしまったりしてましたが、今回FAF16の工作見本を作成しました。

新しい工作モデルをと設計しましたものですが、若干曲線も多く、切り出すには難儀です。
今回は、ものづくりサポートセンターにある材料で見本作り。

sP1130909.jpg
出来上がったものが、これです。なぜか6ミリ厚の木材が大量にありますので、それを使う前提での設計でした。
ですので、フレームもグリップも同じ素材。
しかし、なんの木でしょうね。ヒノキにしては色が濃いですし、木目もしっかり出ています。
ヒノキ、アガチス、ラミンは購入してくださいとお願いしましたが、この6ミリ厚の30幅はお願いした記憶がありません。

sP1130911.jpg sP1130912.jpg
素材は全てサポートセンターで調達しますので、三角翼もシナベニアから切り出したものを使います。
強度的に不安が残るものの、掛りが多くなるよう設計していますので、瞬間接着剤で固めれば大丈夫でしょう。
心材部分は自分で作るときは10ミリを使うのですが、サポートセンターでお願いすると手に入らないということで9ミリものを使います。今回の作成も9ミリ厚。
9ミリに4ミリのシナベニアですので、何個の輪ゴムが巻き取れるのか心配でしたが、6連射には問題なくできそうですので一安心。
そんなものを自分の保管用が1つと、展示用を2つの計3つ作りました。

sP1130917.jpg
折角なので、一緒にチーク材のグリップものを6挺作成しました。
こちらは自分の手持ちの材料ですので、回転翼はABS製のものを使いました。
フレームには飾り切りをして、焼印を入れれば完成です。
これらも手元に1つ残ればいいところですね。
キャンプツーリング2日目、8月5日(日)。
乗鞍から帰る日です。

朝になると、誰かしら起きてきて、、、

sP1130893.jpg  sP1130896.jpg
適当に集まって朝食を各々とります。

sP1130898.jpg
最後はキャンプ場で集合写真を1枚。
今日も暑そうです。

sP1130899.jpg
出発準備が整えば、高速で帰る人と、した道で帰る人があるので、ひとまずここで解散。
もちろん自分は高速組。(^^ゞ

松本のレッドバロンに寄りたいってこともあって、高速は松本から。

sP1130902.jpg  sP1130903.jpg
お昼は駒ケ根によって、ソースかつ丼をいただきました。
家には順調に走って、午後2時には到着。
また暑い毎日に突入です。
8月4日(土)~5日(日)にかけてツーリング仲間とキャンプツーリングに行ってきました。
今回は、雨の心配は全くないキャンプツーリングです。こんな天候に恵まれたのは何年かぶりのこと。

sP1130851.jpg  sP1130846.jpg
自分のバイクは相変わらずの大荷物。 お隣はBMの新車で、今回が初デビューだそうです。
集合場所から41号経由で、乗鞍へ向かいます。
さすがに真夏ですので、ハヤブサは暑くて灼熱地獄です。

sP1130854.jpg
写真は道の駅、南飛騨小坂「はなもも」での写真。
日差しがまぶしいのでバイクも木陰に避難です。

ここで早めのお昼を頂いてから、鈴蘭高原を抜けて野麦峠へと出発。

sP1130870.jpg
時間があるので、野麦峠のお助け小屋でも、ゆったり休憩。
今回は総勢14名。写真では13名ですが、現地集合の人が1名いますので、14名の計算。

sP1130876.jpg  sP1130885.jpg
乗鞍到着しても、陽射しが暑いので、木陰に避難。夜になるとさすがに冷えます。短パンにTシャツではきついくらいに涼しい。
早々にキャンプ場の温泉で汗を流して、宴会のスタート。
お酒が入ると、本日の疲れもどっと出てきて眠たくなります。

しかし、テント入ってからもオリンピックが気になって、ワンセグで暫く観戦してました。(笑)
Template by :FRAZ
まとめ