back to TOP

admin |  RSS

2012-12

もう12月31日、大晦日ですね。

今年は、発明クラブや、ものづくりサポーターもありましたが、ゴム銃で忙しくさせて頂いた年でもありました。

ゴム銃工作依頼だけで14件ありました。
工作依頼があってもで他とバッティングして行けなくなったところには、工作キット作成の支援をさせて頂いたもので3件ですので、合計17件の工作教室に関わらせて頂きました。

このうち、あったかフェスタや、チャリティーイベント、キャラクターフェスティバル、わくわくワールド2012なども含まれまして、多様なイベントで楽しませて頂きました。

その他に、今年からクラフトフェアにも参加させて頂くようになりまして、6箇所に出店しました。
9月の御殿場の「ごてんばアート・クラフトフェア」は、2日間で132名もの参加を頂きとても忙しいなか充実したものになりました。
10月の「八ヶ岳自然文化園クラフト市」は3日間でしたが、こちらも沢山の方がブースに寄ってくださって感謝の一言のフェアになりました。

昨年の2011年は、工作が11件、工作支援が2件でしたので、その差は倍ほどになりますからすごい飛躍です。
北海道のご活躍も自分にとっていい刺激になったように思いますし、三重の白牛さんのご協力もとても助かりました。

こうして1年を振り返ってみると、ほんとうにゴム銃三昧でしたね。反面とっても充実した1年でもありました。
来年は少しセーブしたいと思いますが、依頼があれば断れないでしょうね。(笑)
すでにいくつか予定も埋まって来ていますので、また充実した年にできそうです。

こんなお騒がせなものに、お付き合いくださった皆さん、とくに中部の皆さんありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。


ところで、大晦日の楽しみは、ここ数年、日本テレビ系バラエティ番組「ダウンタウンガキの使いやあらへんで!!」「絶対に笑ってはいけないシリーズ」です。

gakituka20120.png

今年は「絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!」ということで、“学園”が舞台だそうです。
毎年かなり面白い笑いのトラップが用意されているので、今年もとっても楽しみです!!!

gakituka2012.jpg

<以下告知ページから引用>
 絶対に笑ってはいけない大みそかシリーズも早7回目。2010年『スパイ24時』、昨年の『空港(エアポート)24時』に続き、今度の舞台は「ガースー法人 聖(セント)黒光り学園」。年々スケールを拡大し、今年は地方局から約130人を増員して総スタッフ約300人、エキストラ約150人、シリーズ最高のCCDカメラ250台、ENG27台を導入する大規模ロケを敢行した。

 学園に向かう途中のバスで起こるハプニングや名物となった引き出しネタも健在で、梅宮辰夫、板尾創路、蝶野正洋、メンバーの“身内”といった常連組をはじめ、番組初登場の大物俳優や歌手といった豪華メンツも多数登場。教師仲間、生徒、モンスターペアレンツ、授業、会議…ありとあらゆるキャラやシチュエーションが期待される。“驚いてはいけない”タイムも引き続き導入され、バラエティに富んだ笑いが巻き起こる。


ということで、皆さん!!よき新年をお迎えください。
スポンサーサイト
12月20日(木)に放送されたホリケンの初冠番組「ホリケンふれあい旅 にんげんっていいな」(テレビ朝日・ABC系)を録画してみました。

174891_400.jpg
(見逃してしまった方は、画像をクリックすると視聴できます)

とにかく内容がめちゃくちゃ。(^^ゞ
面白すぎでした。

こいうの好きですねぇ。(笑)
12月15日(土)は、「どきどきフェスタ 交流館へGO!」で、わりばしゴム銃の工作を実施しました。

例年は無いイベントなのですが、今年は「ほたる祭り」が中止になった関係でこの企画を起こしたようですので、来年もあるかというと、残念ながら可能性は薄いようです。

当日は朝から雨が降りしきり、参加者の足にどう影響されるのか少し不安でした。

sP1150259.jpg
館のエントランスに入るとこんな看板でお出迎えです。
わりばしゴム銃以外にも、子どもたちを迎えるイベントが数多く用意されています。

sP1150266.jpg
午前10時から、オープニングで始まります。
ダンスのパフォーマンスは近くにある南山国際高等中学校ダンス部の皆さん。

sP1150264.jpg
雨の中、たくさんのお子さんたちが集まってくれました。おおよそ100名くらいかと思います。

このあと10時15分ころから各コーナーが始まり11時半ころまでのおおよそ1時間程度の実施です。

sP1150270.jpg
自分達のわりばしゴム銃の工作コーナーにもたくさんのお子さんたちが参加くださいました。

sP1150274.jpg
作ったあとは、ためし撃ちができるように、射撃コーナーも設置して楽しんでもらいました。

短い時間でしたが、38名の子どもたちが参加くださいましたので、まずまず成功だったと思います。
 元城小の最終日  2012/12/14 (Fri)
12月14日(金)は、元城小の「からくり」3回目の対応、最終日です。

sP1150256.jpg
牛乳パックをベースに、いままで作ってきた傘歯車や、カム、クランクを使って、児童がそれぞれ自分のオリジナルの「からくり」を作成するもの。

写真はその準備段階での材料を写したものです。


sP1150258.jpg

おおよそ2時間の授業時間を使って組み立てを指導しながら完成させます。
写真はその完成品たち。

それぞれ工夫して出来上がったものは、世界に1つだけのものですね。

こうして色々な仕組みを理解して貰えると、世の中にある複雑な動きは、こんな「からくり」がうまく応用されて動いていることを解るようになります。

今回で最後になるカラクリの授業ですが、子どもたちはとっても楽しんでくれました。
サポーターの仕事も年内最後になりまして、来年は凧の指導から外された関係、2月から始まります。
12月8日(土)は、名古屋の金山で、ゴム銃の忘年会を開催しました。

お昼の時間に行いましたので、会場取りは楽ですが、料理は中華やお好み焼きなどになってしまいます。
そんな中で、今年は中華料理で行いました。

sP1150244.jpg
集まったのは、ダボ爺さん、コジソンさん夫妻、白牛さん、最弱くん、それに紙飛行機のチャンピオンである山本さんと、私の7名です。

ことし振り返ると三重大会も開催出来て、また一つゴム銃の輪が広がったように思います。

非常に風の強い日で寒くて難儀でしたが、話になると熱く語ることが多く面白いですね。
他のお客が少ないので、店内で紙飛行機を飛ばしたり、ゴム銃を撃ったりしてました。(笑)
こんなことで遊ぶのもゴム銃仲間の証ですね。

来年の競技会もとりあえず3月ころに常滑で最弱さんが主催で開きましょうとの話になりました。
頑張って!自分も少しは腕を磨かないと。(^^ゞ

sP1150246.jpg

沢山の料理とお酒をいっぱい頂いて満腹。
最後は集合写真を撮って解散です。
在庫がなくなってきましたので、またまた代わり映えしませんが、本日あわてて作成しました。

SP1150226.jpg

FAF13を2挺と、FAF16を3挺の計5挺。

作ったといっても、ある程度部品で切り出しておいたものに、不足分を補って作っていますので、こうして早く作れます。

といいつつも新作が全然作れないので、これで誤魔化しているんですが。(^^ゞ
 元城小へ  2012/12/04 (Tue)
12月4日(火)はものづくりサポーターで元城小学校へ行ってきました。
実は元城小学校は、今回で2回目のサポートです。前回は11月27日(火)に行っています。

SP1150223.jpg

写真は朝の準備の様子です。

サポート内容は、からくり。色々な仕組み、クランクや、傘歯車、カムなどを使って、カラクリの玩具を作ります。

SP1150224.jpg
こちらは、児童が作った作品です。

児童が作っている写真は撮影が禁止されていますのでありませんが、こうして色々な仕組みを楽しみながら覚えて頂けるようサポートしています。

次回は3回目、12月14日(金)に訪れて最後になります。
12月2日は、京都で開催される第4回ものづくりARTtownに行ってきました。

天気が気になるところでしたが、予報は晴れのち曇り、雨マークはなんとか間逃れ、風もなさそうなので一安心しました。

白牛さんとは亀山PAで無事に合流しまして、京都へ予定通りに8時に到着しました。
駐車場をどうしようかとウロウロしてましたら、もぐらさんから連絡が入り、こちらも無事に合流して格安の駐車場を教えて頂きましてまずは難関をクリアできました。
今日は1日御世話になります。

sP1150203.jpg sP1150202.jpg

無事に会場入りできましたので出展受付へ(写真左)。まだ、早いので出展準備もまばらの会場です。(写真右)

sP1150208.jpg

フォレスト工房は、もぐらさんと白牛さんが何も言わずとも黙々と準備を進めてくださって、あっという間に完了してしまいました。
私の出番がないくらい頑張ってくださって本当にありがとうございました。
開始の10時までまだ時間があるので、もぐらさんと会場を散策しました。

出展は手作りとあって色々趣向を凝らした面白いものがいっぱい!
手の込んだものをみると、思わず感心してしまいます。出展者に話しかけると快く受け答えして頂けるのもとっても好感持てますね。

そんなことをしながら開始時間の10時を待っていますが、客足はいま一つの感がありました。
そこで、もぐらさんがゴム銃のデモをしようと少ないスペースの中で撃てる場所を確保してくださって、客引きをしてくださいました。
その甲斐があって少しずつ客も増えてきました。

sP1150215.jpg
多いときは、写真の様に座るところも無いくらいになることも。

sP1150212.jpg
白牛さんも、連発銃の工作指導に熱が入ってました。

出展者の方で子ども連れの方もあるようで、そんな子が終始自分達のブースで遊んでいたのも今回の特徴です。
販売できないからどうしようかなぁと思って完成品を少ししか持っていかなかったんですが、その少しのゴム銃でも子どもたちは充分楽しんで遊んでくれたようです。

sP1150216.jpg
写真左下に写ってる子が、特にうちのブースで遊んでいた子です。ゴムの掛け方を覚えて、ゴム銃にセットしてお客さんに渡すサービスもしてくれました。(笑)

こんな風に騒がしくやってましたので、廻りの出展者の方も気になっていた様子で、人の空いたころを見計らって声かけて頂く場面もありました。
ゴム銃を初めて触った様子で、思いがけない連射銃に喜んでくださるのは、こちらもとても嬉しくなりますね。

チャイナ系のお子さんも工作に参加くださって、言葉が通じなくどうなるかと思いましたが、身振り手振りでなんとか完成できました。
アメリカ系のお客さんも来てくださって、さすがに京都、国際色豊かな場所です。初めての経験ですね!

しかし、さすがに12月です。
午後からは曇ってきて、底冷えする寒さが身に染みてきました。
特に難儀なのが、寒くてボンドが乾かないこと。いつもの感覚でやっていると、まだ引っ付いていなくて、持ち上げるとバラバラになってしまうことが度々でした。
こういう面では冬の屋外はこまりますねぇと思うところです。

昼からは、じゅんちゃんさんも応援に駆け付けてくださって、さらに賑やかになりました。
温かい珈琲の差し入れありがとうございました。

午後の4時ころになったので撤収を始めると、雨がポツリポツリ。
開催中に降らなくてよかったなぁと思いましたが、車まで運ぶうちに、しっかりした雨になって随分濡れてしまいました。
帰ってから家の者にきくと、この日は地元では午後から雨になっていたようで、京都はクラフトフェアが終わるまで辛抱してくれたんだと改めて運の良さを感じてます。

sP1150218.jpg
今回お手伝いくださった皆さんの雄姿です。左から白牛さん、もぐらさん、じゅんちゃんさんの3名。
本当にありがとうございました。
12月1日はバイク仲間と忘年会。
飲み放題、食べ放題で3時間3千円だそうです。
幹事さんが格安なところをいつも見つけてきてくださるので助かります。

sP1150188.jpg

しかし、食べ物や飲み物を持ってくるのが遅い!
忘年会シーズンで忙しいのは解るけど、みんな飲むのも食べるのもなくなって手持無沙汰な時間が多かったこと。(^^ゞ
とはいえ、バカ話で大騒ぎしましたので、久しぶりに喉がつぶれました。(笑)

翌日は早朝から京都へ向かうので、自分は3時間で帰りました。

Template by :FRAZ
まとめ