back to TOP

admin |  RSS

2013-11

 発明クラブ  2013/11/30 (Sat)
11月30日(土)は、発明クラブの指導日、そして夜は、ものづくりサポーターの忘年会です。

発明クラブは、2組を担当して、初の主指導を行う日でした。

しかし、本日の課目はマリオネット。
このマリオネットは1度も指導したことが無く、とても緊張しました。

sP1180145.jpg sP1180146.jpg

指導目的は、電動糸のこ盤の使い方を学ぶこと。
薄いベニア版を切るのですが、なんせ初めてなので怪我の無いように切ることが先決ですが、先生方がしっかりサポートしましたので、無事に終わることができて一安心です。
次回は12月14日に行い、マリオネットを完成させます。


同日の夜は、ものづくりサポーターのしゃぼん玉チームで、忘年会です。

sP1180148.jpg sP1180150.jpg

登録メンバーと、市役所の職員、あわせて16名の参加で行われました。
寒い夜になりましたが、温かい料理と、楽しい会話で、しばし時を忘れて楽しませて頂きました。
スポンサーサイト
今回、FFS02 ツインドラム電動ガトリング銃の修理を行いました。

sDSCN0336.jpg

最高192連発+αの発射機能をもつ、この電動マシンガンは、秒24発のスピードを誇り、200発もものの8秒で撃ちきってしまいます。
作成当時から今まで故障が全くなく色々な場面で頑張って来てくれました。
しかし、最近になってトリガーを引いてもスイッチが入り辛くなる現象が度々おきていました。

sDSCN0337.jpg

ふたを開いて、マイクロスイッチ部分を確認してみると、トリガーの部分に亀裂が入っているように見えます。
どうやら、ここが原因のようです。

早速、取り外してみます。

sDSCN0341.jpg

やはり板がぱっくり2つに割れていました。
みれば3ミリ厚のヒノキを使ってますので、強く引けば割れてしまいます。

今回は、割れに強いアルミ板に交換することにしました。

sDSCN0343.jpg

新しく作ったアルミ板を取り付け終わったトリガーです。
手持ちには1ミリ厚のものしかありませんでしたが、20ミリ幅の板で使うので強度には心配ないでしょう。

sDSCN0344.jpg

修理したトリガーは、うまく本体にも収まりました。
これでまた暫く活躍してくれることと思います。
 立方体の表面張力  2013/11/27 (Wed)
先日の日曜日に、シャボン玉研修がありましたが、その時にしゃぼん液を使って、表面張力の実験もしてみました。

正六面体の立方体をモールで作って、シャボン液に漬けます。
普通に考えると、六面にそれぞれ、膜が張られると思うのですが、、、写真のような結果になりました。

sP1180132.jpg

わかりますか?表面張力の働きで、一番小さな面積になるために、12面の膜が内側に引っ張られるようにでき、さらに中央に正方形の13番目の膜をつくっています。

面白いですね!!

詳しい説明や、実験の仕方は、こちらを参照してください。

立方体がつくったシャボン膜 (表面張力)
 からくりサポート  2013/11/26 (Tue)
11月26日(火)は、市内の小学校へ、ものづくりサポーターとして工作の授業のサポートをしてきました。

内容は、「からくり」の仕組みを楽しく学ぶもの。

今回で、2回目で、全3回あります。

sP1180134.jpg

写真は、児童の皆さんが作ったもの。傘歯車を利用してメリーゴーランドを作成しました。
飾り付けに色々工夫して、楽しく学ぶことができるので、からくりの授業は大人気です。
(作成風景は撮影禁止になっているのでありません)

次回は来週の火曜にありまして、それで最後です。
サポータの活動としては、年内にまだ1か所、凧作りのサポートが残っています。

授業を終わって戻るときに、ふと空をみますと、

sP1180137.jpg

大きな虹が出ていました。ちょっと薄く写ってしまってますので、解りますか?しっかり半円を描いています。

sP1180141.jpg

暫く走らせると、雨の中に入ってしまったので虹が見えなくなってしまったのですが、再び雨が止むと、今度は色鮮やかな虹が現れました。
久しぶりの虹に感動しました。
来る11月30日(土)に、名古屋ハウジングセンター 一宮会場で、ゴム銃工作が行われます。

20131130イベント案内

自分はこの日、生憎の予定が入ってまして、行けません。

ですので、今回は工作キットだけの作成だけの依頼になりました。

お近くの方はご参加くださいね!!!無料で参加できるのは、このハウジングセンターのイベントだけだと思います。

詳細、お問い合わせは、名古屋ハウジングセンター 一宮会場の公式ページでお願いします。
 しゃぼん玉研修  2013/11/24 (Sun)
11月24日(日)は、サポートセンタで「しゃぼん玉研修」がありましたので、参加してきました。

今年を振り返って、活動の反省会を行ったあと、しゃぼん玉の技の研修を行うという予定でしたが、自分を含めて技は習わなくとも良いという人があるから、やる作業があるなら先に進めましょうということになりました。

なので私は、ジャンボしゃぼん玉(人が入れるしゃぼん玉)の、液を入れる容器作りに参加しました。

折角なので、記録写真も撮影。

sP1180111.jpg
まずは、10センチ厚もある発砲スチロールの板を半分に切り分けます。この板から2つの容器を作成します。

sP1180113.jpg
次に、対角線に線を引いて、板の中心を決めます。

sP1180116.jpg
そこを中心にして簡易コンパスで円を罫書きます。

sP1180124.jpg
発砲スチロールの角をノコギリで切り落として、円を罫書いた線に従って、約5センチほどの溝を掘り出します。
掘り出す方法は、先にジグソーで切り込みを入れてから行い、その後、ドリルを使ってワイヤーブラシで削りだしました。

sP1180127.jpg
中心に人が立てるように、円を切り出しました。ここは、発砲スチロールカッターを使って切り落とします。
あとは、形を整えれば完成。
数名で協力して作りましたので、おおよそ2時間くらいで2台が出来上がったよう思います。

sP1180128.jpg
出来具合はどうかということで、しゃぼん液を溝に注入。

sP1180131.jpg
巨大フラッパーで、おおきなしゃぼん玉を作ってテストしました。
立派なものが出来ましたので、来年度からこれが活躍します。

このあと、しゃぼん液の配合や、フラッパーの状態などの話しになって、いろいろ見直すところがありました。
これらが、また来年へのサポートに生かされていきます。
11月23日(土)は、コジソンさん主催で、第10回中部地区輪ゴム銃大会in犬山が開催されました。

sP1180056.jpg
会場は、国宝犬山城の天守閣が望める旧城下町にあります。

会場である犬山市福祉会館へは9時少し回ったころに到着。

sP1180029.jpg
エントランスに向かうと、なにやら見慣れたノボリが掲げてありました。(笑)
自分は某所で、ノボリ立てても良いか?って尋ねたときは、個人の建物じゃないからとお断りされた経験がありましたが、ここは緩やかですね。

3階の部屋へ向かうと、今度は「輪ゴム銃講習会」??(笑)

sP1180034.jpg

コジソンさんのご苦労がうかがえます。

さて、今回はコジソンさんの要望で初めて犬山での開催です。
それにあたって、初心者の方でも気軽に参加できるようにラバーガン体験競技会(模擬体験競技)も同時に開催されました。
個人負担でチラシも数百枚刷って、各所に配布されたとのこと。
その甲斐があってか、午後からは一般の方がぞろぞろと見学に来てくださいました。
おおよそ16名の方が参加されたとのことで、大成功ですね。

さて、公式競技のほうですが、いつもの会員のほかに、ラバーガン体験競技会へ参加された方が公式競技にも挑戦される方がありまして、合計11名の参加で実施されました。

遠くは滋賀県からプチさん親子も参加。

sP1180109.jpg

結果は以下の通り。

499359_1385259254[1]

優勝は滋賀から参戦のプチさん。準優勝は前回行われた全国大会で新人賞を取った三本狐さん。
彼は現役医大生だそうです。

自分は、自前の銃が故障していたので(笑)
白牛さんから譲って頂いた精度の高い競技銃、「ROYAL STRAIGHT FLUSH」で参戦しました。

全く練習してませんでしたので、1回目の挑戦では、合計88点と振るいませんでした。
しかし銃の精度がいいのいで、2回目も挑戦しようかと悩んでましたが、ラバーガン体験競技会へ来た人への対応で皆さんだんだんと忙しくなってきたので諦めてました。

そんな時に、プチさんから競技しましょうと声を掛けてくださって、審判をしてくださったので、晴れて挑戦できることになりました。
結果、自分には100点越えは無いだろうと思っていたんですが、鬼門のFSで大きく崩れることがなく自己記録の102点を出すことができました。

sDSCN0330.jpg

お蔭で、総合3位に入賞。賞品に、ただやんさんの連発銃をちゃっかり頂きました。
挑戦させてくださったプチさんに感謝。精度のよい銃を譲ってくださった白牛さんにも感謝の日になりました。
今回は国宝犬山城の城下町で開催します。観光を兼ねて参加してみてください。

また、輪ゴム銃競技を多くの人に知って欲しいと思い、特別に模擬体験競技を同時開催したいと思います。興味のある人は短時間で体験できますのでふるって参加してみてください。

当日参加自由ですが、先に連絡して頂けると助かります。

第10回中部地区輪ゴム銃大会in犬山

日 時:11月23日(土)
   1回目 午前10:00~12:00
   2回目 午後13:00~15:00

場 所:犬山市福祉会館3階
   (〒484-0081 愛知県犬山市犬山北古券2)

参加費:300円(中学生以下無料)

競 技:甲種競技3種目の総合点で順位を競います。
    (詳しい競技についてhttp://www007.upp.so-net.ne.jp/jrbgsa/kyougi.html

連絡先:kojison77@ヤフー.co.jp (カナをローマ字で)

その他:貸し出し銃などもありますので、気楽に参加しください。


<特別同時企画>
ラバーガン体験競技会(模擬体験競技)を開催します。

開催時間:13:30ごろから15:00まで

参 加 費:無料

競技内容:貸し出し銃で行います。

MBを1分で10個の的打ち、FCを30秒でマイナス無しで1セット、CPを30秒で1セットの合計で行います。合計20点以上で先着5名にプレゼントあり。何度でも挑戦できます。
その他:興味のある人は模擬競技を一度体験してみてください。体験時間が短いのでどなたでも気楽に参加できます。

競技内容など変更をする場合があります。

 香嵐渓散策  2013/11/17 (Sun)
11月17日(日)は、紅葉で有名な香嵐渓へ妻と二人で出かけてきました。

前日の中日新聞の朝刊1面にも、香嵐渓が見ごろになりますとの写真入り記事が掲載されたことで、沢山の人が来ているだろうなぁと思いながらも向かいました。

sP1180002.jpg

現地へ入ったのは、午前11時すこし過ぎたころ。
思ったよりも人は少なかったかもしれません。

sP1180004.jpg

しかし、紅葉の色づきも始まってはいるものの、見ごろになるには1週間ほど早かったかもしれません。

sP1180012.jpg

早足で行く妻を制しながら風景を写真に収めて、向かうのは三州足助屋敷前のフードコート。

sP1180014.jpg

ここは、11月1日から1か月間、香嵐渓もみじまつりが開かれ、色々な食品ブースが並びます。
ここで、刀削麺や小龍包などを頂くのが、また1つの楽しみ。

sP1180018.jpg

自分はそれにプラス、田楽に、豚汁、生ビールに、骨酒を楽しみます。

だんだんと冷えて来て、秋も深まり、香嵐渓はますます見ごろになると思いますが、私どもは一足先に楽しませて頂きました。
報告が遅くなりましたが、11月16日(土)は、三重県津市にある橋南市民センターでゴム銃工作を行ってきました。

sP1170975.jpg
こちらが、その橋南市民センターです。

主催者は、三重県内で幅広く空手教室を行っていらっしゃる、新極真会 寺家道場の寺家先生です。
白牛さんの入門されている道場でもあり、その関係からご招待を受けました。

始まりは13時からですが、会場設営のため少し早めに入り準備してましたら、早めに来てくださった門下生の皆さんも、一緒にお手伝いくださって、ここらは一般の方と一味違うなぁと感心します。

sP1170977.jpg
写真は、白牛さんの娘さんが、一緒になってゴム銃協会のノボリを貼っているところです。
本日は、白牛さんの娘さん、息子さんも、お手伝いに駆り出されてます。
こちらから特に指示をしなくとも、自分で役割を見つけて動けるところは、親の背中をみていい子に育ったんだなぁと思うところ。

今回は、幼児から小学校高学年までの幅広い年齢層のお子さんたち35名と、保護者の皆さんが参加されました。
工作したあとは、そのゴム銃を使って競技する計画にもなっていますので、人数も多いことから5名単位の7つのグループ別けをして、工作時からグループごとに頑張ろうということにしました。

そんな効果もあってか、大人も、子どもも、協力しあって、難しい連発銃の工作も、順調に進めることができました。

sP1170979.jpg

sP1170981.jpg

うまく動くことを確認して、色塗りもできたころには、おおよそ1時間ほど経過したように思います。
35名の指導で、この時間で完成ということですので、参加者の皆さんの集中力や理解力がとても素晴らしいと証明されたようなものですね。

一通り出来上がると、今度はその銃を使って競技に移ります。
楽しく作って正しく使う。これがゴム銃の醍醐味ですね。

競技はいつものように、10CUP競技。テーブルに10個の紙コップの山を作って、いくつテーブルから落とせるか、競います。

sP1170986.jpg

今回は、グループ戦ですので、対戦形式、5対5のVSで争いました。
7つのグループがトーナメントで戦います。

sP1170990.jpg
流石にグループ戦ですね。
個人戦だと、自分の競技が終わると、さっさと席に戻ってしまう子も見られるのですが、団体戦ではしっかり声援をしてくれます。
大きな歓声とともに、競技はとても盛り上がりました。

競技の締めくくりは、賞品の授与。白牛さんのご協力のもと、沢山の賞品が用意されて、優勝グループから順に渡され、皆さんから祝福の拍手を受けました。

sP1170996.jpg

最後は私の持参したマシンガンの試し撃ち。こちらも積極的に参加してもらい盛り上がりました。

全部終わったのは午後4時過ぎ。
競技がトーナメントでしたので、いつもよりも時間が掛かりましたが、終始盛り上がりましたので、あっというまに過ぎた講座だったように思います。

元気一杯なお子さん達でしたが、礼儀もわきまえている良い子ばかりでしたのも印象的でした。
今回はお招きくださってありがとうございました。お蔭で熱気ある楽しい時間が過ごせたました。
11月10日(日)は、地元の交流館で、ふれあい祭りがおこなわれました。
地元コミュニティー会議が主催する、ふれあい祭りですので、地元自治区の団体や自主グループが集まって行うイベントです。

sP1170945.jpg

こちらは、私の作ったゴム銃で射的を行うコーナー。青少年育成部会が毎年行ってくださいまして、今年も例年通りに開催となりました。
今年は私が新たに入手した「射的」のノボリが目たちますね。(笑)

しかし、残念なことに、この日は朝から雨が本降りになってきました。
もう10年以上、毎年やってきましたが、朝から雨だった経験は初めてです。

sP1170951.jpg

沢山の来場があるといいのですが、これだけ本降りになると客足も遠のきそうで心配になります。

sP1170955.jpg

いつもは、園児などの演技をお披露目する会場中央の広場も、雨でぬかるんでしまっています。

sP1170953.jpg

アユの掴み取りも寒いから、やる子は無いかなぁと思いきや、やっぱ子どもは元気ですね。(^^ゞ
急遽作成したブルーシートの屋根の下で、アユを追い回していました。

こちらは、私の仲間が行っている、玉せんの販売。

sP1170959.jpg

客が少ないと、売れ残ってしまうねぇと心配しておりました。
しかし、雨の中、傘を差して並んでくださって買い求める人の列が切れることなく続いたので、12時過ぎには完売御礼となりました。
全部売れたときには、みんなで1本締めで祝いました。

さて、ゴム銃の射的コーナー。

sP1170962.jpg

子ども達が好きなんですね、こういうのは。
1回50円で、玉が3発と格安なので、こちらも雨にも関わらず、沢山来てくれました。

sP1170964.jpg

中には手持ちのお小遣いを、全部ここで使ってしまう子もいて、もう持ちきれないほどの景品を抱えてました。
こちらも予定数をすべて捌くことができて完売。

時折激しく降ったこともあった雨も、お昼ころには止みだして、予定数もすべて売上てなんとか収まりました。

うちの妻も家から出かけてきて、一緒にトン汁食べたり、フランクフルトを頂いたりして楽しんでました。

今年も無事に終了。お疲れさまでした。
11月9日(土)は、かざこし子どもの森公園で行われた、「第8回秋のクラフトまつり」に参加してきました。
中央高速を走って、一路、長野県の飯田市へ。

恵那山トンネルを抜けると、気温表示が3度を知らせていました。
今日はとっても冷え込みそうです。

初めて訪れる、かざこし子どもの森公園。

sP1170912.jpg

霧が立ち込めて、とても幻想的な雰囲気になっていました。
頂いた会場地図を頼りに車を進めて、搬入場所へ向かうと、係の人にすぐに逢えて一安心。

sP1170916.jpg

本日のイベントを表す掲示板にも「秋のクラフトまつり」が貼られていました。

sP1170923.jpg

施設内でも、出店するスペースがあるようで、6~7店くらい入っていそうです。

sP1170915.jpg

自分が出店場所に指定されたのは、風の回廊という屋外施設ですが、大きな屋根が付いています。

sP1170922.jpg
その中の一番端になる場所になりました。いつものテントでの設営ではないので、四苦八苦しながら来場者へ目立つようにレイアウトです。

ブース設定しているときは、体を動かすので体が温まるのですが、やっぱりかなり冷えているようで外ではアウターなしでは寒いくらいでした。

今回は色々なワークショップを優先に集めたクラフト市で、飛行機や凧、パズルや、スィーツデコなど楽しめます。

sP1170931.jpg
うちのワークショップも出足は振るわなかったのですが、お昼ころには参加が集中してなかなか昼食もとれないほどの時もありました。

sP1170932.jpg
今回も沢山の参加を頂きましてありがとうございます。
なかには明日も出店されますか?と複数問い合わせがありました。
どうも明日も引き続きクラフト市を行う様子です。しかし、自分は明日は地元のふれあい祭りがあるので出店できません。
こんな嬉しい問い合わせがあるのに、お応えできないのが申し訳なく残念でもありました。

sP1170933.jpg

おとなりで出店されているのは凧屋の脇カイトさん。
いままで見たこともないような素晴らしい凧の数々にカルチャーショックを受けるほどでした。
お話しも気軽にしていただきまして、一人での出店も楽しく過ごすことができました。

sP1170934.jpg
凧のワークショップは、凧の表面に自分なりのお絵かきをしていました。
それぞれ色々な絵をかいていて、とても楽しそうでした。

そんな風に色々学ぶことや、楽しい時間を過ごしてあっというまに終了時間になってしまいました。
ここは、年間通して色々なクラフトのイベントを行っているようです。
今後も機会あれば参加させてください。
主催のみなさま、ご来場のみなさま、ありがとうございました。
また出店の皆様に気軽にお話しくださいましたこと感謝いたします。
11月3日(日)「くらふとフェア蒲郡2013」2日目、最終日。
本日の開催は1時間早く始まり9時~16時まで。

sP1170898.jpg
再び、家から車を走らせて会場入りしました。

sP1170900.jpg
こちらは、「くらふとフェア蒲郡2013」の会場である海陽多目的広場のすぐ横にある「ラグーナ蒲郡」。
朝食を求めに寄った、ミニストから撮影しました。
「ラグーナ蒲郡」には今まで来たことがなく、どんな施設かも解らなかったんですが、妻いわく、ここら一帯の総称じゃないかと?どうなんでしょう?

さて、心配していた雨も開場している時間は降らない様子です。

sP1170903.jpg

昨日と同様に沢山の来場者に恵まれました。

sP1170904.jpg

しかし、会場自体が大きいので、人が分散して見た目には多く感じられないかもしれません。
それと昨日とは若干ですが客層が異なるようです。どうも昨日は園児たちの演技があったのですが、本日はありませんので、その関係だろうと思います。
自分のワークショップも参加者が、昨日に比べて少し少な目でした。

sP1170907.jpg

広い会場には、まだ遊休しているスペースもありまして、こうして親子でキャッチボールしている姿もありました。

sP1170909.jpg
こうして2日間のクラフトフェアが終わりまして、最後に大会委員長が本部席から締めくくりの挨拶がありました。

わがフォレスト工房も勝手が解らないままではありましたが、沢山のお客様に恵まれましてよきイベントとなりました。
ありがとうございました。
11月の2日、蒲郡市で開催された「くらふとフェア蒲郡2013」に出展させて頂きました。

sP1170861.jpg

ここは今年初めての出展なので、勝手がわかりません。
会場へ車を乗り入れして荷卸ししていいのだそうですが、ばかでかい会場は、どこをどう行けばいいのか迷ってしまいます。

sP1170860.jpg

到着したのは午前7時少し回ったころ。既に、幾つかの出展者はテントを立ち上げてました。

sP1170867.jpg

やっと見つけた自分のブース場所。会場パンフレットと見比べて場所を探さないと解りませんでした。
そんなことで、車から荷物を降ろして、出店準備にかかります。

やっとやれやれとなった9時過ぎころに、周りはどんな様子なのか、会場散策。
やっぱ最初に行きたくなるのは、食品ブースですね。

sP1170873.jpg

美味しそうなメニューが沢山並んでいます。

sP1170876.jpg

蒲郡だけあって、みかんの詰め放題もありましたので、自分も挑戦してみました。
自分なりに満足の結果がこれ。しかし、あとから余所の奥さんのものを見てみると、落胆しちゃいます。(笑)

sP1170877.jpg

こちらは、干しシイタケに、ドライフルーツ。ドライフルーツは、イチジクに巨峰でした。

sP1170880.jpg

10時が開会。その間近になると、会場中央のイベント広場になにやら人垣ができ始めました。

sP1170881.jpg

なにが起きるのか?興味をもって行ってみると、人垣の中には園児が隊列を組んでました。
どうやら地元の子ども達がオープニングを行ってくれるようです。

そんなふうに、大会委員長のあいさつのもと、華やかにはじまったクラフトフェア。

sP1170886.jpg
さきほど楽しい演技を見せてくださった園児のみなさんが、我がフォレスト工房へワークショップを行いに来てくださいました。

sP1170887.jpg
小さなお子さん達が一生懸命、ゴム銃を作ってくださいました。
そんな関係で、結構な忙しさです。

sP1170893.jpg
ゴム銃の展示品のところにも、お父さん達が食いついてきて、色々見てくださってました。

そんな風に、沢山のお客さんに囲まれた初日となりました。

sP1170895.jpg

帰りは、ブースの荷物を養生して会場を後にしました。2日目に続きます。
Template by :FRAZ
まとめ