back to TOP

admin |  RSS

2014-08

 ハンズメッセ  2014/08/30 (Sat)
更新が遅れてますが、、、(^^ゞ
8月30日(土)は8月28日(木)から始まっている「ハンズメッセ」に行って来ました。
同じ日、名古屋の吹上では毎年行っているミネラルショーをやっていたのですが、今年はハンズメッセと重なったためにパスしちゃいました。

sP1190739.jpg

名古屋東急ハンズへは11時ころに到着。
すでにどこの階も、大勢のお客でごったがえし。
自分のお目当ては7Fの工具、木材売り場。今回は思い切って安売りしているスライド丸ノコを買うことにしました。
これで長い木材も躊躇することなく切断できます。
他に、ゴム銃の作成用にヒノキの木材を購入。あとは投げ売りの工具を物色して、まとめて配送して頂く手続きを済ませました。

ハンズのあとは、久屋大通公園へ足を向けます。

sP1190744.jpg

こちらは、この日24時間TVの募金を行っている、もちの木広場。
賑やかです。

自分のお目当てはこちら。にっぽんど真ん中祭り。

sP1190750.jpg

その中のぐるめぱーく会場(エンゼル広場)です。

sP1190759.jpg

ご当地グルメを頂きながら昼間っからビールを頂きました!
スポンサーサイト
 9月の活動予定  2014/08/25 (Mon)
7月、8月、夏休みに合わせた暑く熱い期間が過ぎてほっとしています。

さて、来月の9月は大きいイベントが待っています。

「蒲っこフェス」

s20140825m01.jpg
※画像をクリックしますと、主催者ページが開きます。

名称:蒲郡市制60周年記念事業「蒲っこフェス」

日時:平成26年9月7日(日曜日) 9時30分から12時まで

場所:蒲郡市民会館 大ホール
    愛知県蒲郡市栄町3-30 Tel:0533-67-5151

主催:蒲っこフェス実行委員会(事務局:蒲郡市企画広報課)

フォレスト工房は、こちらでゴム銃ワークショップを行います。




森の青空アート

s20140611m01.jpg
※画像をクリックしますと、主催者ページが開きます。

日時:9月13日(土)~9月14日(日) 午前10時~午後4時まで (雨天決行)

場所:石川県河北郡津幡町 石川県森林公園敷地内 緑化の広場

s20140825m02.jpg
フォレスト工房は、こちらでゴム銃ワークショップを行います。
森の星空BBQにも参加させて頂きます。



ごてんばアート・クラフトフェア

s20140825m03.jpg
※画像をクリックしますと、主催者ページが開きます。

開催日時 2014 年9 月20 日(土)10:00~17:00、21 日(日)10:00~16:00
        雨天決行(荒天中止)

場所   御殿場中央公園  〒412-0042 静岡県御殿場市萩原754-5

主催   ごてんばアート・クラフトフェア実行委員会実行委員長 長尾 隆行
      〒412-0045 静岡県御殿場市川島田1706-6 (HAPTIC HOUSE内) 電話(0550)70-6660

フォレスト工房は、こちらでゴム銃ワークショップを行います。
8月24日(日)は、栄中日文化センターさんからのご依頼で、「 夏休みこども1dayセミナー 親子で作ろう!連射式輪ゴム銃」を行って来ました。

sP1190720.jpg

会場は中日劇場のある中日ビルの4階、5階に位置する、栄中日文化センターです。

sP1190723.jpg

そちらの5階になる教室。赤い扉が印象的です。

sP1190718.jpg

教室のレイアウトは自分がいつも行うように、机を向かい合わせにしての形にして頂きました。

開始時間が午後1時から。約2時間の講座になっています。
時間になると、どんどん参加される方が集まって来てくれました。
定員15名のところ17名のご参加申し込みでしたが、1名風邪でお休みで、16名での実施となりました。

sP1190725.jpg

少しいつもより人数が多いので心配しましたが、皆さん優秀ですので、おおよそ1時間で無事に完成しました。

いつものように、作ったゴム銃で簡単な競技を行います。

sP1190730.jpg

スタッフは自分一人ですので、ルールをしっかり教えて子ども達で運営してもらうようにしてます。
全部で2回の試技の合計点で争いました。
優勝は7点、8点、計15点を出した男の子。立派な成績です。

残りの30分は、私の持参した色々なゴム銃の射撃体験をしてもらいました。

sP1190733.jpg

これはリボルバーショットガン。

sP1190734.jpg

こちらは電動ガトリング銃。

sP1190735.jpg

ツインドラム電動ガトリング銃で、最後の締め。
こうやって色々な銃を見てもらって、工作に興味を持って頂ければ幸いですね。

沢山のご参加、有り難うございました。
栄中日文化センターさんには、講師ご依頼頂けまして有り難うございました。
8月21日(木)は、ご縁がありまして愛知県一宮市にある学習塾「一宮アカデミー」にお呼ばれしてゴム銃工作を行って来ました。

sP1190707.jpg

こちらは夏休みに向けて「夏休み自由研究」のための講座を色々と実施されています。
その中の1つで本日はゴム銃工作の実施となりました。

sP1190709.jpg

参加されたお子さんは小学校低学年から高学年までいろいろ。
とても元気なお子さん達ばかり14名で、真剣にゴム銃工作に挑戦して頂きました。

作成モデルはFAF16の6連発。今年はこのモデルで殆ど統一させて頂いています。

sP1190714.jpg

おおよそ1時間程度かかって完成できました。出来上がったゴム銃で紙コップを狙って試し撃ち。
全員、みごとに完成できました。皆さん、とても優秀な子ばかりでした。

sP1190716.jpg

いつもですと、さらに作ったゴム銃で競技も行いますが、今回は時間が90分とのことなので、最後は私の持参した色々なゴム銃の射撃体験をして頂きました。
山のような紙コップを次々と倒す醍醐味は、電動マシンガンならではの楽しみです。

sP1190717.jpg

最後は、高木塾長さんと子ども達一緒になって記念撮影をして頂きました。
自慢の銃を手に、みんさんいい顔してますね!
呼んでくださいまして有り難うございました。

8月21日(木)の午前中、ものづくりサポートセンターで「もの作りの教え方」の研修がありましたので、参加してきました。

sP1190705.jpg

色々な簡単な工作物を例に、教えた方の意義やコツなどを学びました。

・家庭にある捨てるものを再利用しよう。何かに使えないか?考えることが大切。
・何気なくある物でも、色々な工夫があることを知ろう。観察してみよう。たとえば牛乳パックの大きさ。7センチ角の四角形で出来ている訳など。
・ものづくりは人間だけの財産。大切なのは動くものを作ること。
・企画力、想像力、スケジュール管理、この3つが大切な能力
・規定通り作るのが良いことではなく、ひらめき、工夫することを伸ばしてあげよう。
・違うこと、面倒なこと、そんなことを嫌なこととと感じないようにするには、得をするようにしましょう。貰った部品は他の事違うのは良いことだと伝える。何か拾ってくれたら、なにかをプレゼントするなど。

などを学びました。

ちょっとした言い回し、発想で、つまらないことが急に楽しいことになってしまう、そんな魔法のようなことが大事なこと。
今回の研修で学びました。
お盆休みの土曜日。8月16日(土)に、ナゴヤハウジングセンター一宮会場で、ゴム銃のワークショップを行ってきました。

ここのところ、天候が思わしくなく、各所で大雨警報や、洪水などの被害などが起きている、そんな最中の開催になってしまいまして、この日もはっきりしない天気。午後からとても怪しいのですが、気持ちとしては何とか持って欲しいところです。

朝9時に会場入りしましたが、イベント会社の皆さんは既に準備に掛かっていました。

sP1190671.jpg

イベント広場の案内板には、本日のゴム銃ワークショップの案内が書かれています。

sP1190672.jpg

拡大すると、こんな感じに。

ゴム銃のワークショップは、会場内のイベント広場で行います。

sP1190674.jpg

テント4張りを立てた、充分なスペース。しかし、今日は蒸し暑い。じっとしていても汗がにじんできます。

開始は午前が10時半から、午後は2時から。

開始前から、少しづつ子ども達が集まってきまして、開始時間になるといつのまにか大勢の子ども達で溢れてました。

sP1190675.jpg

充分にある工作スペースも、一気に埋まってしまいました。

sP1190676.jpg

自分も来た子ども達に工作の指導に追われます。気が付けばもう汗だくになってました。(^^ゞ

ゴム銃は単発式です。おおよそ10分程度で完成。

sP1190680.jpg

完成したゴム銃を手に、写真のような射的スペースが用意されていて、狙いをすませて撃ってもらいます。

sP1190679.jpg

当たっても当たらなくても、射的に参加したお子さんにはおやつの景品が貰えます。

午前はあっという間に過ぎてしまいまして、次は午後の部、午後2時から。
昼休みで休憩していると、急に暗くなって土砂降りになってしまいました。ひょっとしたら終わりまで持ってくれるんじゃないかと期待してましたが、無理なようでした。
土砂降りも通り雨のようで、またすぐに止んだのですが、また30分にしないうちに激しく降ってきて、午後からのお客さんの足は大丈夫かと心配になってきましたが、午後の開始2時までには止んでくれて、無事にお客さんをお迎えできました。

雨が降って少しは涼しくなればと思いましたが、逆に蒸し暑くなって汗かきの私は大変でした。

そんな悪天候な日ではりましたが、ワークショップには沢山のお子さんが集まってくださいまして、ありがとうございました。

明日は弥富市でゴム銃工作を、午前1回、午後1回の計2回を実施します。

各回定員15名で、合計30名。申し込み開始ですぐに定員いっぱいになったそうです。

その工作の中で行う競技会に出す賞品を本日は頑張って作ってました。

sP1190617.jpg

工作ではFAF16を作るので、違うモデルのFAF13を賞品にします。
作ったのは全部で7挺ですが、当日には各回3名に銃を渡す予定ですので、計6挺あればOKです。
残りは別の工作に使います。

ところが、、、
台風11号が東海地区に接近してます。もう三重県はもう暴雨風域にはいってるのか、大雨警報も出ています。
そんな関係で、主催者から電話があって「明日の工作は中止にします」とのこと。
一生懸命準備してきましたが、こんな状況なら仕方ありません。

代替え日として、開催日は11月23日(日)になりました。
沢山の申し込みを頂きましたのに誠に申し訳けありませんが、この日に再度予定を立てて頂いてご来場ください。
お待ちしてます。
 東急ハンズへ  2014/08/08 (Fri)

8月8日(金)は、仕事を抜けて名古屋の東急ハンズへ行って来ました。

sP1190615.jpg

夏休みですので、フロアの一角でワークショップを行っていました。
本日は、「苔玉・ミニ盆栽」作りでした。

自分の目的は、木材。ここでしか買えないものと、ここで買うと安いものを購入。

sP1190613.jpg

目的の数には足りない。3つの種類を有るだけ全部頂きました。
仕方ないので、アメックスの方にも寄って、木材を購入。それでも目標数には足りなかったけど、必要数までには行ったので、とりあえずはOKです。

あとは、今度行われるハンズメッセに期待して再来店します。
s20140809m01.jpg
夏休みに集中するゴム銃工作の依頼です。
先回紹介しました活動予定以外に、2件あらたに確定しましたので、紹介しておきます。

大人気! 君もおもちゃ職人!

オリジナル輪ゴム鉄砲工作&射的大会


s140808ms01.jpg
●日付/2014年8月16日(土)
●時間/(1)10:30 (2)14:00
●参加費/無料
●会場/ナゴヤハウジングセンター一宮会場
●場所/場内各所
※小学生以下のお子様、各回先着60名様
※お一人様1回限り
※お子様にけがや事故の無いように見守って下さる大人の同伴が必要となります。




夏休み自由研究

連射式輪ゴム銃を作って射的ゲームで遊ぼう


s140808ms02.jpg

○場所:一宮アカデミー 一宮市起東茜屋75  グリーンアップルⅡ
○日付:2014年8月21日(木)
○時間:13:00~15:00
○参加費:500円



このほかに、8月は以下の予定が入っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

親子木工教室
連射式輪ゴムてっぽうを作って的当て大会をしよう!
8月10日(日) 弥富市 総合社会教育センター・公民館ホール 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

― 夏休みこども1dayセミナー
親子で作ろう!連射式輪ゴム銃
■日時:8月24日(日)13:00~15:00
■場所:栄中日文化センター 

※詳しくは先に紹介しました「8月の予定」を参照ください。

8月7日(木)は、ものづくりサポートセンターへ「おもちゃ」チームの研修、2日目に参加してきました。

今回は、「飛行するおもちゃ」です。

sP1190605.jpg

最初に作成したのは、飛行リングです。
自分も以前に、ペットボトルを使って子ども達に作らせた経験があります。旨く飛ばすと、すごく良く飛びます。
今回は、折り紙を使って折り込んで作るタイプです。

sP1190606.jpg

幾つか作って、連結したものも飛ばしてテストしました。
問題は飛ばし方ですね。飛ばし方が悪いと、まったく飛びません。
力まずにするっと投げるのが良いみたいです。


続いて作ったのは、傘袋ロケット。

sP1190607.jpg

雨の日に、デパートなんかに出向くと傘を入れるためにくれる傘袋を使ったロケットです。
紙コップ2個をつかって、先端や真ん中、後ろに羽根などを付けてみます。

これの難しいのは、袋を閉じること。輪ゴムでクリッと締めてしまえば良いのですが、子どもが作るには輪ゴムの扱いが難しい。
くりくり、ネジネジして、しっかり密閉してからセロハンテープで閉じると空気は漏れないので、そんな方法もありそうです。

ロケットにつけた羽根を捻って、回転するようにしておくと、飛び方も安定するんじゃないかと試しました。

夏休みが終わると、各小学校へ訪問して、こんな内容のものを指導していきます。
どうすれば工夫できるのか、どうすれば楽しめるのか、今回はそんな研修でした。

まだまだ色々故障します、こちらはリボルバーショットガンの修理です。

修理内容を記録に残しておきます。

sP1190400.jpg

回転式ショットガンは、ハンターさんのぱくりもの。
自分のものは、6つのバレルにしたので、大きくて、そのぶん目立ちます。

しかし、ショットガンの宿命。激しく撃ち出されますので、振動というか衝撃が凄いので、どうしても色々と痛んできます。

今回修理する箇所は2カ所。

sP1190406.jpg

1つめは、バレル先端の固定が剥がれてこと。ちょっと前から気がついてましたが、発射機構には影響がないので、そのまま放置してました。
今回の修理で分解が必要になったので、一緒に直します。
これはボンドで固めただけなので、衝撃で剥がれたようです。これはビスで固定するようにしました。

問題なのは2カ所目。
トリガーを引いても弾が発射されません。
なぜ?とよく見ると、フレームのボンド付けした部分が割れていてトリガー引いた力がそこに逃げていたようです。
ビスで留めて居た部分もすっかり抜けていて、泣き別れしてました。

sP1190411.jpg

しょうが無いので、全部分解。というか、ボンド付けしていて固めた部分もあるのに、綺麗に分解出来てしまった。
それだけ力が掛かって、ボンドで貼ったところまで剥離しちゃったのですねぇ。

sP1190412.jpg

問題の箇所です。
いままで2カ所でビス止めしていましたが、新たに3つ増やして、泣き別れしないように強度を高めました。
これで強い力にも耐えてくれることでしょう。

作ってみると気がつかなかった部分が見えてきます。
正直、直すよりも、新たに設計したら?って思うのですが、なかなか時間が取れませんので、まだまだこれには頑張って貰います。
8月5日(火)は、ものづくりサポートセンターへ「おもちゃ」チームの研修に参加してきました。

今回は、「プログラムA 風で動くおもちゃ」です。

sP1190604.jpg

写真は牛乳パックを利用して作った、牛乳パックカー。
うちわなどで風を受けると走り出します。

sP1190600.jpg

こちらは、紙皿をつかって作る風車。
紙皿2枚の中心部分を切り抜いて、その2枚を8の字になるようホッチキスでとめると完成。
簡単に作れます。

その向こうには、同じく紙皿を使って作った風輪。こちらも風を受けて走るもの。

小学校1~2年を対象にしたプログラムで簡単に作れるけど、自主性を延ばし、工夫をする楽しみを見つける内容になっています。

次回は8月7日(木)にもありますので、参加する予定です。
今回、ツインドラム電動ガトリング銃の修理の修理を行いました。

sP1190399.jpg

構造が簡単になるのと小さく作れるので、片持ちのガトリングにしたんですが、それが仇で動きが悪くなってきてます。

sP1190401.jpg

原因はこれ。
アルミパイプが根元付近で曲がってきてます。
アルミは加工しやすいですが、曲がりやすいので扱いを気をつけないとダメです。

しかし、このところ出動回数がおおく、実演も多くなってきてますので、どうしても色々なところが悪くなります。

いっそのこと、ステンレスパイプに交換しようかとも思うのですが、切断する自信がないし、先端のストッパーにも悩みそうですので、諦めました。

sP1190402.jpg

そこで修理方法は、先端のパイプは曲がって居ませんので、先端と後端を入れ替えし、パイプの芯になるように内部に3ミリのステンレス棒を打ち込み、少しでも曲がりにくくすることにしました。

sP1190404.jpg

さらに、一番曲げてしまうのは運搬時ですので、こうして分解して持っていくことにします。
いわば問題解決ではなく、急場しのぎの策。(^^ゞ

さらに後日、内部モーターのギアが外れてしまって回転しなくなってしまいました。
これは、固定していたステーが緩んできたのか、モーターの押さえにガタが出てしまった為のようで、再度しっかり固定して修復できました。

4年も前に作成したものです。よくここまで故障なく動いてくれたと感謝しないといけませんね。
 安城七夕まつり  2014/08/03 (Sun)

8月3日(日)は、色々なクラフトフェアに出展していたご縁で、安城の七夕祭りへの出展はどうですか?との声を掛けて頂きましたので、参加させて頂きました。

出展場所は、安城ピアゴの駐車場。

sP1190576.jpg

写真のように駐車場の一角を広く確保して頂いてワークショップを広げました。

sP1190571.jpg sP1190572.jpg

10時からの開催に9時ころ到着。もたもた準備している途中から、早くも参加してくださる方ががあり、とても有り難かったです。
新聞をみてとか、TVを見てとか、そんな関係で来てくださった方もありまして、嬉し恥ずかしです。
暑い中、遠路足を運んでくださって有り難うございます。

安城七夕祭りは、その昔若いころに、JR安城駅前周辺を歩いたことがあったくらいで、それいらい来たことがありませんでした。

sP1190590.jpg

町並みに七夕飾りをしたお祭りというイメージなのですが、
ピアゴ前の道路は封鎖して、露天が立ち並んでいます。

そこに大勢の人、人、人。歩くのもままならない。

sP1190592.jpg

ピアゴ正面、エントランスにも、露天が並んで美味しそうな香りが漂っていまして、そこにも大勢の人でごった返してました。

開催は10時から夜9時までのロングラン。

sP1190595.jpg

通りには夜になっても人の波は衰えません。
凄いものですね。

8月の最初の日曜なので暑いのを覚悟していたのですが、ずっと曇っていて風もあり、この時期としては非常に過ごしやすく助かりました。
天気予報では小雨も降るような内容だったのですが、幸い雨には合わずに済んで、こちらも助かりました。

なにせ、長時間でしたので疲れました。
9時に閉店して片付けが終わったのが10時。それから家に戻って道具の片付け。
なんとか落ち着けたのは12時ころでした。

通りから1つ外れると、人の流れは天と地ほどに違いまして、自分たちの居るエリアは穏やかそのものでしたが、その中でも沢山のお子さん達が参加してくださいまして有り難うございました。
それからお声を掛けてくださいました主催の皆さん準備や片付けなどご苦労さまでした。有り難うございました。
また、お隣の出展者やお声をを掛けてくださった出展者さん、またご縁がありましたらよろしくお願いします。
走馬燈工作シリーズ その5 外枠の作成~完成

ここで、外枠になる障子紙を貼り、ほぼ完成させます。

ここで必要になるもの
1.障子紙 サイズ幅22センチ(220ミリ)、長さ62センチ5ミリ(625ミリ)
2.PPシート(セルロイド板)
3.両面テープ 15ミリ幅のものがあると良い

まず、外枠の骨になるものを作成します。

sP1190474.jpg

それには100均で売っているPPシートを使います。
気軽に切るには0.75mmくらいの厚さが良いですね。ハサミで簡単に切れます。
色は何色でも良いです。自分は黄色にしました。

sP1190475.jpg

これを1センチ幅で、32センチの長さのものを4枚、写真のように切り出します。
また、端から15ミリに縦の線を引き、そこに両面テープを貼りましょう。
うち、2枚は真ん中あたりに2ミリ程度の穴を開けてください。

写真からでは詳しく解りませんので、図を上げておきます。

sP1190475z.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

図は穴の空いているバージョンです。穴は2枚のみ開けておけば大丈夫です。

これが出来たら、穴の空いているもの同士を2枚、繋げて1枚にします。縦の線を右から15ミリのところに引きました。
そこに右端から15ミリの線までのところに両面テープを貼りましたので、それを使って繋ぎ合わせます。
注意として、縦の線が引いてある同士で貼り合わせないこと。
図からみて、1枚目の右がわと、2枚目の左側とで繋ぎ合わせてください。

穴の空いていない残りの2枚も、同様に繋げて、1本の直線にしてください。
2本のセルロイド板が出来たと思います。長さは625ミリになっていると思います。

続いて、障子紙を用意します。

サイズは幅22センチ(220ミリ)、長さ62センチ5ミリ(625ミリ)のものを用意してください。
ホームセンターにいけば、適当なものが手に入ると思います。
サイズは寸法に合わせて切り出して頂ければと思います。

sP1190484.jpg

それを物差しを使って、上から15ミリの所、さらに下から15ミリの所にエンピツで線を引いてください。

写真ではわかり辛いと思いますので、下の図を参照ください。

sP1190484m1.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

波線が引かれているところが、エンピツで線をひくべきところです。
線が引けましたら、引いた線を頼りに、折り曲げて折り目を付けておくと、次の作業が楽になります。

続いて、この障子紙に15ミリ幅の両面テープを付けましょう。
下の図を参照してください。

sP1190484m2.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

まず、エンピツで引いた線の外側、黄緑の斜線が引かれた部分、ここに両面テープを貼ります。上と下の2カ所です。
続いて、エンピツで引いた線の内側、青の斜線が引かれた部分、ここに両面テープを貼ります。上と下の2カ所です。
全部で4カ所に両面テープを貼りました。

それが終わりましたら、先に作った長さ625ミリのセルロイド板を、引いた線の内側、青の斜線が引かれた部分貼った両面テープを使って貼ります。
セルロイド板は10ミリ幅ですので、エンピツで引いた線に沿って貼ってください。

続いて、エンピツで引いた線の外側、黄緑の斜線が引かれた部分の両面テープを使って、先に貼ったセルロイド板をサンドするように、折り曲げて貼り合わせます。

最後に図のピンク色の斜線が引いてある部分に、15ミリの両面テープを貼ります。

sP1190486.jpg

上の写真はそこまで加工し終わったものです。

ピンク色の斜線が引いてある部分に貼った両面テープを使って、円筒を作成します。
貼り合わせ代は15ミリです。それより多く貼り合わせてしまいますと、台座に取り付けた際に円形にならなくなってしまいますので注意してください。

sP1190488.jpg

上の写真は、いままでの手順で作った円筒です。障子紙とセルロイド板で出来ています。

これを台座に固定しますと、下の写真のようになります。

sP1190514m.jpg

<固定の仕方>
円筒の骨になるセルロイド板で穴の空いてあるものを使った方が、上になります。
これを上にして、台座に付けた10ミリの丸棒を円筒の中に2本とも入れるように、差し込みます。
※丸棒に付けてある木ネジは先に外しておきましょう。
セルロイド板の穴を探し、丸棒に空けてある穴に位置をあわせ、木ネジで締めます。
2カ所とも締め付ければ固定できます。

ここまで出来れば、ほぼ完成ですね。

回転する部分、ペットボトルで作った円筒部分に好きなイラストをマジックで描いてみましょう。

sP1190508.jpg

描くコツは、
・あまり大きな絵を描かないこと。
・描く位置は上から7~8センチのところを真ん中にして描くこと。
・絵は黒のマジックで輪郭をしっかり描くとくっきり映ります。

sP1190511.jpg

これで完成ですね。
絵は電灯を付けてみて、映り具合を確認しながら描くのも良いですね。
また、外枠の障子の部分にも飾りを付けてみると、華やかになると思います。

お疲れさまでした。きっと素晴しいものが出来上がっていると思います。
ペットボトルを幾つか用意し、色々なバージョンを作って楽しんでみてくださいね。

最後に注意点です。
・電球は非常に熱くなります。素手で触らないように。火傷します。
・同じく電球は熱いので、ペットボトルの回転部分を電球に触れさせないように。変形、もしくは溶けてしまいます。
・画鋲で作った、電球固定金具には画鋲の針がありますので怪我の無いように。
・使わないときはコンセントからプラグを抜いて節電してください。

Template by :FRAZ
まとめ