back to TOP

admin |  RSS

2015-05


5月30日(土)は、レゲエ・ピクニック in モリコロパーク に出展してきました。

sP1210007.jpg

開催準備風景。場所は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)の大芝生広場。
(芝生といっても、ここは人工芝なのですが。)

sP1210010.jpg

うちのブースの風景です。前回は雨で中止になりましたが、この日はよい天気になりました。

sP1210011.jpg

お隣は、harpさん。名古屋でモザイクタイルのお店をされている方で、こういったイベントではモザイクタイルのワークショップをされます。
そんな関係でよくご一緒させて頂き、とても良くして頂いてます。

sP1210012.jpg

うちのブースにも、沢山のお子さん達が工作に挑戦してくださいました。
ありがとうございました。

sP1210029.jpg

レゲエの音楽が絶え間なく流れるこのイベントは、皆さんリズムに乗って楽しまれています。
スポンサーサイト
 BBQ  2015/05/25 (Mon)
5月24日(日)は、地元のボランティア仲間とBBQを行いました。

sP1200983.jpg

毎年、5月の後半に仲間とわいわいBBQを行うのが恒例となっています。
この日も、楽しく大騒ぎして、酔いつぶれてしまいました。
いつもありがとうございます。

※ブログの更新が遅くなっていまして、申し訳ないです。
 ワクフェス Vol.3  2015/05/17 (Sun)

5月17日(日)、この日、愛知県蒲郡市の駅前近くにある「みなとオアシスがまごおり」で開催される「わくフェス Vol3」にワークショップで出展してきました。

sP1200961.jpg

快晴になったこの日の「みなとオアシスがまごおり」の会場に、わくフェスのイベントが開催されました。
写真は開始前の準備の風景。

sP1200958.jpg

フォレスト工房は、いつものように会場南側へ配置されました。
朝から風が強く難儀しそうな天気です。

sP1200969.jpg

しかし、始まってみますと、大勢の来場者で大盛況。
うちのブースも、気がつけば人だかりが出来ていました。

sP1200972.jpg

もう休む暇もなく、終始工作スペースは満席の状態で続いていて、結局は終了まで工作体験してくださるお子さんは切れることなく来てくださいました。

sP1200972_n.jpg

充分に持ってきた工作キットも、あやうく在庫切れになる勢いでした。

他のワークショップも、同様に忙しい様です。

そんなことで、他の様子を見ることなく終了の16時を迎えてしまいました。
流石に疲れましたが、本当に沢山参加くださいましてありがとうございます。

沢山のお子さん達にふれあい、とても楽しませてもらいました。ちょっと喉が枯れてしまいましたが。(笑)
主催者の皆さんのご尽力で、毎年盛大になる「ワクフェス」ですね。ありがとうございました。
 明日はワクフェス  2015/05/16 (Sat)

明日の日曜、5月17日は、愛知県蒲郡市でおこなわれる「わくわくフェスティバル」に出展します。

ワクフェス Vol.3

s20150516m01.jpg
※画像をクリックしますと、主催者のHPへ飛びます。

日時:5月17日(日) 10:00~16:00 入場無料

会場:生命の海科学館 周辺

会場へのアクセス
生命の海科学館
【〒443-0034 愛知県蒲郡市港町17-17】
詳しくはこちらを参照
http://ameblo.jp/wakuworkfes/entry-12025961456.html



今日は雨模様ですが、明日は良く晴れて暑くなりそうですね。
ただ、海辺の会場ですので、朝から風が強い様子です。
風対策をしてゆくことにします。

沢山のご来場をお待ちしてます。

5月10日(日)は、愛知県岡崎市の「青空クリエイターズフェスタ@籠田公園」にゴム銃ワークショップで出展してきました。

sP1200948.jpg

岡崎市の繁華街の中心にある篭田公園。そこが会場となります。本日は快晴、よきイベント日和りになりました。

sP1200948a.jpg

会場は2カ所に別れ、篭田公園と連尺通りになるのですが、昨年は連尺通りに振られましたが、今年は中心となる篭田公園に入ることができました。

sP1200949.jpg

しかし、天気はいいのですが、風がいつになく強い。台風の影響のあるのか?
どのテントも風に煽られて膨らんでいます。

午後になるとさらに風が強く、砂が舞って至るところが砂まるけ。
自分は風で飛ぶことは無かったのですが、時折「ガッシャン」と割れる音も聞こえたとか。

sP1200952.jpg

そんな中でも、お客さんの足が止まることはなく、うちのブースにも沢山のお子さん達が工作に参加くださいました。

sP1200953.jpg

お陰で終始暇なく過ごせました。

今回のスタンプラリーは、集めると会場内で使える200円分の「あおぞら通貨」が配られたようです。
うちのブースにもt600円分の「あおぞら通貨」が午後から集まりました。
販売促進のために、主催者の皆さんが色々と頭を捻っているのだと感じます。

そんなことで、風で大変な思いをしたものの、沢山の参加に恵まれた1日になりました。
ご参加くださった皆さん、主催者の皆さん、ありがとうございました。
ここ最近、タカラトミーから発売されたGショットや、Zuma2さんの連射式ゴム銃 SILVER-WOLF PZ の製品化など、ちまたではゴム銃ブームが少しずつ起きているような気配です。

そんな中で、(株)ライブエンタープライズさんからは「触れる図鑑コレクション」シリーズの中で、ゴム銃を取り上げてくださいました。

自分は自分が作成した作品の写真を提供させて頂いた関係で、見本誌を一足先に送って頂きましたので、ここで紹介します。

sP1200941.jpg

表紙には目玉となるゴム銃組立てキットの完成写真が大きく撮されていて、購買意欲をそそりますね。
今、アマゾンで確認すると、12連射となっています。見本誌は6連射になっていますので、改訂されたのかもしれません。

sP1200943.jpg

中身を開けると、このように木製の組立てキットが出てきます。
板状になっていますが、既にカット済みですので、抜き出してすぐに組立てることができます。
組み立てには工具も接着剤も不要とのこと。大人なら、ものの5分もあれば組立てられそうです。

木材は合板を使用していますので、強度にはある程度あると思います。
ただ、12発も輪ゴムをかけると、回転翼の当たる衝撃は相当なものになりますので、回転翼やトリガーには瞬間接着剤を染みこませるなどして強度補強をしておくといいでしょう。

sP1200945.jpg

そのほかには、割り箸ゴム銃の作り方や、最新のゴム銃の紹介などがカラー刷りで掲載されています。

sP1200946.jpg

私のゴム銃も、FAF19 リボリバーショットガン、FAF03 デリンジャーの2種類を取り上げてくださって、紹介してくださっています。

そのほか、輪ゴムが出来るまでの行程や、日本ゴム銃射撃協会の活動の様子なども紹介されています。

発売は2015年5月31日(日)、価格は¥ 2,980です。現在、アマゾンで予約受付中。

Template by :FRAZ
まとめ