back to TOP

admin |  RSS

2016-06

 音の準備会  2016/06/26 (Sun)

6月26日(日)は、ものづくりサポートセンターで、音の準備会でした。

sDSCN0189.jpg

おもに竹を切り出して、ウグイス笛の準備です。

sDSCN0190.jpg

ことしは、おおきな学校で行うので500セットくらいを切り出しました。
スポンサーサイト

6月25日(土)、今年も地元交流館で、「社会を明るくする運動」が開催されました。

sDSCN0165.jpg

毎年、自分には司会進行の役を任されまして、すでに足かけ10年目です。

sDSCN0174.jpg

今年のオープニングは「猿投打ち囃子太鼓」のみなさん。

sDSCN0177.jpg

続いては、小中学生による主張発表。ここの司会は中学生の2名にバトンタッチしました。

みなさん、素晴しい内容で、聞いていると色々と考えさせられます。

このあと、講演会もありまして、盛りだくさんの内容で締めくくられました。
来年もまたこちらに司会の役が回ってくるかとおもうと、いつになったらお役御免になるのか。
さて、気持ちを切り替えて次にすすみましょう。

7月~8月にかけて、工作講座の依頼が沢山来ております。7月分を紹介しておきます。
どなたでも申込み自由なところもありますので、予定合わせて参加ください。

※参加費は、それぞれの主催者負担によって差がありますので、ご了承ください。

伊保町子ども会

ゴム銃工作講座 ※子ども会6年生のみ

日時:平成28年7月9日(土) 15:00~

場所:伊保町児童館   (愛知県豊田市)


週末ワークショップ

s20160620m02.jpg

日付: 平成28年7月10日(日)

時間:①10:00~12:00
    ②13:30~15:30

参加費:500円 ※小学生4~6年なら、どなたでも参加できます

場所:トヨタ産業技術記念館
    〒451-0051 名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
    TEL:052-551-6115/FAX:052-551-6199
    http://www.tcmit.org/



夏休み工作講座 輪ゴム銃を作って遊ぼう!

s20160620m03.jpg

連射が出来る輪ゴム銃を作る。作った輪ゴム銃で射撃大会をします。

開催日時 : 7月23日(土)10:00~12:00

開催場所 : 石野交流館 多目的ホール
         〒470-0318 愛知県豊田市力石町深田57-2
         TEL:0565-42-1711
         http://ph-toyota.jp/guide/ishino/

対象者  : 4歳~小学校6年生 3年生以下は保護者同伴  ※対象年齢なら、どなたでも申込みできます

参加費 : 700円(材料代含む)

定員 : 20人

申込み日 : 7月2日

申込方法 : 窓口優先、電話も可



木の本格派ゴム銃

s20160620m05.jpg

日付: 平成28年7月30日(土)

時間:①10:00~12:00
    ②13:00~15:00

参加費:1200円 ※どなたでも参加できます

場所 : たい焼きわらしべ一身田店2階
〒514-0114 三重県津市一身田町180−2
電話:059-236-3033

申込み:電話 080-8727-5094



親子でゴム銃を作ろう!

s20160620m04.jpg

日時 :平成28年7月31日(日)  13時00分~16時00分

場所 : 猿投北交流館 多目的ホール
      〒470-0364 愛知県豊田市加納町西股67
      TEL:0565-45-5480
      http://ph-toyota.jp/guide/sanagekita/index.php

対象 : 小学生親子10組

参加費 :2,500円

申込 : 7月3日(日) 9時30分~   窓口または電話にて受付 (窓口優先)
 7月は全国大会  2016/06/19 (Sun)

7月初めは、三重で全国大会が開催されます。皆さん、参加よろしくお願いいたします。

第12回全国大会

s20160620m01.jpg

日時:2016年7月3日(日) 10時~15時00分
   表彰式15時30分頃より (開場:9時 受付開始:9時30分)
   
会場:高田会館 大ホール
    514-0018 三重県津市一身田町2819
    059-232-6079
    http://takada-k.net/free/page-3

参加申込みは下記URLから
http://kokucheese.com/event/index/401992/

 STREET & PARK MARKET   2016/06/18 (Sat)

6月18日(土)は、地元の豊田市で行われている「STREET & PARK MARKET」に、初めて出展してきました。

s2016DSCN0147.jpg

場所は、豊田市元城町にある「豊田市桜城址公園」内。
 
s2016DSCN0157.jpg

梅雨入りして間もないのですが、まるで梅雨明けしたようなピーカンな晴天に恵まれて、出展準備しているときから、私は既に汗だくになっていました。

s2016DSCN0155.jpg

ここの出展は初めてなので、どんな様子なのか、心配半分、期待半分。

開催時刻の10時すこし前くらいから、お客さん達が来だして賑やかになってきました。

s2016DSCN0152.jpg

最初の時間、インターネットのホームページを見て、うちのワークショップを目当てに来てくださった方が2組続けてきてくださって、とても嬉しかった。

しかし、日差しが強くなるにつけて、お客さんも引いてきて、午後からは気温も33度まで上昇、暑くて暇してました。

そうは言っても沢山の方に、ゴム銃に興味を持って触って頂いたり、購入して頂いたりしまして、ありがとうございました。

今後の予定を見ると、「STREET & PARK MARKET」に年内は参加できそうにありませんが、また来年にでも都合つけて来たいと思っていますので、その折りはよろしくお願いいたします。

明日は、豊田市で行われるクラフト市に出展します。

市内で行われるクラフト市に出展すのは初めてのことです。
市内では、いろいろなところで工作教室に出向いていますので、そういうところと比べると、どうしても割高になるクラフト市ですから、どこまで参加して貰えるのかわかりませんが、天気も良さそうなので、楽しみに出かけてきます。

STREET & PARK MARKET

s20160617m01.jpg
※画像をクリックしますと、公式HPへ行きます。


開催日 6月18日(土) (※毎月第3土曜日 ※雨天決行)

時間 10:00〜15:00

会場 豊田市桜城址公園 豊田市元城町1-51






以下は、今回の出展紹介。




s20160617m02.jpg

※フォレスト工房の位置がわかるように会場レイアウトの一部を切り取って、貼り付けておきます。

詳しくは、公式HPを参照ください。
http://sp-market.org/

 漆塗り  2016/06/16 (Thu)
TVを観ていると、漆塗りのことを紹介されていて、ハンターさんが持っている漆塗りのゴム銃をすぐに思い浮かべました。

いまでは国産の漆は2%程度しか使われてなく、かわりにカシュー塗料というものがあると言われてました。

あの光沢ある仕上がりは一度は挑戦してみたいなぁと思うのですが、全行程、最低でも5日間はかかるとなると、自分にはなかなか行えないなぁと半分諦めてしまいます。

とはいえ、いつかはやってみたいので、忘れないように、ここにメモ書きするために、上げておきます。

※参考
カシュー塗料の種類と塗り方
http://ohhashi.net/products/list.php?category_id=775

キャラクターフェスティバル in モリコロパーク Vol.5

6月12日(日)、愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で行われた「キャラクターフェスティバル in モリコロパーク Vol.5」にワークショップで参加してきました。

s2016DSCN0125.jpg

今回で5回目になる、キャラフェスですが、自分も毎年参加させて頂いております。

全国の着ぐるみや、コスプレファンなどがあつまるイベントで、今年は痛車の展示もありました。

s2016DSCN0020.jpg

自分たちのブースは、工作室を一部屋割り当てて頂いての開催です。

s2016DSCN0047.jpg

エントランス中央には、特設ステージが設けられて、そこでMCのまゆみんが1日中、色々なキャラクターの紹介を行っています。

s2016DSCN0053.jpg

オープニングが終わったあと、すぐにワークショップの内容紹介がありまして、自分たちも工作を説明するためにステージにあがります。

s2016DSCN0057.jpg

ステージで輪ゴム銃を理解してもらうため、実射の実演もさせてもらいました。

s2016DSCN0121.jpg

今回のワークショップの内容は、木工で作った単発銃に加えて、割り箸ゴム銃も用意しました。

s2016DSCN0122.jpg

割り箸ゴム銃はつくるのが大変ですので、説明も難しくなりますが、無料で体験してもらっています。

s2016DSCN0120.jpg

場所に余裕gありますので、色塗りのスペースも用意。

sDSCN0118.jpg

それに射撃体験のスペースも用意しました。

s2016DSCN0069.jpg

持参した色々なゴム銃の射撃体験もして貰いまして、皆さん愉しんでくださったようです。

午前中は出足が悪かったのですが、午後から忙しくなりまして、自分もふくめ4名で対応しましたが、忙しくなる場面もありました。

天気も雨に降られることなく、まずまずの日ですみまして、終わってからは一緒に行った仲間と中華で打ち上げしました。
今回も沢山のご参加ありがとうございました。

2008年11月末ごろに作成した、FFF01ガトリング銃ですが、いままで、色々な場面で頑張って動いてきてくれました。



しかし、古くなってくるといろいろなところが傷んできます。今日は2カ所の悪い場所を修理することにしました。

まず1つめが、

s20160611_192154.jpg

モーターケース部分の破損。赤丸のところ。
以前に落下事故があって、一度ケースがバラバラになったことがありました。一度修理しましたが、再度剥がれて落ちてしまって紛失したままでした。

2つ目が、動作部分、

s20160611_192208.jpg

回転翼を制御する、トリガーの部分が欠けてしまっています。赤丸の部分です。
NHKに出演させて頂いたときに、沢山輪ゴムをかけて強く当たって欠けたものです。
いままで誤魔化して使ってきましたが、今日はしっかり直します。

ケース部分は、色があまり違ってしまうと違和感があるので、同じラミン材をもってきて、補修しました。

s20160611_193145.jpg

これは、簡単に修理完了。すこし色が違っていますが、許容範囲でしょう。

問題は、稼働部分の修理。

s20160611_194249.jpg

ドラム部分を分解して、欠けたバレルの1本を外しました。
すべて分解できるように作っておいて、こういう修理のときに助かります。

s20160611_195241a.jpg

上の写真が問題箇所を取り出したもの。赤丸の部品が欠けてしまっています。

s20160611_202719.jpg

割れたものを型にして、同一のものを切り出しました。
もとはラミン材の1枚板で切り出して作ってありましたが、今回はベニヤを使って切り出しました。
強度が増したかどうかは、今後使ってみて検証していきます。

これで修理完了。まだまだ活躍の場に出てもらうことになります。

今週末は、モリコロパークで開催される「キャラフェス」に参加します。
いつも通りに、ゴム銃のワークショップで参加です。

キャラクターフェスティバル inモリコロパーク Vol.5 
~着ぐるみ・コスプレ大集合~

s2016morikorofes05_ttl01.jpg

【 日時 】2015年6月12日(日)10:00~18:00 (9:30開場)

【 会場 】愛・地球博記念公園(愛称:モリコロパーク)
      住所:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1  電話:0561-64-1130
【アクセス】地図、アクセス方法はこちら

【 料金 】
・コスプレイヤー 1,000円 ※コスプレイヤーはカメラ登録無料
・コスプレしない方 参加費無料、カメラ登録料1,000円
※カメラは種類にかかわらず登録が必要 ※動画カメラ、動画の撮影は禁止
※まにあ道IDは、まにあ道に登録(無料)していただくだけで取得可能

詳しくは、下記URLを参照ください。
http://www.maniado.jp/special/contents/morikorofes05.html
 娘の挙式  2016/06/05 (Sun)

6月5日(日)は、次女の挙式でした。

sDSC00676.jpg

ずっと天気予報を確認してきて、雨が降らないものと思っておりましたが、土曜になって梅雨入り宣言。
雨が降る残念な日になってしまいました。
が、沢山の人に祝福され無事に挙式を終えることができました。

sDSC00774.jpg

思えばいろいろありましたが、こうして最愛の人に巡り会え、巣立っていってくれるのは有り難いことです。

sDSC00756.jpg

全ての皆さんに感謝いたします。
   2016/06/04 (Sat)

6月4日(土)は、5月26日(木)に続いて、ものづくりサポートセンターで、竹てっぽうの研修会がありました。

s20160526_104624.jpg

5月26日(木)で作ったものは、上の写真にある空気てっぽう。
これは濡れた新聞紙を詰めて、空気の圧縮で飛ばすもの。

今回作成したのは、下の写真のもの。

s20160604_141624.jpg

竹で作る水てっぽうです。

7月に交流館で竹で作る水てっぽうの工作を行うので、予行練習も兼ねて、参加しました。

竹選びから始まって、なかなか難しい工作です。
問題は子ども達にどうやって作り方を指導するかです。

またまた難しい課題が残ってしまいました。頭を使わなくてはいけません。
Template by :FRAZ
まとめ