back to TOP

admin |  RSS

2017-06

 7月の工作講座  2017/06/30 (Fri)

7月のゴム銃工作講座をお知らせします。

交流館に集合!夏休みゴム銃を作ろう!
sゴム銃20170729

開催日時:平成29年7月29日(土)
開催場所:浄水交流館 大会議室1・2
対象者:浄水地区の小学生
参加費:700円
定員 20名
申込み開始日 7月1日(土)


ゴム銃をつくろう!

sゴム銃20170730

開催日時:平成29年7月30日(日) 10:00~12:00
開催場所:猿投北交流館 多目的ホール
対象者:加納・四郷・東保見小の児童(1・2年生は保護者同伴)
参加費:1,000円
定員 16人(応募者多数の場合抽選)
申込み日:7月8日(土)~7月16日(日) 9:00~21:00
申込方法:窓口の応募箱へ応募用紙を入れてください
スポンサーサイト

工作作業室(工房)が完成したと聞きつけてくださった、ダボ爺さんからお祝いが届きました。

s2017DSC_1156.jpg

作業台兼腰掛です。

s2017DSC_1159.jpg

材料は1×4(SPF)で、大きさはW600×D300×H420。
とてもしっかりした作りで、ラフな扱いをしても壊れそうにありません。

s2017DSC_1160.jpg

ダボ爺さんの焼き印入り。

すばらしい贈り物をありがとうございます。これからの作業に活用させて頂きます。

s2017DSC_1161.jpg

同時に、7月8日(土)に行われる中部地区ゴム銃射撃大会の賞品も送って頂きました。
ありがとうございます。
次回、中部地区のゴム銃射撃大会は、7月8日(土)に
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内
地球市民交流センター 体験学習室3
にて開催する計画です。
沢山のご参加をおまちしております。

s20170628DSC00495.jpg


以下、開催要項

日時:2017年7月8日(土曜) 午前10時~16時
開場:午前9時  受付開始:9時30分
場 所 地球市民交流センター 体験学習室3
    ※愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内
    〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
    電話番号0561-64-1190
参加資格:どなたでも参加自由(年齢、性別は問いません)
参加費 :無料

会場へのアクセス
 電車:東部丘陵線(リニモ)~
       『愛・地球博記念公園駅』下車すぐ
 車:
   東名高速道路・日進JCTから、名古屋瀬戸道路に分岐
   「長久手IC」東へ約5分
   または東名高速道路「名古屋IC」東へ約20分

競技内容:日本ゴム銃射撃協会公式競技3種
 (マッチボックス・フライシュート・コインペンドラム)

持ち物 競技用ゴム銃、昼食、飲み物、筆記用具。

昼食は会場内にお弁当屋や、レストランがありますので、利用可能です。
貸し出しゴム銃もありますので手ぶらでもOKです。輪ゴムも用意してあります。
ご自慢の自作銃があれば是非お披露目ください。
 工房、整備ちゅう  2017/06/27 (Tue)

工房の部屋は出来ましたが、今後は少しずつ使い易いように整備していかないといけません。

s2017DSC_1103.jpg

まずは、大型のオープンラックを入れました。中古品ですが、殆ど使って居ない美品を安くわけてもらいました。
結構なサイズで、横幅310センチほど。沢山収納できますが、奥行きが本棚サイズなので使い勝手はいまいちかもしれませんね。

s2017DSC_1100.jpg

梁にコンセントを増設。電気屋にお願いしておけばよかったかもしれないけど、工事費は結構な単価とるので、見栄えは悪いけど機能はもんだいなし。別の梁にもつけて計二カ所増設しましたので、足りないことはないでしょう。

s2017DSC_1115.jpg

で、念願のエアコンの取り付け。
これでやっと空調のある部屋で作業できます。よかった。

今後は工具の収納や、作業台の自作などをおこなって、やっと工房として使えるようになります。
がんばろう。
 工房が完成  2017/06/23 (Fri)

5月22日(月)から着工した工房へのリフォームが約一ヶ月かかりまして、本日完成しました。

s170623DSC_1039.jpg

間仕切りに引き戸が入りました。

s170623DSC_1005.jpg

こちらは反対側から見た写真。

クッションフロアーを張り、クロスを貼って頂いて、電気工事も終わりました。

s170623DSC_0735.jpg

こちらがリフォーム前の車庫の状態の写真。ここからでは想像できないくらい綺麗にしてもらいました。

あとはエアコンを取り付ければ、工作機械を運び込んで工房として機能しだします。

ここからが自分の仕事なので、いま抱えている工作キットの作成が終われば順次運び込みしていきます。

6月のイベント参加はもうありません。次回は豊田スカイホールで行われる
たのしい社会科まつり
に呼ばれていまして、そちらでゴム銃のワークショップを行います。

o0480067113957324518.jpg

こちらのイベントは全て参加無料ですが、一般の方の入場はできないようです。
※フードコートなど一部有料あり
入場資格のあるのは、トヨタ自動車関連企業で全トヨタ労連に加入されている方のご家族だそうです。

s2017DSC_0983.jpg

フォレスト工房は三角回転翼を使った6連発機構のゴム銃を作成します。参加無料。
整理券方式ですので、9時30分、11時30分に配布する整理券を手に入れてから工作コーナーへお越し下さい。
80人分を用意してお待ちしてます。

日時:7月2日(日) 10時~15時 (開場9時30分)

会場:豊田スカイホール 豊田市八幡町1-20
    http://www.toyota-taikyo.or.jp/skyhall/hall.html

当日は「豊田スカイホール」の駐車場は利用できません。
会場へのアクセスは無料シャトルバスをご利用ください。
詳しくはパンフレットの裏面に記載されています。

有吉ゼミに出てくるヒロミの八王子リフォームを見ていると、電動丸鋸も案外と使い勝手があるようなので、欲しくなってきました。

今までは、丸鋸は単に切断だけなので、スライド丸鋸の方が使い道あるとの認識でしたが、ガイドをうまく使えば大きなベニア板も綺麗に直線で切れるようです。

そんなんで、アマゾンみたり、ヤフオク見たりしていましたら、展示品で安く出ていたので落札してしまいました。

正しくは値引き交渉アリだったので、これくらいなら買ってみてもいいなと金額入れたところ、落とすことができたということです。

s2017DSC_0960.jpg

で、来たのが、上の写真のもの。

ネットで調べるとブレードが165mmのものが使い勝手がいいということなので、
日立工機 電気丸のこ 刃径165mm アルミベース AC100V 1050W FC6MA2
にしました。
アルミなので、重さは3Kgほど。これが重いのか軽いのか?初購入なので解りませんが、軽い部類に入るもよう。

s2017DSC_0961.jpg

しかし、取り出してみると、ラバーグリップ部分が加水分解して、ネバネバになっていました。
半分、やられた気分です。なので、少し安くとも落札に応じたのかと、ここで理解。

このまま使ってもいいけど、ネバネバ、ネチョネチョのままだと、すぐに汚れが付着して見るにも無残になってしまうので、これを除去する方法はないかと調べました。

s2017DSC_0962.jpg

したら、ありました。調べてみるものです。
無水エタノールで擦ればOKとのこと。これが無ければ除菌アルコール入りウエットテッシュでも効果ありとのこと。
ようは、アルコールで拭けばいいらしい。

s2017DSC_0963.jpg

で、ごしごしやりましたら、ネバネバが取れたついでにラバー部分も消えてきました。下地の黒がくっきり出てきてしまった。
ラバーで貼ってあるのではなく塗料みたいに塗りつけてあるだけの薄いものなのねと初めて知りました。

結果、ネバネバは無くなりましたが、まだら模様の汚いグリップになりましたとさ。

ま、触って気持ち悪い思いがしないぶん良しとします。
これでまた色々作る幅が増えました。


5月22日(月)から始まった工房へのリフォームですが、まだまだ完成に至っていません。

s2017DSC_0930.jpg

現地点で、大工さんの工事がやっと終わったところ。

これでクロス屋さんが入って、床や壁紙を貼っていただき、その後電気屋さんが入って工事をすると
最後に大工さんが仕上げで間仕切りの引き戸を付けて完成。

今月中に完成するか?もなんかあやしくなってきました。
 夏合宿 in 浜松  2017/06/11 (Sun)

6月10日(土)~6月11日(日)に掛けて、静岡の浜松市にある滝沢キャンプ場にて
ゴム銃仲間が集う「夏合宿 in 浜松」に企画、参加してきました。

s2017DSCN2306.jpg

写真はタープの設営風景。
西は大阪、京都から、東は東京、長野、中部は愛知や三重から、総勢16名が集まって「合宿」です。

プログラムは盛りだくさん!!

s2017DSC_0877.jpg

上の写真は、紙飛行機の作成風景。

s2017DSCN2313.jpg

こちらは手裏剣を投げて忍者の修行です。

ほかにも、ブーメランやプラトンボも作ってみました。

s2017DSC_0882.jpg

かたや、おっさんはダッチオーブンを使って豚バラ肉のトマト煮込みを作ってみました。
これが案外美味しく作れてご満悦。

s2017DSCN2316.jpg

こちらは焼き鳥屋のおっちゃん!^ ^
たんまり串焼きを焼いてくださってました!!

s2017DSCN2321.jpg

さて、そろそろ夕刻になれば火を囲んで円陣をくめば、宴会のスタート。
進行は白牛さん。さすが喋り慣れています!

s2017DSCN2322.jpg

まずは理事長の挨拶から始まり、自己紹介、ダボ爺さんの乾杯で、BBQの始まりです。

s2017DSCN2318.jpg

北海道のBOSSから送って頂いたジンギスカンに舌鼓。美味しかった!!
白牛さんが買って来てくれた松阪牛はあっというまになくなりました。旨かった!

s2017DSCN2330.jpg

お腹が満たされ、あたりも暗くなってきましたら、ダボ爺さんの進行でビンゴ大会!
色々な景品をめぐって楽しみました。
自分はビンゴはいつも負け組ですが、今回も例外ではなかったw

s2017DSCN2332.jpg

さらに、ホローさんによる4連発のゴム銃工作のはじまり。

s2017DSCN2340.jpg

CNCで削り出した工作キットは実に正確で、すんなり組立てられるのはさすがです。

s2017DSCN2344.jpg

そのあとは、ハンターさんの今年の新作。クラッカーの爆音とともに発射されるバズーカタイプのゴム銃。
後ろからテープが飛び出るのはおもしろい!!w

s2017DSC_0906.jpg

今度はハンターさんの進行のもとミニ競技。ヤクルトの容器を狙って、今作った4連発のゴム銃でトーナメントの勝ち抜き戦。
なかなか綺麗に倒すのは難しい。

s2017DSCN2351.jpg

次は、今回2回目のゴム銃工作。私の単発銃を作りました。

s2017DSCN2358.jpg

これも作ったゴム銃でミニ競技を開催。優勝は誰だったか?キツネくんだったっけ?^ ^;

そんなこんなで盛りだくさんの企画の中、合宿の夜は更けていきました。

翌朝は、、、

s2017DSC_0918.jpg

クリームシチューを作って朝食の準備。

s2017DSC_0920.jpg

作成に少々手間取り、腹ぺこのおっさん達を待たせました。

s20170611m01_n.jpg

メニューはメインがホットドッグ、スクランブルエッグに、ベーコンやウインナー、カレーも。

s20170611.jpg

最後は皆さんで集合写真でしめくくり。

共通の趣味でこうして集まる機会が設けられて、とても充実した時間が過ごせました。
皆さん本当にありがとうございました。

またこうして集まる機会を作りたいですね。これからもよろしくお願いいたします。
 ワクフェスvol.5  2017/06/04 (Sun)

6月4日(日)は蒲郡市で行なわれた「ワクフェスvol.5」に出展してきました。

s2017DSCN2240.jpg

雲ひとつない快晴の下、イベント日和りになりましたが、いかせん風が強い!!
テントが壊れるのが恐くて、シートを張らずにおいたんですが、これがまたイケマセン。
お陰で日焼けして真っ赤です。

s2017DSCN2261.jpg

ご来省者のみなさんは、自前のテントを持参して、結構な賑わいです!

s2017DSCN2259.jpg

うちの体験ブースも、お昼を取る暇もなく忙しくさせて頂きました。

s2017DSCN2274.jpg

最後はお菓子のばらまきで締めくくり。

沢山のご参加ありがとうございました。また、主催者の皆さん今年もお声掛け下さいましてありがとうございました。

今年の前半のイベントは本日で終わり。
今度は夏休み工作講座への準備で追われます。

イベントへの参加は9月から再開です。

FAF24のフレームは量産向きではないので、大量に工作キットの注文を請けた場合には
少々面倒になります。

s2017DSC_0324.jpg

そこで、フレームを簡素化したモデルも作ってみました。
写真上が正規モデル。下が簡素化モデル。

s2017DSC_0321.jpg

デザイン的に簡単になった分、悪くなったように思いますが、こういったバージョンも場合によっては使い分けして行きたいと思います。

前回に続いて工作モデルの設計です。

s2017DSCN2237.jpg

前回よりもオーソドックスな形に戻して、切り出し易さの点を見直しました。

s2017DSCN2235.jpg

ほぼFAF23の焼き直し。見直した点はグリップとフレームです。

これだけでイメージは大きく変わってきますね。

s2017DSCN2232.jpg

さっそく設計通りに試作の切り出し。

s2017DSCN2233.jpg

今後はこのモデルをメインに工作講座を行なっていきたいと考えています。

関連記事
FAF24のフレーム簡素化モデル 2017/06/03 (Sat)


名称:三角翼連発銃 FAF24 ハンドガン
全長:297mm  銃身長:253mm 全高:110mm
適合装弾:オーバンド#16
発射方式:瞬間解放方式
装弾数:6発
材質:ヒノキ、アガチス、シナベニア、イエローポプラ
Template by :FRAZ
まとめ