FC2ブログ

back to TOP

admin |  RSS

2018-02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 競技会のお知らせ  2018/02/27 (Tue)
第25回中部地区ゴム銃射撃大会

中部地区のゴム銃射撃大会を3月3日(土)に愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内
地球市民交流センター 体験学習室3 にて開催します。
沢山のご参加をおまちしております。

s2018DSCN3097.jpg

以下、開催要項

日時:2018年3月3日(土曜) 午前10時~16時

開場:午前9時  受付開始:9時30分

場 所 地球市民交流センター 体験学習室3
    ※愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内
    〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
    電話番号0561-64-1190

参加資格:どなたでも参加自由(年齢、性別は問いません)

参加費 :無料

会場へのアクセスなど会場の詳しい情報は下記URLより参照ください
https://www.aichi-koen.com/moricoro/

見学だけでも構いません。折角の機会ですので、ゴム銃の楽しさに触れて頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

2月25日(日)、豊田市のスカイホール豊田で開催された「WE LOVE とよたフェスタ」に出展してきました。

産業や文化、福祉など様々な分野の展示を通して豊田市の魅力を発信する目的で、今年はじめて開催されました。

s2018DSCN3428.jpg

自分は午前中、他の工作講座の指導依頼が入っていましたので、午後からの参加となりました。

s2018DSCN3430.jpg

会場内では色々な体験コーナーが設けられていました。

s2018DSCN3432.jpg

お子さん達にとっては、一日遊べる内容になっていると思います。

s2018DSCN3434.jpg

自分はその中の一角にブースを設置させて頂きまして、いつものようにゴム銃のワークショップを行いました。

s2018DSCN3436.jpg

今回はゆったりとした広さの区画でしたので、射撃体験コーナーや、色塗りコーナーなど、フルに活用させて頂きまして、午後からの短い時間ではありましたが、ワークショップに参加くださるお子さん達が途切れることなく来てくださいました。
中でも午前中に来てみてワークショップをやっていないので、午後から開催されるまで待っていてくださったお子さんもいて、ありがたいやら申し訳ないやら。

今後も毎年行われるのか不確定なイベントのようですが、また行われるなら参加も検討したいと思います。
うちのワークショップに沢山のご参加ありがとうございました。

今度の日曜、2月25日(日)に行う「WE LOVE とよたフェスタ」に向けて、射的用のターゲットを作成しました。

sDSC_2076.jpg

ゴム銃のワークショップがメインで出店しますが、自分は予定があるため、午後からの参戦になります。
そのため、午前中はゴム銃で射的でもして楽しんで頂くスペースにしたいと思っています。

いつもは紙コップを積み上げただけの簡単なターゲットで済ませていますが、今回はそれじゃ味気ないかなと思いまして、作ってみました。

ここまで準備すれば、あとは子ども達が工夫して遊んでくれることでしょう。

今度の週末はWE LOVE とよたフェスタ に参加します。

WE LOVE とよたフェスタ

s_chirasi2018.jpg

開催日 2018年2月25日(日曜日)

開催時間 午前10時 から 午後3時30分 まで

開催場所 スカイホール豊田 http://www.city.toyota.aichi.jp/shisetsu/sports/skyhalltoyota/index.html
       駐車場には限りがあります(スカイホール豊田駐車場、元城小学校臨時駐車場)。
       公共交通機関をご利用いただくか、最寄りの有料駐車場をご利用ください。

詳しくは下記URLより
http://www.city.toyota.aichi.jp/shisei/juten/welovetoyota/1023002.html

サイクロン集塵装置の自作をしてみました。

s2018DSC_2022.jpg

まずはCNCでベニアをドーナッツ状にきりだし。

s2018DSC_2024.jpg

ペール缶の蓋に穴をあけて。

s2018DSC_2025.jpg

蓋にサイクロン集塵機パーツを固定。

s2018DSC_2026.jpg

あとはジョイントで電動集塵機とつなぎ合わせれば完成。

s2018DSC_2028.jpg

ペール缶に切り出した木くずが溜っていたのでOKのようです。

  
 お仕事道具市  2018/02/11 (Sun)

2月11日(日)は、日進市市民会館で行われた「お仕事道具市」にワークショップで出展してきました。

s2018DSCN3391.jpg

開場前の様子。
沢山のお客さんが開場を待っていました。

s2018DSCN3401.jpg

10時半の開場になると一気ににぎやかになります。

s2018DSCN3403.jpg

お値打ち品をいかにうまくはやく探すのがポイントだけど、数に限り有り。

s2018DSCN3407.jpg

うちのワークショップは、一通り会場巡りしてから来て頂けるので、のんびり様子みてます。(笑)

自分もそんな時間に会場を廻ってめぼしいものを物色。って、いつも買いすぎて困りますが。^ ^;
そんな中で、うちのワークショップへも沢山の参加を頂きましてありがとうございました。

s2018DSC_2000.jpg

楽しい時間もあっというまに終了です。

CNCを使うにあたって、標準だとワークを固定するのに両面テープを使って貼り付けて行います。
それだとワークをキズ付けることもあるし、作業も面倒で効率が悪い。

しかし、アルミ加工テーブルをオリジナルマインドで購入すれば16000円もするので躊躇します。

s2018DSC_2068.jpg

そこで、通販で安い10ミリ厚のアルミ板を購入しました。
この1枚板は、サイズに合わせて切ってくれて3000円ほどで済みます。サイズは220X300で注文。
これが加工できれば、加工材はクランプで固定できるようになります。

s2018DSC_2081.jpg

早速、CNCをつかってアルミ板を加工します。

長溝にすると無段階でクランプが取り付けられて便利だけど、加工が厄介なので、オリジナルマインド方式で作ることにしました。
クランプ取り付け穴は貫通にしたかったけど、あまりに動作時間が掛かるので、位置決めの穴に留めて、このあとボール盤で穴開けして貫通させます。

しかし、加工に使ったエンドミルの剛性が足りないのか、良く見ると加工した円が真円になっていない。
まぁ、ここは精度なくても良いかなってことで、勿体ないから、そのまま使います。
アルミ加工は自分にとってかなりハードル高い。

s2018DSC_2100.jpg

ボール盤で貫通穴を開けてタップを立てましたところ。
タップ立ては大変な労働です。48個あけるのに2時間半くらい掛かった。結構しんどい。

s2018DSC_2107.jpg

で、CNCに固定して、面だし処理。
アルミの切りクズの凄いこと。これみると集塵環境を早急に整えないといけないと痛感します。

s2018DSC_2108.jpg

加工テーブルの完成。こでれ晴れてワークはクランプで固定できます。

  
Template by :FRAZ
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。