back to TOP

admin |  RSS

2017-08

タミヤのクラフトツール「電動ハンディドリル」

sP1170253.jpg

自分が工作教室に必ず携行する電動ドリルです。

今まで使ってきた物が最近顕著にパワーが落ちてきたので、2代目を購入しました。
定価1800円。
実際のところ、この値段ならホームセンターで安売りの電動ドリルが千円程度で売っていることがあるので、決して安くはありません。
また、ドリル歯も、最大で3ミリ、最少で1ミリと使用用途が限定されてしまいます。

それでも好んで使っているのは、
1.小さくコンパクトであるし、単3乾電池2本で暫く使える。
2.使用は木ねじの下穴に限定して使っているので、2ミリのドリル歯だけで充分活躍できる。
の2点です。
自分はこれで充分です。

sP1170255.jpg

中身は組み立てキットになっています。プラモデル作成の経験者なら、気軽に組み立てられるでしょう。
組み立てには、プラスドライバー、ラジオペンチの工具が必要です。
さらにできればカッターやニッパーなどもあると便利です。

sP1170257.jpg

組み立て終わって、完成したもの。

ドリル歯に塩ビのチューブを差してあるのは、木ねじの下穴の深さの目安にするため、付けてあります。


電動ドリルは、電動工具の中でも比較的安全な工具です。
しかし、これがあると無いとでは、便利さは格段に違いがあります。

また、付属で最初から2ミリのドリル歯が付いているのはありがたいです。
ゴム銃に限って言えば、2ミリのドリルでも充分活躍してくれます。
その昔、自分は割り箸ゴム銃を作ってましたが、そのとき良く使ったのが2ミリ径の妻楊枝。
それを軸にして使うと、この「電動ハンディドリル」が非常によく活躍してくれました。

今はもう割り箸ゴム銃を作らなくなりましたが、工作教室での木ねじの下穴開けに今後も活躍してもらいます。

 
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1006-05aa2496
Template by :FRAZ
まとめ