back to TOP

admin |  RSS

2017-06

10月6日(日)に行われる「わくわくワールド」ものづくりフェスタに合わせて、新作の大型なものを作成しようと前から計画していました。

しかし、目前のイベントなどの準備に追われてなかなか着手できませんでしたが、いよいよ時間が無くなってきて、後回しにできなくなりました。

そんなことで9月21日ころから、少しずつ作り始めたのですが。

もともとは、中村理事長の作られた、SRBG2011 TEN CUP SWEEPER(2011年製)をみて、これは面白いので、自分も作っておきたいと思ったものです。

いわゆる散弾銃の連発タイプです。

sP1170524.jpg

まずは、重要な機関部は6つ作りました。
瞬間開放タイプですが、ショットガンですので、少しは頑丈に作ってます。

sP1170607.jpg

これを37パイの塩ビ管に挿入すると、こんな感じになります。

sP1170608.jpg

束ねた機関部を後ろからみると、こんな風に訳の解らないものに。

ここで問題が発生。在庫にあった塩ビ管だけでは6本に満たない5本までしか切り出しできませんでした。
写真では全部あるように見えますが、実は1本足らないのです。

慌てて購入したところへ買いに出かけると、置いてありませんでした。しかたないので、他の市内にあるホームセンターを全部廻って探したのですが、どこにも置いてありません。
当初はどこでも置いてあるものだと思って作ってましたので、こんな貴重なものとは思いもしませんでした。
かなりピンチです。

しょうがないので、また元々買ったところへ戻って尋ねると、旧品になって定番から削除した商品とのこと。
しかし、メーカーに問い合わせしたところ在庫があるので注文すれば入荷可能だとのことなので、時間がないけど注文しました。

さて、手元に届くのが木曜あたりになると思われます。
うまく完成して10月6日間にあうのか、非常に微妙なところです。

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

不思議がいっぱい(^^;)

こんばんは<(_ _)> 
いつも不思議に思うのですが、塩ビ管に切り込みを入れる時は
皆さんどうやっていらっしゃるのでしょうか。
自分で作ってみたら判るのでしょうけれど・・・・・・(^^ゞ

それから、ものづくり講座の銃、かっこいいですね!

2013/10/03(Thu) |URL|石川の親子 [edit]

Re: 不思議がいっぱい(^^;)

>石川の親子さん
塩ビ管に切り込みを入れるのは、カッターでグリグリやってますよ。
手が滑るとかなり危ないのですが。(^^ゞ
いちどショットガンも作ってみては?単発銃のおっきいものを作るイメージで出来てしまいますよ。

2013/10/04(Fri) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1033-9b46df86
Template by :FRAZ
まとめ