back to TOP

admin |  RSS

2017-08

10月26日(土)とよた科学体験館で「親子で楽しむものづくり講座」本格的連射式ゴムてっぽう製作を行ってきました。

台風27号が日本列島に接近していて、もしかしたら暴風警報が発生して実施中止になるやもしれない状況でしたが、コースが外れて予定通りに行うことができました。

講座申込み開始当初は定員15名のところ10名まででしたが、本日には定員15名一杯の参加となりました。

講座開始は午後1時から、終了は午後3時半までのたっぷり2時間半のプログラムです。

sP1170824.jpg

会場へは12時に集合、そうそうに工作講座に設定を皆さんで手分けして行いまして、参加者をお迎えする準備が整いました。

sP1170825.jpg

参加対象は小中学生の親子15組。
まず最初は作成モデルであるFAF18を作りあげます。切り出しはすべて終わっていますので、組み立てから入ります。
順調に組み上げて、約45分くらいで完成できました。

残った、時間は作った銃で競技会。

sP1170828.jpg
こんな風に会場の隅で、紙コップを並べてテーブルから落とした数を競います。

最後は、私の作った色々なゴム銃で射撃体験をして頂いて、プログラムを全て終了しました。

この講座は親子で参加するプログラムです。
クラフトフェアでもそうなのですが、こういう工作時に親御さんに向かっていつも2点を説明させてもらいます。

その1つは、内部の輪ゴムが切れた場合は、フレームを開いて交換するためにネジ止めしてますよってこと。
もう1つは、連発銃にはオーバンドの#16を使ってくださいってこと。
100均の輪ゴムは堅くて伸びないので、連発銃には向いてませんと説明してます。
そんなときに、親御さんのみなさん、そろって「うんうん」と肯いてくださいます。
私は、そんな親御さんのしぐさがとっても好きです。

お子さんの興味、いや、親御さんの興味できてくださっている方もあるかもしれませんね。(笑)
そんな中でとっても真剣に聞いて下さる親御さんの姿勢には好感もたない人はいないですよね。
今日も、そんな光景があって嬉しく終わることができました。


スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1047-09ca1c26
Template by :FRAZ
まとめ