back to TOP

admin |  RSS

2017-11

12月3日(火)は、市内の小学校へ、前回に続き、ものづくりサポーターとして工作の授業のサポートをしてきました。
全3回のうち、今回で3回目で最終日になります。

今回の内容は、いままでやってきた「からくり」の機構を組み合わせた、オリジナルのミニからくりを作成すること。

それぞれ児童の好きな風景やシーン、物語を、からくりで表現するもの。
自由度がある反面、サポーターにとっては、満足するものができ、どう完成させるか、とってもプレッシャーの強いものです。

とは言っても、子ども達はとっても楽しんで作り上げてくれまして、案ずるよりも産むがやすしでした。
時間内にうまく完成することができて一安心です。

そして、この最終日に子ども達からお手紙を頂きました。

sDSCN0349.jpg

私たちサポーターに心を込めた感謝のお手紙。
とっても楽しかったことが伝わってきて、いつもこれで良いのかと自問自答しているサポートですが、今回は子ども達に何か思い出となる事をサポートできたかなと実感できます。
こちらこそ、ありがとうございました。
自分の担当した子ども達に、握手してお別れしてきました。
今回勉強したことで、今後おおきくなったときに色々な機械の仕組みをみて、あの部分が、このときに習ったからくりで動いているんだなと、少しでも理解する手助けになれば幸いです。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1066-37a133e7
Template by :FRAZ
まとめ