back to TOP

admin |  RSS

2017-10

5月31日(土)、快晴のこの日、高速を一路、高山市へと走らせました。

この日は、高山市の「国立乗鞍青少年交流の家」から「グリーンフェスティバル」というイベントの中でゴム銃工作のワークショップを実施して欲しいのと依頼がありまして、それを受けての訪問です。

sP1190018.jpg
国立乗鞍青少年交流の家は、標高1,510mの壮大な自然の中に立地する立派な施設です。
いく道すがらは、山道をどんどん登って、高度を上げていきますので、流石の自動車もなかなか進んでくれませんでした。

ゴム銃工作を行うのは、施設の中の3階にある第2研修室。

sP1190019.jpg

入り口には、こんな立派な立て看板が置いてありました。

研修室は既に机などの配置も済んでまして、自分は持ち込んだ道具や、ゴム銃を出すだけのことで準備は終わってしまいました。

sP1190020.jpg

どんなイベントなのか、まったく予想が出来ませんので、工作キットは依頼分よりも少し多めに持参。
実施時間は午後1時から4時までの3時間です。

12時になると、担当職員の方や、学生ボランティアの4名の方が集まり、実施に向けての打ち合わせ。

私の持参したゴム銃の説明を一通り説明したのち、工作指導が出来るように、学生ボランティアさんにも単発銃のゴム銃を作って頂きました。
連発銃の工作指導は調整などが必要なので、初めての人にはなかなか難しいということで、私が全て引き受けることでお願いしました。

開始時間が近くなりまりますと、館内放送で実施の準備を促す案内が流れます。
いよいよ本番です。

このイベントは本日土曜日と、明日の日曜の2日間ありまして、屋外のイベントでは、
目玉の熱気球の試乗や、フリークライミング、ぷち森ランド、ふれあい動物園、アウトドアクッキング、マスのつかみ取りなどがあります。
屋内では、読み聞かせ、段ボール迷路、子ども遊びリンピック、サイエンスものづくり、キャラクター塗り絵などがありまして、ゴム銃工作はそのなかの1つのコーナー。

sP1190021.jpg

とても天気の良い日になったので、屋外イベントの方が人気では無いか?との担当職員の読みだったそうですが、いざ蓋を開いてみると、結構な人が、この工作へ参加して下さいました。

sP1190023.jpg

もう、殆ど途切れることなく、お子さん達が参加して下さいましたので、休む暇がありません。
しかし、電動マシンガンなどのデモ射撃も出来るように準備してましたので、折角だから撃ってみましょうということで、少し人の波が引いたところで1回だけ実施できました。
そのデモ射撃が終わると、そこに見学していたお子さん達が、また一気に工作へ参加して下さったので、もう大変な状況。

気がつけば3時間があっというまに過ぎてました。
結果、おおよそ100名以上のご参加をいただいて、予想を遙かに上回る盛況に終わることができました。

沢山のお子さんに参加くださいましてありがとうございました。
また、お招きくださいました職員の皆様、それから大変な人数をご指導くださった学生ボランティアの皆様、ありがとうございます。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1161-86bc624c
Template by :FRAZ
まとめ