back to TOP

admin |  RSS

2017-06

 ゴム銃の修理  2014/06/30 (Mon)

昨日の競技会に、04/27の工作講座のゴム銃を持参してきてくれた子のゴム銃が壊れたとのこと。

sP1190301.jpg

その銃の写真。綺麗な色に塗ってくれて大切にしてくれていました。モデルはFAF16です。

sP1190304.jpg

中を見ると、どうもトリガーが割れているようです。

sP1190305.jpg

そのトリガー部分を取り出した写真です。
トリガーのアームが激しい当たりに負けて折れたようです。
割れないように合板を使っていますが、なかには貼り合わせの甘い粗悪品があるので、こういった割れがでます。

薄い合板を使った回転翼では起きやすいのですが、トリガーでもなることを知りました。
新しいトリガーに交換して、本人に送り返しておきます。

作ったあとに、どんな事が起こるのか、自分ではなかなか情報が無いので、こういう修理は歓迎します。
先日では、ABSで作った回転翼が割れたというので、回転翼のみ部品として送りました。
最近はクラフトフェアへ出かけると昨年買いましたとの声も聞かれます。
だんだんと自分の作ったゴム銃の追跡ができるような環境になってきたということですね。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

札幌支部は

販売品や教室で作った作品に、製造月日と私のサインをパーツ裏側などに書くようにしています。で、「正しい使用、保管で不具合が出た場合(破損含む)、製造月日より3ヶ月は無償で修理・交換する事にしています。手作り木製品ですから、遊びまくれば半年後には壊れてます。3ヶ月間は面倒見るけど、それ以降は自分で工夫して直してね、と。ハンズの工作教室で夏休みに作って壊れてしまったのを自分で直し、冬休みの教室に持って来てくれて「自分で直した!」と報告してくれたKSGK、今年の夏休み教室にも来てくれるだろうか?

2014/06/30(Mon) |URL|BOSS [edit]

大会の運営

お疲れ様でした!
次の大会には参加したいです!!

2014/06/30(Mon) |URL|石川の親子 [edit]

私は、合板で作った稼働部品の力のかかる所や摩擦する部分は、瞬間接着剤を染み込ませて強化していますが、量産品では、そこまで出来ませんもんね。

2014/06/30(Mon) |URL|BIN [edit]

Re: 札幌支部は

>BOSSさん
保証期間を設けているんですね。
うちは送料などを見てくれれば直しますが、壊れるような行為(輪ゴムを沢山掛けるなど)での修理はしませんとしています。
工作講座では修理については特に説明してませんけど、こうすると壊れるってことは最初に説明してます。
これから色々なところで修理も出てくるでしょうから、通常の活動に支障なければ直していきたいですね。

2014/07/22(Tue) |URL|フォレスト [edit]

Re: 大会の運営

>石川の親子さん
いつも遠方からの参加有り難うございます。
そちらでの開催もできればしたいですね。そのときは応援に行きますので、是非ご計画を!!

2014/07/22(Tue) |URL|フォレスト [edit]

Re: タイトルなし

>BINさん
販売品には間違いなく瞬間接着剤を入れてますが、工作教室では大量に作るため、省いてしまうことがあります。
これは省いてしまったケースですね。
修理して返したものは瞬間接着剤を染みこませておきました。

2014/07/22(Tue) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1181-00a12d11
Template by :FRAZ
まとめ