back to TOP

admin |  RSS

2017-06


7月20日(日)は、市内にある小原交流館で行われた「わくわく体験DAY」にゴム銃工作講座として参加してきました。

梅雨も明けようとする、日差しの強い夏休みが始まった最初の日曜日です。

sP1190372.jpg

おおきな「ふれあいホール」の中の一角をゴム銃工作用に確保して下さいました。
先着15名で、賞味2時間の工作から競技、射撃体験を全てこなすフルコースの内容で実施してほしいとの要望です。

しかし、始まってみますとお子さんがなかなか集まりません。
どうやら子ども向けのイベントではなく、自主グループの活動紹介を含めた、一般向けのイベントのようでした。

お子さんは定員に満たないものの、フルコースを行うには決められた時間にスタートしないといけません。

sP1190379.jpg

館長さんにも参加頂いて、全員で6名で工作を開始。
人数少なくとも、内容は濃いものです。
おおよそ45分程度で連発銃は完成。このあとは、色塗りをしてもらって、作った銃で紙コップを的に競技会を行います。

sP1190381.jpg

競技内容は、いつもの10CUP落としのゲーム。
人数が少ないので3回実施して、その合計点で争うことにしました。
狙う先の壁には、紋別の宮川さんから頂いた大漁旗を貼りまして、景気付けをしました。
やっぱ、こういうのがあると見栄えがします。

sP1190384.jpg

優勝は、順調に成績を伸ばしてきた女の子です。合計19点は平均6点以上ですので、安定して狙うことができる証拠ですね。

sP1190386.jpg

最後は自慢の銃を手に記念撮影。
このあと、私の作った電動マシンガンなどの射撃体験もして頂いて、全てのメニューを終えました。

「わくわく体験DAY」は色々なコーナーを見て廻れるようなイベントでしたので、2時間拘束してしまうような自分のブースはイベントの趣旨には合わないかもしれませんが、お子さん達には楽しんで頂けたようです。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1186-9555ef91
Template by :FRAZ
まとめ