back to TOP

admin |  RSS

2017-10

愛知ゴム銃競技会in東浦大会の前日、3月14日に、大阪からあさのさん、メタルさんがお越しになりましたので、お迎えに行きました。

当日は雨模様の気の重い日になりましたが、お迎えする午後2時頃にはすっかり雨もあがって良い天気に変わりました。

近鉄名古屋駅の改札前でお迎えしようと10分前くらいから待っていたのですが、出てこられた改札場所の当てが外れて、逆にお待たせする結果となりましたが、なんとか合流できました。

せっかくなのでトヨタ博物館へご案内することとし、早速移動。
トヨタ博物館は名古屋駅から車で30分ほどの場所にあります。

P1000812.jpg
到着すると、入り口には懐かしいボンネットバスがお出迎え。
そこでポーズするあさのさんの図。

P1000820.jpg
施設は本館、新館に別れています。
こちらは本館の2階。アメ車中心のクラッシックカーが数多く展示されています。
蒸気機関の車から珍しい木炭車まで。

P1000831.jpg
本館3階に移ると、昭和の30年代の車が中心になってきます。
トヨタの社名は昔はトヨタではなくトヨダと濁点がついていたが、画数が縁起悪いということで、トヨタに替えたいきさつなども説明うけました。
ホイルカバーには「TOYODA」と刻印された車や、エンブレには漢字で「豊田」とある車もあり目を引きます。
この頃になれば、自分が若い頃に乗っていたパブリカの空冷800ccの展示もあり懐かしい。

このあと新館にうつり、約2時間ほどの見学を終えて、夕食を予定していた緑区の蓬扇 (ほうせん)へ移動。
ここは、ひつまぶしで有名な蓬莱軒(ほうらいけん)から唯一のれん分けしたという人気のお店。
ただ場所が解り辛く、蓬莱軒(ほうらいけん)よりは待たなくて済む隠れスポットになるようです。

お店には6時少し前に到着。土曜ということで、少し待たされるかな?と予想していましたが、
運良く3名だけの空席がたまたまあって、すぐに座ることができました。

P1000861.jpg
20分ほど待たされて出てきた、これが待望のひつまぶし。
普通の蒲焼きにくらべ、ずいぶん細かく刻まれたウナギが器いっぱいに入っています。
お味はというと、少し焦げ目が多く、炭の苦みが感じるのが残念でしたが、肉質の食感やたれの感じが絶妙で美味しく頂けました。
量もどんぶりより少し多いんじゃないかと思える位で、腹一杯になります。

おなかが満たされましたので、あとは宿兼、競技会の会場となる「あいち健康プラザ」へ移動します。

緑区から下道を使って、約30分ほどで到着。

温泉に浸かったあと、あさのさん、メタルさんの取られた和室へお邪魔させて頂き、お酒を頂きながらゴム銃談義。

噂のアタルッサーや、ホローポイントさんの造られた本物のP202MPも拝見。
構造などをじっくり拝見し、次期作品はこれらのコピーなども考えたいなぁと密かに計画。

気がつけば、メタルさんの作品「的め手起こし」やCP用のコインまでぶら下がっていて
いつでも射撃れんしゅうが出来る状態になっていまして、びっくり。

この「的め手起こし」は明日の賞品に出されるとの事ですので、密かにGETすることを目標に頑張ることを誓う私でした。

P1000865.jpg
私の新作、CP用の横掛けゴム銃の性能もチェックしていただいて、早速練習。
コンスタントに10点とれれば、3ラウンドで30点。
夢の100点越えもできそうな雰囲気になってきました。

ついつい話も夢中になりお酒も進んで、気がつけば12時少し前までお邪魔してました。
自分は夜型なのでまったく気になりませんが、大阪からお越しでお疲れのところすいませんでした。
明日の競技会に完全に影響なければいいけどと心配しつつも、自分には勉強になる楽しいゴム銃談義に満足して部屋に戻りました。

今日は1日おつきあいくださいましてありがとうございました。
さて、明日は頑張りましょう。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/119-064e0c63
Template by :FRAZ
まとめ