back to TOP

admin |  RSS

2017-09

走馬燈工作シリーズ その5 外枠の作成~完成

ここで、外枠になる障子紙を貼り、ほぼ完成させます。

ここで必要になるもの
1.障子紙 サイズ幅22センチ(220ミリ)、長さ62センチ5ミリ(625ミリ)
2.PPシート(セルロイド板)
3.両面テープ 15ミリ幅のものがあると良い

まず、外枠の骨になるものを作成します。

sP1190474.jpg

それには100均で売っているPPシートを使います。
気軽に切るには0.75mmくらいの厚さが良いですね。ハサミで簡単に切れます。
色は何色でも良いです。自分は黄色にしました。

sP1190475.jpg

これを1センチ幅で、32センチの長さのものを4枚、写真のように切り出します。
また、端から15ミリに縦の線を引き、そこに両面テープを貼りましょう。
うち、2枚は真ん中あたりに2ミリ程度の穴を開けてください。

写真からでは詳しく解りませんので、図を上げておきます。

sP1190475z.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

図は穴の空いているバージョンです。穴は2枚のみ開けておけば大丈夫です。

これが出来たら、穴の空いているもの同士を2枚、繋げて1枚にします。縦の線を右から15ミリのところに引きました。
そこに右端から15ミリの線までのところに両面テープを貼りましたので、それを使って繋ぎ合わせます。
注意として、縦の線が引いてある同士で貼り合わせないこと。
図からみて、1枚目の右がわと、2枚目の左側とで繋ぎ合わせてください。

穴の空いていない残りの2枚も、同様に繋げて、1本の直線にしてください。
2本のセルロイド板が出来たと思います。長さは625ミリになっていると思います。

続いて、障子紙を用意します。

サイズは幅22センチ(220ミリ)、長さ62センチ5ミリ(625ミリ)のものを用意してください。
ホームセンターにいけば、適当なものが手に入ると思います。
サイズは寸法に合わせて切り出して頂ければと思います。

sP1190484.jpg

それを物差しを使って、上から15ミリの所、さらに下から15ミリの所にエンピツで線を引いてください。

写真ではわかり辛いと思いますので、下の図を参照ください。

sP1190484m1.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

波線が引かれているところが、エンピツで線をひくべきところです。
線が引けましたら、引いた線を頼りに、折り曲げて折り目を付けておくと、次の作業が楽になります。

続いて、この障子紙に15ミリ幅の両面テープを付けましょう。
下の図を参照してください。

sP1190484m2.jpg
※画像をクリックすると拡大します。

まず、エンピツで引いた線の外側、黄緑の斜線が引かれた部分、ここに両面テープを貼ります。上と下の2カ所です。
続いて、エンピツで引いた線の内側、青の斜線が引かれた部分、ここに両面テープを貼ります。上と下の2カ所です。
全部で4カ所に両面テープを貼りました。

それが終わりましたら、先に作った長さ625ミリのセルロイド板を、引いた線の内側、青の斜線が引かれた部分貼った両面テープを使って貼ります。
セルロイド板は10ミリ幅ですので、エンピツで引いた線に沿って貼ってください。

続いて、エンピツで引いた線の外側、黄緑の斜線が引かれた部分の両面テープを使って、先に貼ったセルロイド板をサンドするように、折り曲げて貼り合わせます。

最後に図のピンク色の斜線が引いてある部分に、15ミリの両面テープを貼ります。

sP1190486.jpg

上の写真はそこまで加工し終わったものです。

ピンク色の斜線が引いてある部分に貼った両面テープを使って、円筒を作成します。
貼り合わせ代は15ミリです。それより多く貼り合わせてしまいますと、台座に取り付けた際に円形にならなくなってしまいますので注意してください。

sP1190488.jpg

上の写真は、いままでの手順で作った円筒です。障子紙とセルロイド板で出来ています。

これを台座に固定しますと、下の写真のようになります。

sP1190514m.jpg

<固定の仕方>
円筒の骨になるセルロイド板で穴の空いてあるものを使った方が、上になります。
これを上にして、台座に付けた10ミリの丸棒を円筒の中に2本とも入れるように、差し込みます。
※丸棒に付けてある木ネジは先に外しておきましょう。
セルロイド板の穴を探し、丸棒に空けてある穴に位置をあわせ、木ネジで締めます。
2カ所とも締め付ければ固定できます。

ここまで出来れば、ほぼ完成ですね。

回転する部分、ペットボトルで作った円筒部分に好きなイラストをマジックで描いてみましょう。

sP1190508.jpg

描くコツは、
・あまり大きな絵を描かないこと。
・描く位置は上から7~8センチのところを真ん中にして描くこと。
・絵は黒のマジックで輪郭をしっかり描くとくっきり映ります。

sP1190511.jpg

これで完成ですね。
絵は電灯を付けてみて、映り具合を確認しながら描くのも良いですね。
また、外枠の障子の部分にも飾りを付けてみると、華やかになると思います。

お疲れさまでした。きっと素晴しいものが出来上がっていると思います。
ペットボトルを幾つか用意し、色々なバージョンを作って楽しんでみてくださいね。

最後に注意点です。
・電球は非常に熱くなります。素手で触らないように。火傷します。
・同じく電球は熱いので、ペットボトルの回転部分を電球に触れさせないように。変形、もしくは溶けてしまいます。
・画鋲で作った、電球固定金具には画鋲の針がありますので怪我の無いように。
・使わないときはコンセントからプラグを抜いて節電してください。

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1198-f579e073
Template by :FRAZ
まとめ