back to TOP

admin |  RSS

2017-04


まだまだ色々故障します、こちらはリボルバーショットガンの修理です。

修理内容を記録に残しておきます。

sP1190400.jpg

回転式ショットガンは、ハンターさんのぱくりもの。
自分のものは、6つのバレルにしたので、大きくて、そのぶん目立ちます。

しかし、ショットガンの宿命。激しく撃ち出されますので、振動というか衝撃が凄いので、どうしても色々と痛んできます。

今回修理する箇所は2カ所。

sP1190406.jpg

1つめは、バレル先端の固定が剥がれてこと。ちょっと前から気がついてましたが、発射機構には影響がないので、そのまま放置してました。
今回の修理で分解が必要になったので、一緒に直します。
これはボンドで固めただけなので、衝撃で剥がれたようです。これはビスで固定するようにしました。

問題なのは2カ所目。
トリガーを引いても弾が発射されません。
なぜ?とよく見ると、フレームのボンド付けした部分が割れていてトリガー引いた力がそこに逃げていたようです。
ビスで留めて居た部分もすっかり抜けていて、泣き別れしてました。

sP1190411.jpg

しょうが無いので、全部分解。というか、ボンド付けしていて固めた部分もあるのに、綺麗に分解出来てしまった。
それだけ力が掛かって、ボンドで貼ったところまで剥離しちゃったのですねぇ。

sP1190412.jpg

問題の箇所です。
いままで2カ所でビス止めしていましたが、新たに3つ増やして、泣き別れしないように強度を高めました。
これで強い力にも耐えてくれることでしょう。

作ってみると気がつかなかった部分が見えてきます。
正直、直すよりも、新たに設計したら?って思うのですが、なかなか時間が取れませんので、まだまだこれには頑張って貰います。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1204-312d00c9
Template by :FRAZ
まとめ