back to TOP

admin |  RSS

2017-08


8月7日(木)は、ものづくりサポートセンターへ「おもちゃ」チームの研修、2日目に参加してきました。

今回は、「飛行するおもちゃ」です。

sP1190605.jpg

最初に作成したのは、飛行リングです。
自分も以前に、ペットボトルを使って子ども達に作らせた経験があります。旨く飛ばすと、すごく良く飛びます。
今回は、折り紙を使って折り込んで作るタイプです。

sP1190606.jpg

幾つか作って、連結したものも飛ばしてテストしました。
問題は飛ばし方ですね。飛ばし方が悪いと、まったく飛びません。
力まずにするっと投げるのが良いみたいです。


続いて作ったのは、傘袋ロケット。

sP1190607.jpg

雨の日に、デパートなんかに出向くと傘を入れるためにくれる傘袋を使ったロケットです。
紙コップ2個をつかって、先端や真ん中、後ろに羽根などを付けてみます。

これの難しいのは、袋を閉じること。輪ゴムでクリッと締めてしまえば良いのですが、子どもが作るには輪ゴムの扱いが難しい。
くりくり、ネジネジして、しっかり密閉してからセロハンテープで閉じると空気は漏れないので、そんな方法もありそうです。

ロケットにつけた羽根を捻って、回転するようにしておくと、飛び方も安定するんじゃないかと試しました。

夏休みが終わると、各小学校へ訪問して、こんな内容のものを指導していきます。
どうすれば工夫できるのか、どうすれば楽しめるのか、今回はそんな研修でした。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1205-c6a553ff
Template by :FRAZ
まとめ