back to TOP

admin |  RSS

2017-10


8月21日(木)の午前中、ものづくりサポートセンターで「もの作りの教え方」の研修がありましたので、参加してきました。

sP1190705.jpg

色々な簡単な工作物を例に、教えた方の意義やコツなどを学びました。

・家庭にある捨てるものを再利用しよう。何かに使えないか?考えることが大切。
・何気なくある物でも、色々な工夫があることを知ろう。観察してみよう。たとえば牛乳パックの大きさ。7センチ角の四角形で出来ている訳など。
・ものづくりは人間だけの財産。大切なのは動くものを作ること。
・企画力、想像力、スケジュール管理、この3つが大切な能力
・規定通り作るのが良いことではなく、ひらめき、工夫することを伸ばしてあげよう。
・違うこと、面倒なこと、そんなことを嫌なこととと感じないようにするには、得をするようにしましょう。貰った部品は他の事違うのは良いことだと伝える。何か拾ってくれたら、なにかをプレゼントするなど。

などを学びました。

ちょっとした言い回し、発想で、つまらないことが急に楽しいことになってしまう、そんな魔法のようなことが大事なこと。
今回の研修で学びました。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1211-8ec7d613
Template by :FRAZ
まとめ