back to TOP

admin |  RSS

2017-04

10月2日(木)、アマゾンからプリンターが届きました。

今まで使っていたインクジェットのプリンターが調子悪く、すぐにノズルの目詰まりがおきて、ヘッドクリーニング。
それを繰り返していると、今度はインク切れ。
なんともイライラしてました。それでなんとか騙しだまし使ってました。

しかし、今度は用紙送りが旨くできなくなって、すぐにエラーが発生して電源切れとの指示が頻繁に出始めて、ついには1枚も印刷せずにエラーになる始末。
これには流石に嫌気がさしてきましたので、買い換え候補の選定をしてました。

sP1190926.jpg

で決めたのが、これ、ブラザーのDCP-J952N-Wです。

インクの買い求め易さから、メーカーはエプソンかキャノンにしてきたのですが、ノズルの目詰まりや、インクの滲みなどに嫌気がします。
そこで色々口コミを読んでみて、値段や、ランニングコストなどの面で、これにした訳です。
もちろん、インクは近所では売ってませんので、購入には通販になってしまいますが、今は通販でも翌日には届くので便利になりました。

sP1190932.jpg

さっそく設置しました。これは無線LANで接続できますが、LANのハブがすぐ脇にあるので、有線LANで繋ぎます。
今まで使ってきた複合機よりも随分と小型になったものです。
これで、FAXを除く機能、コピーやスキャナ、プリント、DVD印刷などが出来てしまう。
さらに自動両面印刷や、ADF(自動原稿送り装置)まで付いて1万円を切った値段で購入できるのは凄い事です。

sP1190935.jpg

順に設定していくと、「印刷品質チェック」の手順になります。
どんなものか印刷してみますと、流石に4色インクですので、鮮明さには劣るようです。
自分の用途は写真印刷を殆どしません。写真プリントしたい時は、写真屋さんにお願いしますので。
カラー印刷も、普通紙に印刷するときはレーザーで印刷しますので、インクジェットは使いません。

じゃ、なにに必要かというと、ハガキ印刷や、封筒、タックシール、DVDレーベルの印刷などの特殊な用紙への印刷に使います。
これらに対応するのには、インクジェットは無くてはならないものです。

さっそく特殊用紙に印刷してみましたが、、、、
いままで使っていたプリンターは大抵の物に印刷できたのですが、これは多目的トレーが無い分だけ、使い勝手がよくないみたいです。
封筒に印刷してみましたが、なんとかOK。ハガキは専用トレーがあるので、試すまでもないでしょう。
小さい紙への印刷はできないことはないけど、給紙時に何枚も同時に取り込んでしまったりで、ちょっと問題あり。
タックシールへの印刷も用紙が小さいので難儀しそうです。

お値段やインクの安さ、評価の良さから購入しましたが、今は用紙トレーがこの形が主流のようなので、致し方ないかもしれません。
自分の使用目的からすると、ADF(自動原稿送り装置)は必要なかったので、ワンランク下のモデルでも良かったかも。
それだとお値段7千円を切ってしまいます。
自分の買ったものは9千円を切ってますので、充分お値打ちなのですが。

しばらくは、これとどれが印刷できるのか格闘してみます。

  
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1229-c7933022
Template by :FRAZ
まとめ