back to TOP

admin |  RSS

2017-10

ここ最近、タカラトミーから発売されたGショットや、Zuma2さんの連射式ゴム銃 SILVER-WOLF PZ の製品化など、ちまたではゴム銃ブームが少しずつ起きているような気配です。

そんな中で、(株)ライブエンタープライズさんからは「触れる図鑑コレクション」シリーズの中で、ゴム銃を取り上げてくださいました。

自分は自分が作成した作品の写真を提供させて頂いた関係で、見本誌を一足先に送って頂きましたので、ここで紹介します。

sP1200941.jpg

表紙には目玉となるゴム銃組立てキットの完成写真が大きく撮されていて、購買意欲をそそりますね。
今、アマゾンで確認すると、12連射となっています。見本誌は6連射になっていますので、改訂されたのかもしれません。

sP1200943.jpg

中身を開けると、このように木製の組立てキットが出てきます。
板状になっていますが、既にカット済みですので、抜き出してすぐに組立てることができます。
組み立てには工具も接着剤も不要とのこと。大人なら、ものの5分もあれば組立てられそうです。

木材は合板を使用していますので、強度にはある程度あると思います。
ただ、12発も輪ゴムをかけると、回転翼の当たる衝撃は相当なものになりますので、回転翼やトリガーには瞬間接着剤を染みこませるなどして強度補強をしておくといいでしょう。

sP1200945.jpg

そのほかには、割り箸ゴム銃の作り方や、最新のゴム銃の紹介などがカラー刷りで掲載されています。

sP1200946.jpg

私のゴム銃も、FAF19 リボリバーショットガン、FAF03 デリンジャーの2種類を取り上げてくださって、紹介してくださっています。

そのほか、輪ゴムが出来るまでの行程や、日本ゴム銃射撃協会の活動の様子なども紹介されています。

発売は2015年5月31日(日)、価格は¥ 2,980です。現在、アマゾンで予約受付中。

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1297-5130560c
Template by :FRAZ
まとめ