back to TOP

admin |  RSS

2017-07


2008年11月末ごろに作成した、FFF01ガトリング銃ですが、いままで、色々な場面で頑張って動いてきてくれました。



しかし、古くなってくるといろいろなところが傷んできます。今日は2カ所の悪い場所を修理することにしました。

まず1つめが、

s20160611_192154.jpg

モーターケース部分の破損。赤丸のところ。
以前に落下事故があって、一度ケースがバラバラになったことがありました。一度修理しましたが、再度剥がれて落ちてしまって紛失したままでした。

2つ目が、動作部分、

s20160611_192208.jpg

回転翼を制御する、トリガーの部分が欠けてしまっています。赤丸の部分です。
NHKに出演させて頂いたときに、沢山輪ゴムをかけて強く当たって欠けたものです。
いままで誤魔化して使ってきましたが、今日はしっかり直します。

ケース部分は、色があまり違ってしまうと違和感があるので、同じラミン材をもってきて、補修しました。

s20160611_193145.jpg

これは、簡単に修理完了。すこし色が違っていますが、許容範囲でしょう。

問題は、稼働部分の修理。

s20160611_194249.jpg

ドラム部分を分解して、欠けたバレルの1本を外しました。
すべて分解できるように作っておいて、こういう修理のときに助かります。

s20160611_195241a.jpg

上の写真が問題箇所を取り出したもの。赤丸の部品が欠けてしまっています。

s20160611_202719.jpg

割れたものを型にして、同一のものを切り出しました。
もとはラミン材の1枚板で切り出して作ってありましたが、今回はベニヤを使って切り出しました。
強度が増したかどうかは、今後使ってみて検証していきます。

これで修理完了。まだまだ活躍の場に出てもらうことになります。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/1429-46cffd96
Template by :FRAZ
まとめ