back to TOP

admin |  RSS

2017-10

本日は、かねてより準備してきました夏休みゴム銃工作講座を行ってきました。
今回は一般向けに初めて連発銃の工作を行いました。モデルがFAF07です。

当初は申し込みも少ないだろうと、16名(組)の予定でいましたところ、受付開始当日に予定数が埋まってしまい、急遽予定を増やし最終的には26名(組)の多くの方に来て頂けました。
なにぶんにも、微調整の必要な連発銃ですので、皆さんが完動品を持って帰って頂けるのか大変心配での開催でした。

会場風景
交流館の多目的ホールに、4つの島を作り自由に座って頂きました。

工作する前に、色々なゴム銃をデモを行い、今回作成する連発銃の位置づけを知って頂きました。

工作するのは、6連発のゴム銃で、2枚翼のものです。
比較的作成誤差があっても難なく動いてくれる優れた設計ですので、このような工作講座に採用してみました。
KIT内容
キット内容は、上の写真の様な構成です。
切り出しを終え、トリガーや回転翼に軸をつけ、フレームへの貼り付け位置などを罫書いた状態にしておきました。

難しい点が2カ所あり、その部分に於いては、スタッフで充分点検して、完動品ができるように最善の注意を払いました。
それでも中には旨く動かないものがいくつか発生し、個別に修正して対処し、何とか全員が完動することができてやれやれです。

銃が完成すれば、さっそく撃ちたいものです。
ゴム銃の完成

会場の後方に用意した射撃場で、それぞれの銃の性能を確認してもらいました。
作成するのに1時間から1時間半くらいかかるのかなと思ってましたが、殆ど1時間程度で完成。
受講された皆さんが優秀だったんでしょうね。
予定より早く終わることができました。

皆さんゴム銃を喜んで頂けたようで、今回の工作講座をやった甲斐がありました。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

ご苦労さま

小さなお子さんが多いようで、キットといえども連発式なので、さぞスタッフの方は忙しかったでしょうね。
でも完成すれば単発式より何倍も喜びはあったことでしょう。

ご苦労様でした。

2009/08/10(Mon) |URL|ダボ爺 [edit]

26組というと50名以上ですから、すごいですね!!
まずは、全員が完成させたということがよかったですね!!
お疲れ様でした。

2009/08/10(Mon) |URL|HTIおじさん [edit]

Re: ご苦労さま

> ダボ爺さん
労い有り難うございます。
そうですね、保育園児のお子さんも今回は参加されていました。
ダボ爺さんに見習って、小学3年以下は保護者付きで受け付けましたので、
工作には問題ありませんでした。
今回は大人単独の参加の方も結構いらっしゃったのが特徴です。

2009/08/10(Mon) |URL|フォレスト [edit]

Re: タイトルなし

> HTIおじさん
労いの言葉有り難うございます。
会場に入るなら、ってことでどんどん受付しましたら大勢になってしまいました。(^^;;;
スタッフが大変だったように思います。σ(^◇^;)
まずは完成して頂けて本当によかったです。

2009/08/10(Mon) |URL|フォレスト [edit]

お疲れ様

主催者も参加者もワイワイガヤガヤ楽しい雰囲気が想像できます。
私だったら早く完成させたくて人の注意も聞かないで前へ前へと進んで失敗する部類に入ります。
子供たちそれそれの個性がでた世界で一つの宝物になったことでしょう。
皆様のご苦労お疲れ様でした。

2009/08/10(Mon) |URL|もぐら [edit]

Re: お疲れ様

> もぐらさん
労い有り難うございます。
そうですね~、自分も「そんなん簡単やん」って思って、どんどん先に作ってしまうタイプですが、
今回は口頭で注意する事があるので、先に作っている人があると「少し待ってくださいね」と止めて回りました。
なかには、ボンド塗ってはいけないところも塗る人もあったようです。(^^;;;
個性といえば、子ども達は、色を塗るのが大好きで、凄いカラフルな銃が幾つも出来てましたよ。(笑)

2009/08/10(Mon) |URL|フォレスト [edit]

連発銃の講座本当に大変だったと思います。フォレストさんのように部品を切り出していても調整のことを考えると自分で作った方がまし?なぐらい大変だと思います。少しでも物作りの楽しさが伝わったらいいですね。
今度100円ショップの工具と安価な合板だけでどれだけできるか、あるいはそれ向きの銃を設計したいなどと考えています。

2009/08/10(Mon) |URL|KEROKERO火器商会 [edit]

Re: タイトルなし

> KEROKERO火器商会さん
KEROKERO火器商会さんの考えられた素晴らしい設計のお陰で、今回は大成功に終わりました。
有り難うございました。
100円ショップ縛りのゴム銃ですかぁ。これまた厳しい足枷ですね。
どんなものになるのか楽しみです。

2009/08/11(Tue) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/186-7745d81c
Template by :FRAZ
まとめ