back to TOP

admin |  RSS

2017-10

本日23日は、イオン名古屋ドーム前店で、ゴム銃工作教室を実施しました。

早朝より入店し、機材を搬入して、ゴム銃イベントの準備です。

早朝より準備して工作コーナーの完成
2Fの遠い会議室から机とイスを借りてきて、急こしらえの工作コーナー。
今回は、5名のスタッフがそれぞれの島を担当できるように、5つの島をテーブルで作って配置しました。
なにせ200名もの工作体験をして頂くには、スタッフ1名で40名を指導をしなくてはなりません。
そのためには、広い工作コーナーが必要です。

展示コーナーも完成
ゴム銃の展示コーナーも、イベント開始時の10時に頃はなんとか完成。
中村理事長から展示ゴム銃を貸し出して頂いての展示です。
テーブル上に展示されているのは、私の作品。
テントの回りは、ゴム銃射撃協会の大会の様子などをパネル展示。
写真を見て頂くと、ゴム銃の楽しさが伝わってきます。
27日に行う射撃大会の紹介やチラシも作って頂きました。

開店すると興味を持ったお客様が
お店は9時開店。ゴム銃に興味を持って頂いたお客さんが、足を止めてゴム銃を体験して頂きます。
ここのコーナーは、植田さんが常時張り付いてサポートをして頂きました。
しかし一度試してみるとゴム銃が欲しくなってしまうのが道理ですね。
そのまま工作コーナーへとお招きです。
今回は200円の体験料を頂くこととなりました。これは材料費のみの金額です。

工作指導の風景
殆ど途切れることなく工作コーナーにはお客様が来て頂きました。
作成時間は約15分程度で済むというのも1つの魅力のようです。
もちろん、射撃体験コーナーも常時人だかり。時には「おおお!」との歓声も。(笑)

ダボ爺さんや、コジソンさんも応援に来て頂きまして、工作コーナーや受付、体験コーナーなどのスタッフに急遽お手伝い頂きました。
昼食を取る時間もないかなぁと思ってましたが、お二方のお陰で、食事に行くこともできました。

自分で作ったゴム銃で射撃
工作でゴム銃が完成すれば撃ってみたいもの。
自分の銃で早速試し撃ちです。

比較的幼い子が親御さんと一緒に工作をして頂いたのが多かったかなぁというのが今回の印象です。
中にはお孫さんのために持っていきたいとの事で、作りに来た方もいました。
工作コーナーは午前11時から始めて午後4時半ころまで実施。
総計165セットのゴム銃がお客様へ渡りました。

最初は出来るか不安そうなお子さん達が、完成に近づくと楽しそうな顔に変わっていくのが読み取れます。

イベントは午後5時に終了し、後片付けして地元に戻ると午後7時になりました。
最後は一緒に工作をしてくださった仲間と打ち上げをして解散。

長い時間に渡っての作業で声もカラカラ、体も疲れましたが、充実した1日を過ごさせて頂きました。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

ご苦労様

ご苦労様です。

まずまずの盛況でよかったですね。

最後までお手伝いできず済みませんでした。

2009/09/24(Thu) |URL|ダボ爺 [edit]

Re: ご苦労様

> ダボ爺さん
当日は有り難う御座いました。
自分では初めてのことばかりで、大変でしたが
なんとか問題なく終了できましたので一安心です。(^。^)

2009/09/25(Fri) |URL|フォレスト [edit]

大盛況おめでとうございます

165挺の工作指導でしょ、まずまずなんてとんでもない、大盛況ですよ。

しかも、お金を支払っての参加ですからこれは快挙と言っていいです。


しかし、200挺もの準備がどれほど大変か、経験者には良く判ります。

好きでなかったら割が合いませんモノね~。

2009/09/25(Fri) |URL|あさの [edit]

Re: 大盛況おめでとうございます

> あさのさん
労いのお言葉有り難うございます。
植田さんの準備や協力してくださった仲間のお陰ですね。
植田さんは軽自動車に、どうやって積んできたのかと思う程の荷物を用意されていて、
帰りに絶対乗らないよと私たち言っていたのを尻目に、みるみるうちに積載しちゃいました。
はっきりいって植田マジックです。
200もの工作キットは準備が大変でしたが、好きだからしょうがないですね。(笑)

2009/09/25(Fri) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/206-56322045
Template by :FRAZ
まとめ