back to TOP

admin |  RSS

2017-08

 お堂でみる阿修羅  2009/11/15 (Sun)
『お堂でみる阿修羅』と題し、興福寺では、通常は国宝館に展示される阿修羅像をはじめとする八部衆・十大弟子像の現存する天平乾漆像14躰すべてを仮金堂に安置し一般公開を行ってます。
また、北円堂でも、運慶一門による本尊の弥勒如来坐像や無著・世親菩薩立像など鎌倉彫刻最高峰の名品を一般公開してます。
公開期間は、10月17日(土)~11月23日(月・祝)まで。
いつも一緒に行動をするボランティア仲間で、折角の機会ですので一緒に拝観しに行きましょうとなりまして、この11月15日に出掛けてきました。

sP1020951.jpg
一般公開に向けてのポスター。

当日は、天候は雨の心配は無かったものの、少し冷える風の強い日となりました。
朝まだ暗いうちの6時に集合して、2台の車に乗り合わせし、奈良の興福寺に向かいます。
予定通りに9時まえに到着してなんとか興福寺の駐車場に車を入れられました。

しかし、興福寺に行ってみると物凄い人垣。
既に境内無いでは納まらず塀の外をぐるりと半周回るように囲むところまで並んでました。

2009年春から日本中に「阿修羅ブーム」を巻きおこした「国宝 阿修羅展」は、東京と九州で165万人を超える来場者があったそうな。
今回も平城遷都1300年記念として期間限定で公開。阿修羅像を110年ぶりに堂内で拝観できるとのことで大人気です。

sP1020952.jpg sP1020956.jpg
↑午前9時ころ塀の外から。  →目の前にある仮金堂へは遠い道のり。

sP1020961.jpg sP10209611.jpg
↑午前11時過ぎにやっと入れそうです。→中の様子(asahi.comから)

おおよそ、2時間半かけて並んでやっと入れました。お堂の中ではじっくり拝観する時間がありました。
もともと仏像の知識なく連れられてきた今回の拝観なのです。
思えば奈良はツーリングでたびたび訪れるものの、じっくり仏像を拝観する機会は小学校の修学旅行以来。
子どもの頃に嫌々来た思いと違って、様々な興味(歴史や像の構造など)を持って、またとてもありがたく拝観できました。

さて、仮金堂を出ますと既に12時近く。
とりあえずここは、予約して頂いている昼食場所『おうちのご馳走』に向かうことにしました。

sP1020966.jpg
↑そこで頂いた「おうちのご馳走ランチ 1300円」これには写ってませんが、スープも付きます。

お腹も満たされたことで、このあとは「奈良町通りの散策。
古い町並みの商店街?を見て回りました。

sP1020981.jpg sP1020986.jpg
↑ならまち格子の家。  →格子の家の2階から土間を見下ろした所。

奈良漬けのお店、葛のお店、奈良町資料館、格子の家など色々と目を引きます。

sP1020987.jpg
↑蚊帳のれん

蚊帳の産業も盛んなようで、蚊帳の生地で作った「のれん」や「ふきん」、「テーブルクロス」などを販売していました。
私は一番安い「ふきん」を妻の土産に購入。
蚊帳は子どものころに張られるとわくわくしながら寝たような記憶があります。
蚊帳は今見直されているとの話をTVで聞いたことがあるのですが、10畳のものですと、ここで購入すれば11萬円ちかくします。とっても高価なものなのですね。
家にあった当時の10畳ものはいったい幾らで購入したのだろうかと、今更ながら驚きました。

sP1020991.jpg
↑奈良町物語館の前にあった傘は、水に濡れると楓の模様が浮かび上がる。
お隣の傘と比べると、傘の骨の数が多いのが解る。(畳んだときに太くならないか?)

sP1020997.jpg
↑こちらは葛料理のお店「吉野葛 佐久良」で頂いた「葛きり」840円

途中、葛料理も賞味することになって、葛きりを頂きました。
氷水で冷やされた葛を黒蜜で頂くもので、このお店一番の人気とか。
少々寒くなった時期ですので、冷たいものはどうかとも思いましたが、折角の機会ですので頂いてみました。
葛自体には味はなく黒蜜はほどよい甘さで、蜜の甘さに苦手な自分でも後味もよく頂けました。

sP1030003.jpg sP10300031.jpg
↑麺闘庵  →巾着きつね

通りすがりで麺闘庵を発見。お店の前では威勢のいいかけ声と共に、餅つきの実演販売をしていました。
店の前では、沢山のお客が並んで入店待ちをしていました。
見れば本日は巾着きつねのみの販売との但し書きがされていました。
巾着を開くと、中からうどんがでてくるお店の名物料理のようです。

奈良町通りの散策をしながらお土産をしっかり購入し、今度は北円堂へ向かいます。

sP1030009.jpg
午後3時ころに向かうと、すでに人の波は収まっておりまして、すんなりと入ることができました。
ここでは北円堂の係員から仏道の説明が短いものでしたがありました。

帰る時間にはまだ大丈夫でしょうからと、今度は大仏を拝観しに東大寺に向かいました。

sP1030020.jpg sP1030023.jpg

東大寺には何度も訪れていますが、流石の大きさには毎度圧巻の思いがします。

sP1030035.jpg

子どもの頃にはくぐった経験のある柱の穴。大仏様の鼻の穴の大きさ。
今は腹がつっかえそうなので挑戦できません。(^^;;;

午後5時ころに奈良を離れて家路につきましたが、覚悟していた高速の渋滞に巻き込まれてしまいました。
朝は2時間半程度に着いた奈良でしたが、帰りは大変な思いをしての帰宅。
気がつけば家に着いたのは10時半ころ。
とっても疲れた1日でしたが、よき経験のできた日となり楽しめました。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

阿修羅。。。
すごい人気ですねぇ。。。!!

私の場合はその下のランチの方に
すぐ目が行ってしまいました(笑)

2009/11/17(Tue) |URL|HTIおじさん [edit]

Re: タイトルなし

> HTIおじさん
ほんと沢山待たされたのには閉口しました。(笑)
それだけに貴重な体験をしたんだなぁと思います。
ランチは押し寿司のメニューだったんですが、これにシチューが付くのが意外な組み合わせでした。(笑)

2009/11/17(Tue) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/235-9d72247b
Template by :FRAZ
まとめ