back to TOP

admin |  RSS

2017-08

2月6日の午後からは、発明クラブでプロペラカーの最終日を指導してきました。
27日の競技会に向けて今回で完成させます。

メインの作業は動力を付けること。電池BOXとモーター、プロペラを取り付けして、自力で走らせることが出来るようにします。
sP1030858.jpg
小学校2年生だと、まだ電気のことがよくわかりませんので、黒板をつかって概念を説明。
さて解ったかな?
いざ作り始めると、先生解りません!って声があちらこちらから出てきます。
繋ぎ方だけでなく、2本の電池の入れ方、動かすとプロペラが飛んでしまって、無くなったり折れたり。
モーターと電池は、どこに付けるのか?付け方はどうするの?など対応に大わらわでした。

sP1030862.jpg
2年生くらいだと、うまく出来る子とできない子の差がまだまだ大きいようで、さっそく完成する子もいます。

sP1030864.jpg
出来上がったら、コースで順番にテスト走行。
真っ直ぐ走らないと競技に勝てません。

クランクが旨く動かずに、途中で止まってしまう場面もあり、「クランク要らない」と言い出す子もいます。
「クランク使わないと競技に出られないよ、うまく動かすように工夫してみてごらん」となだめます。
発明クラブだけに、まずは回答よりも自力で工夫してみることがとっても大事なのですが、さじ加減が難しいですね。

本日で完成出来なかった子は、27日までに家で作りあげてこないといけません。
一番難しいのはクランクの動きのようで、スムーズに動かないと走らせることが出来ません。
つぎに突き当たる壁は、真っ直ぐ走らせること。タイヤの付け具合で、あらぬ方向へ進んでいってしまいます。

さぁどんなものが出来上がってくるのか?今度の競技会がとっても楽しみです。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/281-3ec4caae
Template by :FRAZ
まとめ