back to TOP

admin |  RSS

2017-08

夏休み工作企画 連発式 輪ゴム鉄砲をつくろう! その4として、切り出し編2です。
今回は、フロントインナーとグリップインナーを切り出します。

その3 切り出し編1 からの続きです。)

2種類のインナーは、準備しておいたヒノキ材10×30×900から切り出します。

sP1050634.jpg
まず、ヒノキ材10×30×900の左端から30ミリを採寸します。

sP1050635.jpg
採寸した位置からスコヤなどで直角に罫書き線を入れます。
30ミリの正方形ができるはずです。

sP1050636.jpg
罫書き線に従って切り落とせば、フロントインナーの出来上がり。

sP1050637.jpg
断面にフロントフックになる竹ヒゴが打ち込めるよう、3ミリの穴を深さ7ミリ程度あけておきます。
穴あけの位置はおおよそでいいのですが、上から7ミリ、横から5ミリのセンター付近で良いでしょう。
あまり上に配置すると、輪ゴムの力で割れる危険性があります。
これでフロントインナーは完成。


続けて、グリップインナーの切り出し。
同じものを2つ作ります。

sP1050638.jpg
グリップインナーの角度は、グリップと共通ですので、先に斬ったグリップ用の板材がよき型になります。
グリップ用の板材をヒノキ材にあてて、斜めの線を罫書きます。
そこから40ミリ間隔をとって、先に罫書いた時と同じように、グリップ用の板材をあてて、斜めの線を罫書きます。
その罫書き線に従って切り落とせば、グリップインナーが1枚できます。

sP1050639.jpg
2枚目のグリップインナーは、先にに切り出したグリップインナーがよき型になりますので、それをもとに罫書いて切り落とせば完成です。


その5 切り出し編3へ続きます。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

工作教室風景もなかなかいいものですね!!
4名の先生に7組の親子というのもちょうど良かったのでは。。。

切り出しも大変でしょうが、準備段階のいろいろな事も
楽しみの一つなんでしょうね!!

毎日暑いので、体調管理にご注意ください。

2010/08/09(Mon) |URL|HTIおじさん [edit]

Re: タイトルなし

> HTIおじさん
夏休みの工作講座はあと1つ残すのみとなりまして、少し安心してます。
お盆はどこかへ遊びに行きたいけど、天候や高速割引いろいろ考えると腰が重くなりますね。(笑)

2010/08/10(Tue) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/353-868ffe04
Template by :FRAZ
まとめ