back to TOP

admin |  RSS

2017-10

 和凧の工作  2010/12/20 (Mon)
12月18日に続いて、19日も凧の工作のお手伝いに出かけました。

場所は逢妻交流館です。

sP1070341.jpg
今回作成する凧の見本がこちら。
和紙に、竹の骨でこさえます。

sP1070344.jpg
当初予定していた人数は4~5名とのことでしたが、来館者に声をかけてどんどん来てもらいましたら
最終的に30名ほど作って頂いたようです。
自分は凧はあまり詳しくないのですが、昨日も指導してましたのでなんとか教えることができました。

sP1070364.jpg
できあがったものは館の外で凧上げです。
昨日は風が強かったんですが、今日は風がありません。
みんな元気に走って上げてました。
走るのは大変ですが、凧が旨く上がると楽しいですね。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

ボランティアすごいですね

作るためのテクニックを学んで、外で走ってうまく揚げるコツを考えてなど
本当に楽しめる凧作りだと思います。
子供の笑顔がまた見えてきました。

2010/12/20(Mon) |URL|kojison [edit]

Re: ボランティアすごいですね

> kojisonさん
工作はお父さんと一緒に作くれるという良い機会だったりしますね。
凧上げでは、お父さんもお母さんも一緒になって走ってました。(笑)
自分も自分の子どもにちゃんとやってあげれば良かったと反省しきりです。(^^ゞ

2010/12/21(Tue) |URL|フォレスト [edit]

凧!と聞いてスッ飛んできました!
凧は本当におもしろいですね。私は和凧でゲイラカイト狩りを楽しんでおりますv-8
凧の本を買い集めていますが、昔の日本人はなんて頭がよかったのだろうと毎度感心しています。凧のいいところは自然相手、子供にも大人にも老人にも自然は一切手加減してくれない厳しさかなあと思ったり・・・。
ただいまうなりに挑戦中。今度は「シャクシメー」を作ってみたいです。

2010/12/30(Thu) |URL|白牛 [edit]

Re: タイトルなし

> 白牛さん
ありがとうございます。
凧は上げるのが難しいですね。
しかし白牛さんは凧に詳しいですね。
かなり奥深い世界だなぁと、今回やってみて思いました。
また機会あれば、子どもたちに凧を作ってもらいたいと思います。

2010/12/31(Fri) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/437-9b73c579
Template by :FRAZ
まとめ