back to TOP

admin |  RSS

2017-08

さて、連発銃を研修で作ってもらうには、なにが良いのか色々考えました。

基準として、
1.初心者でも作れるもの。
作るのに、難しいのは材料の切り出しだと思われがちなのですが、じっさいには、その連発原理を解ってないとうまく動くものができません。
ですので、原理が解りやすく、かつ調整の楽な物。
2.材料を切り出すのに楽なもの
やはり材料の切り出しは、時間的な都合で私が全部負うことになりますから、できるだけ負担を減らす意味でも工数の少ないものを選びたい
3.デザインの良いもの
やはり手に持って嬉しいものでないと、作りたいという意欲に欠けます。
好みは人によって違いますが、少なくとも私自身が好きなものでないと。

そこで真っ先に浮かぶのが、オッグクラフト社P209ブルパップです。
これは1,3を満足しています。
2の点では、材料が10ミリ角材で殆ど出来ている分楽なのですが、どうしてもホールドフックの刻みの部分で神経を使います。

よって主に女性である半分の人はこのP209ブルパップで、作ってもらって、のこり半分の方は4枚翼の連発銃にしようと、おおよその方針を固めました。

さっそくオッグクラフト社のホローポイントさんに許可をお願いしましたところ、快諾下さいました。有り難うございました。
P209KIT.jpg

見本用に、スケルトンのP209を1つ作り、作成キットとして9挺分作ったのがこれです。
今回も10連発にしてしまいました。
流石に疲れましたが、なんとか1つの課題がこなせたことが、まずもって満足です。

スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/5-87984431
Template by :FRAZ
まとめ