back to TOP

admin |  RSS

2017-10

 シャボン玉研修  2011/06/12 (Sun)
6月12日は、ものづくりサポーターのシャボン玉研修に行ってきました。

最初がシャボン玉の原液つくり。
洗剤と洗濯のりと水の配合が微妙で、色々な説があるそうです。
また天候によっても、梅雨時期などでもシャボンの伸びが違ったりするそうです。

sP1080941.jpg
続いては、フラッパーの作成。
針金ハンガーを利用して作成します。

sP1080944.jpg
形を円形に整えて、モールを綺麗に巻きつければ完成です。
自分はこのあと、取っ手になる部分に竹を付けて持ちやすくしました。

sP1080945.jpg
このあと、ジャンボシャボンの実演です。
人が入れる大きなシャボン玉を作ります。

sP1080951.jpg
特大のフラッパーを使って、人が入るシャボン作りの練習をしました。

sP1080955.jpg
続いて、自分たちで先ほど作ったフラッパーや、色々な物を使って、シャボン玉を作ってみました。
なかなか面白いので、ついつい夢中になってしまいます。
団扇で作るシャボン玉も面白いですね。

さらには、色々な技を見せて頂いて、練習しました。
親子シャボン玉、トランポリンするシャボン玉、さらにはお手玉出来るシャボン玉など。

研修が午前中まで。それで帰る予定だったのですが、午後からジャンボシャボン玉を作るための容器を今度のサポート授業に合わせて追加作成するということでしたので、面白そうですから居残ってお手伝いしました。

sP1080971.jpg
大きな発泡スチロールの板から、2個を作ります。
ジャンボフラッパーでサイズを確認。

sP1080972.jpg
発泡スチロールカッターで、2つに切断。
まっすぐ切るのが至難の業です。

sP1080975.jpg
シャボン液を入れるための、溝をジグソーで切りこみ入れて、削りだします。
発泡スチロールのクズが静電気で体にまとわりついて、難儀します。

sP1080976.jpg
最後は真ん中を切りぬき、形を整えれば完成。
本日は良い勉強になりました。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

これは夢中になりますね(笑)

シャボン玉って子どもも大好きだけど大人も時間を忘れて遊んでしまいそうです。

発泡スチロールはどうしてもまとわりつくので扱いが嫌立ったのを思い出しました。
液の配合がけっこう難しくてなかなかうまく作れません。
それでいつも市販のものを買うことが多かったなあ。

フォレストさんはいろんなことを勉強されてますね~

2011/06/13(Mon) |URL|藍 [edit]

Re: タイトルなし

>藍さん
シャボン玉の大変さは、どうしても後片づけがあることなのですが、それでも夢中になれる時間は至福のひと時ですね。
なんでしょうねぇ、あの沢山の泡が浮かんでいるのをみると嬉しくなるのは。(笑)
私どもサポーターは小学校へ行くと名人として紹介されます。(^^ゞ
それゆえ、いろいろ勉強しないと子どもたちをがっかりさせてしまいますから、勉強は大変です。(笑)

2011/06/13(Mon) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/543-1fe30d50
Template by :FRAZ
まとめ