back to TOP

admin |  RSS

2017-08

 ミネラルショー  2008/08/31 (Sun)
家族で毎年、行事的に訪れる場所がいくつかあります。
その中の1つが、このミネラルショー。

私の古くからの趣味で、鉱物採集というか、貴石収集というか、そんな聞き慣れない言葉のものがあります。
最近はめっきり行かなくなってしまいましたが、採石場やら川やらへ行って、水晶、アメジスト、ガーネットや、トパーズ、翡翠などを集めて回ったものです。

そんな趣味から毎年名古屋で行われるミネラルショーにも足を運びます。
これにいくと夏もそろそろ終わるなぁという思いがしてまいります。
本日はその今年の開催日。午前中の用事を済ませ、家族そろって今年も訪れることができました。

0130.jpg
このミネラルショーは、年々規模が拡大してきました。
当初は覚王山会館で1日のみ行っていましたが、会場も吹上ホールに移動し、今年は2日間の日程で開催。

ミネラルショーってなんぞや?って思われるかもしれませんが、簡単に言えば石の即売会。
一口に石と言って色々あります。化石から鉱石、宝石まで。
ここでは、そういったすべての種類の石が手に入ります。もちろん、きれいに磨き上げた宝石まで。
しかも、市販価格よりも随分お安く手に入りますので、人気が上がってくるのもうなずけます。

自分は、ゆっくり自然に固まった結晶の石が大好きで、そういったものを探しますが、基本は自分の足で自分の手で取りたい。
しかし、私が始めた頃とちがって、最近は少ない採集場所も、マナーの悪い人たちに荒らされてしまい、年々と有名どころが荒廃してしまったようです。
現在では、もうほとんど自力で採取することはできないように思います。

0131.jpg
こういった宝石の原石が至るところで売られています。

0133.jpg
磨かれた宝石類は、こんな形でケースに入れられて売られているパターンが多い。

ここ最近の私の目的は、格安のオパールを探すこと。オパールの放つ、不思議な色合いはいつまで見ていても飽きることがありません。
昔は原石などが手づかみ状態で売っていることもありましたが、最近はほとんど売っていません。
原石は水につけていないと色が抜けて輝きを失ってしまいますが、磨いたものはいつまでも輝きます。
不思議なものですね。

今回も格安なオパールが見つかって嬉しい限りです。もちろん安いだけあって濁りがあり宝石の価値としてはほとんどありませんが、自分には充分な品物です。
大きな黄鉄鉱の結晶も安く売っていましたので、一緒に買ってきました。
黄鉄鉱といえば、石川県の尾小屋鉱山を思い出します。
ここには道ばたに、黄鉄鉱の結晶がゴロゴロ転がっていましたし、斜面には紫水晶(アメジスト)が一杯ありました。
尾小屋鉱山資料館には、巨大な黄鉄鉱の結晶が展示してあって、こんなものが自然にできるんだと驚かされた記憶があります。

こうして、また今年の夏も過ぎていきます。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/55-4428651e
Template by :FRAZ
まとめ