back to TOP

admin |  RSS

2017-10

6月26日は、ものづくりサポーターの研修がありました。

午前中は、播州凧作りの研修です。

和紙を頂いて、下絵を描いてくるようにと言われてましたので、昨夜眠いのを我慢して午前4時ころまで掛って書いていたのですが、、、、
それがたたって、つい寝過ごしてしまい、ぎりぎり間に合う時間に起きてしまったから大変。
慌てて出かけましたら、せっかく用意した下絵を忘れてしまいました。(^^ゞ

しょうが無いので骨の竹作りに専念して、あとは皆さんの作っているのを見学してました。

sP1090141.jpg
こちらは「龍」の文字に、赤のバックの色を塗り付けしているところ。

sP1090146.jpg
完成するとこんな感じになりました。
自分も色塗りしたかったです。(;_;)

sP1090148.jpg
絵付けが済めば、今度は骨を張る。
播州凧は、肉側にノリを付けて貼り付けるようで、非常に軽い凧なのでしっぽが無くとも揚がるそうです。
今回はここまで、次回に糸をつけて凧を揚げてみるそうです。

午後からは、シャボン玉の研修です。

sP1090152.jpg

前回も行いましたが、今回は技の練習を行いました。

大きくつくるシャボン玉や、その中に小さいシャボン玉を入れるもの。
先に小さいシャボン玉をつくって、それを包むように大きなシャボン玉を作るもの。
小さいシャボン玉をフラッパーでトランポリンする技など、色々やり方を教わりました。

これを今度は小学校の児童の前で披露しなければなりません。
うまく出来るかなぁ。(^^ゞ
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

このシャボン玉、すごいですね!!
写真でこれですから、じっさいはもっと迫力ありそうです。
やっぱり、界面活性剤だけじゃなく、いろんなものを入れて工夫されているんでしょうね。

2011/06/27(Mon) |URL|BIN [edit]

Re: タイトルなし

> BINさん
割れないシャボン玉のミソは「洗濯のり(PVAのり)」を混ぜることなんですが、
この配合比率がWebで調べても、これでバッチリという決め手が無いようです。
その日の天気によっても左右されるようですよ。
今は梅雨ですので、シャボン玉は割れにくく、よく伸びるようです。

ちなみに、私どもの行っている配合比率は、
界面活性剤が40%以下の場合、
洗剤1:ノリ5:水6
界面活性剤が45%の洗剤、
洗剤1:ノリ5:水8
としています。

2011/06/27(Mon) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/559-99cae4ee
Template by :FRAZ
まとめ