back to TOP

admin |  RSS

2017-08

 ストラックアウト  2008/09/15 (Mon)
ゴム銃工作教室にむけて、的も準備しないといけないのですが、、、手持ちのMBやFSが1つも無くなってるのに気がつきまして、慌てて作成してました。
どうせなら趣向の違ったものもあった方がいいので、以前にゴム銃のページの掲示板で、どなたかストラックアウトを作成されたことを発表されていたのを思い出しましたので、自分でも作ってみました。
確か森熊さんのように思いますが、もう掲示板からは探し切れません。

なにぶん、イメージに乏しいのでデザインから悩んでしまいますが、輪ゴムが当たっても土台だけはビクともしないしようと手元にあった適当な角材を用いました。

打ち抜く素材はホームセンターで売っていたカラー発泡スチロール。
大きさはMBに合わせて40×30ミリの長方形にしたのですが、正確に切り出すのが難しい。

0155.jpg

結局は、現物合わせてのごり押しではめ込みました。
なんとか完成したものの、なんか障子みたい。(^^;;
いちおう、2つ抜きができるポイントも用意しておきました。

試しにやってみますと、セットは面倒ですが、打ち抜くと軽い的が吹っ飛ぶので気持ちがいいです。

作りが荒いので、あまりお見せできるような物ではありませんが、今度子ども達に楽しんで貰えれば嬉しいですね。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

楽しそうですね。

的をMBの大きさでストラックアウトが作られているので楽しそうですね。これがMBに変わる本大会での競技になるとこれも楽しいような気がします。ダブルがあるところがゲーム的で楽しいと思います。
私も作りたくなりました。

2008/09/15(Mon) |URL|kojisonです。 [edit]

>kojisonさん
このストラックアウトは全部撃ち抜くまでの時間を争うか、規定時間内にいくつ撃ち抜けるのか、2つの競技ができそうですね。
後者の方がゲーム進行が楽にのように思いますので、現実的かもしれません。
問題はこれを精度良く作れれば良いのですが、作り方や素材によって抜けやすさが変わりそうです。

2008/09/16(Tue) |URL|フォレスト [edit]

競技方法

もう一つの方法として、輪ゴムの持ち数を12本(仮)とし、その持ち数内で何個的を落とせるか競う方法はいかがですか。
装填する速さ(時間)に左右されないので、小さなお子さんでも競うことができると思います。

2008/09/16(Tue) |URL|ダボ爺 [edit]

>ダボ爺さん
さすがダボ爺さん!
確かに!その競技の方が面白そうですね。

2008/09/17(Wed) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/63-19341653
Template by :FRAZ
まとめ