back to TOP

admin |  RSS

2017-10

7月29日(日)は、安城市の昭林公民館に招待されまして、夏季講座「木工に挑戦!連射ゴム銃工作&競技会」をものづくりサポーターのお仲間と一緒に実施してきました。

作成モデルは、木材から切り出して作ってもらいたいとの意向がありましたので、FAF10です。

地元豊田市から向かうと、JR安城駅の前を抜け、市役所を通りすぎると、ほどなく昭林公民館に到着しました。
本日も曇ってはいるものの、暑い日になりました。
駐車場に入ると既にものづくりサポーターのお仲間が到着してまして、一緒に荷物を運び入れました。

sP1130790.jpg sP1130789.jpg
立派な建物の昭林公民館。エントランスを抜けると、ゴム銃工作の看板が挙げてありました。

講座の開始は13時から。準備の時間もあるので1時間前の12時に開場入りしました。
既にテーブルなどの配置が済んでいましたので、お仲間3名で電動工具や展示ゴム銃の準備をすれば、12時半には大方の準備は完了。
簡単な打ち合わせを済ませて、参加者を待ちます。

13時になって昭林公民館の担当者である浅井さんの言葉よりはじまりました。
ゴム銃のことや、電動工具のこと、切り出し方などを一通り私から説明したあと、参加者のみなさんには図面を基に切り出しにかかっていただきました。

sP1130793.jpg sP1130794.jpg
最初は手ノコで切り出していただきましたが、切り出す時間は1時間ちょとしかありませんので、すぐに電動工具で切るように指示をしまして、糸ノコなどに挑戦していただきました。

sP1130795.jpg
お父さん、お母さんと一緒に、図面とにらめっこ。細かい部品なので、切るのに苦労しますね。

今回の参加者は小4~中2までのお子さんたち、親子11組の参加。
さすがに高学年なので、礼儀正しいなぁと感心します。
面白いのは、お父さんとの意見の衝突。
「こうだって!」って言う場面や「うるさいなぁ」という場面もあって、父親してますねぇと思いました。
一緒に行うのは面倒かもしれないけど、同じ目的でこうして動くのは本当によいコミュニケーションになると思います。

予定よりも少し遅れてましたが、なんとか全員が連発銃を完成しました。

sP1130798.jpg
今度はその銃をつかって競技をします。
定番の10カップ落としの競技。試技を2回行って、合計点で争います。
賞品に私の作成したゴム銃を提供しますというと、がぜんやる気を出してくれました。

sP1130802.jpg
こうして順位を決めて、館から用意していただいた賞状とメダルを渡しました。
誇らしそうな顔の入賞した子たち。今日は頑張りましたね!

sP1130810.jpg
最後は私の持参した機関銃で遊んでもらいました。
興味のあるお父さんたちも真剣にみてもらいました。あまりに沢山の輪ゴムが飛び出すので大人たちは思わず笑みになる場面もありました。

お孫さんをつれて、ノコギリを手に奮闘するおばあちゃんの姿もあり、この子たちは良き家族に恵まれているなぁと感じた日でもありました。

午後1時から始まった講座も4時半には終了。3時間半という長い時間でしたので、子どもたちはダレてしまうかなぁと思いましたが、最後まで元気に参加してくれました。

こちらの準備不足もあってご迷惑かける部分もあったかもしれませんが、アンケートもおおむね良好でしたので一安心。
また安城にお呼ばれしましたら沢山のご参加をお願いします。
スポンサーサイト
COMMENT FORM
URL:
comment:
password:

切り出しからはすごいです。

部品からの切り出しですか。
ここから作る工作教室は本当にすごいです。
私も格好がいいのでFAF10で作らせてくださいね。

2012/07/30(Mon) |URL|kojison [edit]

Re: 切り出しからはすごいです。

>kojisonさん
最初は手ノコで挑戦してもらったのですが、いろいろなノコギリを持参してこられるので、中には板材がうまく切れない場面もありました。
初めから電動ノコで行えばこんな心配はないのですが、家でも作れるよってことも知って貰いたいので、面倒でも少しはそんな時間も欲しいと思ってます。
なにはともあれ、完成できてよかったです。

2012/07/31(Tue) |URL|フォレスト [edit]
Trackback
トラックバックURL: http://forest08.blog34.fc2.com/tb.php/816-6cbafd82
Template by :FRAZ
まとめ