back to TOP

admin |  RSS

2017-05


4月22日(土)から4月23日(日)にかけての2日間、静岡県の清水で行なわれた「第14回清水アート・クラフトフェア」に出展してきました。
こちらへの出展は初めてのことなので、様子がわからず不安がいっぱい。

開催場所は、JR清水駅のみなと口(東口広場・多目的広場)です。

s2017DSCN2096.jpg

こちらが東口広場の風景。バックには駅のおおきな建物が見えます。
こちらの出展は、おもに主催者が用意したテントでの出展になるようです。

s2017DSCN2103.jpg

こちらが自分の出展場所となった多目的広場。広場の中央には円形の大きなモニュメントがあってかなり印象的です。
自分は会場の一番の末端位置になるようで、人の導線的にはすこし不利なところでした。

s2017DSCN2108.jpg

雨の心配もありましたが、開催日に近づくと次第に回復してきて、当日は雨に悩まされることもなく済みました。

開催のPRも行き届いている様子で、時間になると沢山の来場者で賑わいました。

s2017DSCN2107.jpg

うちのブースも沢山のお子さん達が工作に参加してくださいました。

s2017DSCN2135.jpg

他のクラフトフェアと少し様子が違って、工作体験して頂くよりも、物販のほうがよく出た感じでした。
人の足は、どちらかというと東口広場のほうが賑わっていたように思います。
それでも沢山の方に自分のゴム銃に興味をもって頂きましてありがとうございました。
今週末は初めて参加する下記イベントに出展します。

いつも通り、ワークショップがメインです。

雨の心配があるけど、まだ日々変わっていくので、当日は暖かい晴れの日になりますように。

2017 清水アート・クラフトフェア

s2017chirashi14.jpg




開催趣旨
「作り手と使い手の」の交流広場として様々な感性とエネルギーが交差する熱気のあふれる場にしたいという想いのもと、作家の皆さんには発表の場を、来場者には鑑賞の場を提供し、作家と来場者との新しい出会いの機会を創出することで、多くの優れた作家の誕生と、その作者の熱き想いを理解し、応援し、育んでいく地域文化が定着することを願いながら、本フェアを開催しています。

会  場
JR清水駅みなと口、多目的広場(芝生)及び東口広場(舗装)予定

開催日時
平成29年4月22日(土)・23日(日)の2日間
JR清水駅みなと口、多目的広場(芝生)・東口広場(舗装)を予定
両日とも10:00~16:00(小雨決行)

出展者数 190展

主  催 清水アート・クラフトフェア実行委員会

詳しい情報は下記URLから参照ください。
http://shimizu-craft.com/index.html

3月に続いて、4月16日(日)は・地球博記念公園 大芝生広場で行なわれた
「レゲエ・ピクニック in モリコロパーク Vol.21」に出展してきました。

s2017DSCN2074.jpg

当初は雨も心配されていた日曜日。しかし、打って変わって、晴天の暖かい日になりました。

s2017DSCN2073.jpg

お隣は、いつもご一緒になる「HARP」さん。

s2017DSC_0522.jpg

とっても暖かい日になり、薄着にしても汗ばむくらいの陽気です。

s2017DSCN2078.jpg

3月は風に悩まされましたが、品実は風も穏やかな日になりまして、
うちのブースにも沢山のお子さん達がワークショップに参加してくださいました。

s2017DSCN2080.jpg

気がつけば、広場にはテントを持ち込んで沢山の来省者の方がレゲエピクニックを楽しんでいました。

今回もたのしい時間をありがとうございました。
また、沢山のご参加に感謝します。

前回、21回の競技会のとき、石川さんが持参してくださった「的に当たると電子サウンドが出るもの」と同じようなものを作ろうと思いまして、やってみました。

s2017DSC_0502.jpg

上に飛び出して居るのが、ステンレス棒に支えられたマッチボックスサイズのターゲット。
これが後ろに倒れると、支柱下部にあるマイクロスイッチがONになって電子サウンドが出るしくみ。

s2017DSC_0499.jpg

普段持ち運ぶ時は、電子部品部分と、機構部分を切り離して、コンパクトにします。

s2017DSC_0501.jpg

使うときは合体して、ってまぁ、たんに置くだけのことなのですが、スイッチONすれば準備完了。

s2017DSC_0494.jpg

中身は、リサイクルショップから探してきた、電子音の出るオモチャの銃。

s2017DSC_0495.jpg

それを分解して、取り出したもの。

当初は、100均で昔買って置いた電子サウンドの銃の中身で作ろうとしていましたが、現物合わせていろいろいじり回していたら、電子回路が壊れてしまって、急遽代替えを探してあてたものです。

まだ配線が剥き出しのままですが、まぁ、細かいことは気にしないので、このままにしておくかもしれません。

ターゲットに輪ゴムが当たれば、音が鳴って当たったことを知らせてくれる的ができました。

次のイベント参加は、レゲエ・ピクニックです。

前回と同様に、ゴム銃のワークショップを行ないます。

レゲエ・ピクニック in モリコロパーク Vol.21

983923_1296963563686334_1911822645014116236_n.jpg

詳しい情報は下記URLを参照
https://www.facebook.com/teamblowin/

【日時】 4月16日(日)開場 8:00 / START 11:00 / END 17:00
【料金】入場無料
【会場】愛・地球博記念公園 大芝生広場
【選曲】バンティフット / オカザキタカシ / ダイナスティー / サーチライン / サングラス / アーティカルスター
【踊】ローズリッチ
【絵】L.A.B.8王者 絵吐き師ちょりん
【音響】リアルファンデーション サウンドシステム
【ふわふわアトラクション】スポーツサポート
【出店】
・LION MUSIC DEN
・亜鹿猪珍
・ O.J.C jerk chicken
・フォレスト工房
・宮田食品
・ 諭吉のからあげ
・SOLとLUNA
 観桃会  2017/04/09 (Sun)

4月9日(日)は、地元で観桃会がありましたので、参加してきました。

最初のころ天気予報では、日曜は雨模様でしたが、次第に晴れる方向になってきて、雨もなんとか避けられるかと期待していました。
しかし、当日の朝は残念ながら雨が残ってしまいましたが、9時過ぎには雨も止み、沢山の来場者で賑わいました。

s2017DSCN2008.jpg

肝心の桃の花なのですが、今年は寒い日が続いたのか、少し開花が遅れていまして、4~5分咲き程度。
すこし見頃には早いようですが、花より団子でたのしいイベントになりました。

s2017DSCN2010.jpg

こちらは「ふれあい餅つき」。自治区の区長さん達が餅をついて振る舞ってくださいます。
餅が付き上がると、長蛇の列ができて、あっという間になくなってしまいます。^ ^;

s2017DSCN2009.jpg

こちらは足助のZIZI工房さんが来てくださって、フランクフルトの販売。

他にも色々なバザーが出ていて賑やかです。

s2017DSCN2000.jpg

自分たちのグループが運営しているのは、「玉せん」と「フェイスペイント」。

s2017DSCN2002.jpg

玉せんは、その場で調理して販売するので、毎回てんてこ舞いです。
今回も若い子達が応援に来てくださって、なんとかこなしていました。

s2017DSCN2006.jpg

もう1つのコーナーのフェイスペイント。

こちらは、地元の中学生の皆さんがボランティアで参加してくださって、来場者の皆さんに無料で描いてもらっています。

s2017DSCN2007.jpg

フェイスペイントだから、本来は顔に描くのがいいんですが、子ども達は恥ずかしいのか、殆どが手に描いて済ましてしまいます。

観桃会はお昼の12時までのイベント。
今年はトヨタ紡織やJAとのタイアップで開催された関係なのか、いつもよりも沢山の来場が合ったように思います。

半日のイベントでとっても疲れましたが、夜は仲間と集まって、しゃぶしゃぶで打ち上げをして労をねぎらいました。

4月1日(土)は、豊田市内の子ども会から依頼を受け、ゴム銃工作のワークショップを行なってきました。

s2017DSCN1971.jpg

こちらが今回の会場となる区民会館。この日も雨となりましたが、元気な子ども達が沢山集まってくださいました。

s2017DSCN1974.jpg

和室で座っての工作です。
しっかりした子ども達が進行して進められます。まずは一番の目的、新入生観劇会として新一年生の紹介と挨拶。
それが終わりますと、私が紹介されまして、ワークショップの始まりです。

s2017DSCN1977.jpg

今回も30名参加の予定で始まりましたので、多人数のために、いつもの2時間で全て終わらせるのが難しいかなと思っていました。

s2017DSCN1978.jpg

みなさん真剣に一生懸命作ってくれましたが、いつもよりも30分以上時間が掛かっての完成でした。
でもなによりも一人も失敗なく作れて良かったです。

s2017DSCN1984.jpg

出来上がった銃で、今度は競技を行ないます。

いい点数を出した子もあれば、頑張ったけど結果を出せなかった子もあり、みんな点数の記入ボードを見て一喜一憂。
2回の試技の合計点で順位を決めましたが、同点3位が5名、優勝争いが2名で、同点決勝を行なって順位を決めました。

最後は、色塗りの旨く出来た子にも賞品を渡して終了。
色々なゴム銃の射撃体験は、残念ながら時間が無くなってしまい割愛です。

大勢でのワークショップはもう少し時間のゆとりを取らないと全部のプログラムを消化するのは難しいようですね。

今回は招待して下さいましてありがとうございました。とっても元気な皆さんと一緒に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

本格的ゴム銃工作講座

s20170327m01.jpg

日時:平成29年4月30日(日)
  1回目:10時~ (受付開始9時半)※時間厳守!開始5分前までに入場下さい
  2回目:13時半~(受付開始13時)
※所要時間は、各回とも2時間程度です

場所:地球市民交流センター(愛・地球博記念公園内)多目的室3
   〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
   電話番号0561-64-1190

対象:お子さんなら、どなたでも
   ただし、10歳未満のお子さんは保護者同伴でお願いします。

定員:各回15名(組)まで  

持ち物:飲み物、筆記用具

参加費:800円(材料費込み)

プログラム内容:木工で作る本格的ゴム銃工作と、200連射可能な機関銃等の射撃体験
予約&問い合わせ先: ここの管理人までメールで。

※遅刻されますとキャンセル待ちの方に、参加して頂くことがあります。

3月26日(日)は、昨年の7月に続いて「トヨタ産業技術記念館」の週末ワークショップで、ゴム銃工作を行なってきました。

s2017DSCN1948.jpg

本日は生憎の雨模様。こういうときは屋内のイベントがいいですね。

s2017DSC_0425.jpg

週末ワークショップの会場となるのは前回と同じくホールA.広い場所を確保して頂きまして伸び伸びと実施ができます。

s2017DSC_0417.jpg

射撃体験ように用意した電動マシンガン達に輪ゴムをせっせとセットしていると、今回参加してくださるお子さん達が続々と集まってきてくださいました。

s2017DSCN1956.jpg

工作講座は午前10時開始と、午後1時半開始の2回。各回20名つづの参加を募りまして、実施しました。
全て満席で開始できましたのは私としてもとても嬉しい。

s2017DSCN1953.jpg

工作が終わったら、さっそく完成した銃を手に競技を行ないます。

4つのテーブルごとに別れて、競技開始。

s2017DSCN1965.jpg

午後の回のグループは希に見る接戦で、優勝争い2名、3位争い4名。同点決勝を行ないました。
賞品を手にした子、残念ながら手にできなかった子、一喜一憂する姿がありました。
本当は全員が頑張ったので、みなさんに何か持って帰ってもらいたいけど、ごめんなさん。
一生懸命作った銃がよき記念になりますように。

s2017DSCN1970.jpg

最後は電動ガトリング銃などを射撃体験して終わりました。

今回の参加くださった子は、とても大人しく素直な子ばかりでした。よく協力してくださって思ったよりも早く進められたように思います。
お陰様で私も楽しい時間となりました。ありがとうございました。

3月19日(日)は、愛・地球博記念公園 大芝生広場で行なわれた
レゲエ・ピクニック in モリコロパーク Vol.20
にワークショップで出店してきました。

s2017DSCN1921.jpg

レゲエ・ピクニックには既に何度か出店させて頂いていますので、勝手はだいぶ理解しているつもりですが、まいかいワクワクします。

s2017DSCN1928.jpg

今回は、大芝生広場に隣り合わせで野外ステージが新設され、その前の人工芝での出店となりました。
この場所では初めて行ないます。
人工芝ではあるけど、青い芝がまぶしい。

s2017DSCN1937.jpg

とても風が強い日になってしまって、ものを置いても、すぐに吹き飛ばされてしまい、難儀な日になりましたが、それでも沢山のお子さん達がゴム銃工作に参加してくださいました。

s2017DSCN1939.jpg

天気が良いので外は気持ちいいんですが、風が強すぎて、寒い!!
でも、気がつけばステージ前では大勢の来場者で埋まっていました。

s2017DSCN1941.jpg

こちらは、色塗りに頑張っていてくれる少年。
色塗りのテーブルも出すことをする場合もありますが、今日は風が強くて飛ばされてしまうので無理です。

そんなことで11時~17時まで、寒いながら楽しませて頂きました。ありがとうございました。
Template by :FRAZ
まとめ